パーニーパット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーニーパット

पानीपत

Panipat
Metropolitan city
北緯29度23分 東経76度58分 / 北緯29.39度 東経76.97度 / 29.39; 76.97座標: 北緯29度23分 東経76度58分 / 北緯29.39度 東経76.97度 / 29.39; 76.97
インドの旗 インド
ハリヤーナー州
パーニーパット県
面積
 • 合計 64km2
標高
219m
人口
(2011)
 • 合計 442,277人
 • 密度 6,900/km2
言語
 • 公用語 ヒンディー語
等時帯 UTC+5:30 (IST)
PIN
132103
電話番号 0180
ナンバープレート HR 06
ウェブサイト http://panipatkarnal.com

パーニーパットPanipatヒンディー語पानीपत)はインドハリヤーナー州パーニーパット県にある古い歴史を持った都市である。デリーより北へ90km、チャンディーガルより南へ169kmに位置し、国道1号英語版が通る。パーニーパットでは1526年、1556年、1761年の3回にわたりインド史上のターニングポイントとなった戦いがここで行われた。織物工業においても知られており、美しい模様やデザインの絨毯キルトの毛布が町の名物である[1]

歴史[編集]

パーニーパットにあるヘームー(ヘーム・チャンドラ・ヴィクラマーディティヤ)の彫像。

言い伝えによると当地はマハーバーラタの時代、パーンダヴァカウラヴァの一族の戦いでユディシュトラドゥリヨーダナに和平の代償として要求した五つの地域のうちの一つであったという[2]

バガヴァッド・ギーターで言及されるダルマクシェートラ(Dharmakshetra)が今でいうパーニーパットであったとみられている[1]

パーニーパットの平原では北インドの命運を握る三度の決戦が行われた。

1526年に行われた最初のパーニーパットの戦いは後にムガル帝国の初代皇帝となるテュルク・モンゴル系英語版の君主バーブルデリー・スルターン朝を率いるイブラーヒーム・ローディーを打ち破ったことで、デリーにおけるローディー朝の支配を終わらせた。

1556年第二次パーニーパットの戦いではバーブルの孫である皇帝アクバルが北インドのヒンドゥー教徒の王を名乗った武将ヘームーを倒し、ムガル帝国の覇権を確立した。

1761年第三次パーニーパットの戦いはアフガン人のドゥッラーニー朝マラーター同盟へと侵攻し打ち負かした。

地理[編集]

パーニーパットは国道1号英語版(G.T. road、NH-1)沿い、デリーから北へ90kmにある。パーニーパット県は3方向でハリヤーナー州内の他の県と隣接していて北がカルナール県、西がジーンド県、南がソーニーパット県になる。東はヤムナー川を挟んでウッタル・プラデーシュ州となっている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Salar Gunj Gate in Panipat, History of Salar Jung Gate”. panipatonline.in. Pan India Internet Private Limited (PIIPL). 2015年7月21日閲覧。
  2. ^ Wikisource reference  1911 Encyclopædia Britannica/Panipat. - ウィキソース.