パークロウビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パークロウビル
旧名称 Ivins Syndicate Building
概要
用途 商業オフィス
居住アパート
所在地 15 パークロウ
ニューヨーク州ニューヨーク
座標 北緯40度42分41秒 西経74度00分28秒 / 北緯40.7113度 西経74.0078度 / 40.7113; -74.0078座標: 北緯40度42分41秒 西経74度00分28秒 / 北緯40.7113度 西経74.0078度 / 40.7113; -74.0078
着工 1896年10月20日[1]
完成 1899年7月20日[1]
高さ
屋上 119.18m
技術的詳細
階数 30階
床面積 210戸
建設関係者
管理運営 Broadmanor Management LLC
建築家 en:R. H. Robertson
構造技術者 Nathaniel Roberts
脚注

[2][3][4]

Park Row Building
パークロウビルの位置
所在地: 15 パーク・ロウ, ニューヨーク州ニューヨーク市
座標: 北緯40度42分40秒 西経74度0分30秒 / 北緯40.71111度 西経74.00833度 / 40.71111; -74.00833
建設: 1899年
建築様式: 新古典主義
運営者: 私有
NRHP登録番号: 05001287[5]
指定・解除日
NRHP指定日: 2005年11月16日
NYCL指定日: 1999年6月15日

パークロウビル (Park Row Building) は、ニューヨーク市マンハッタンフィナンシャル・ディストリクトパーク・ロウにある高層建築物である。15 パーク・ロウとも呼ばれる[6]

このビルは鉄製の高層ビル設計のパイオニアでありNathaniel Robertsファームのエンジニアであったen:R. H. Robertsonによって設計された[7][8]

1999年、ニューヨーク市歴史建造物保全委員会 (en) は、このビルをニューヨーク市歴史建造物 (en) として指定した[1]

歴史[編集]

1898年12月24日号のScientific Americanより[9]

超高層ビルと呼ばれる建築物の最初のものの一つであるこのビルは、2年9ヶ月の建設期間を経て1899年に竣工した[10]。 このビルの他にも同地区にいくつかのオフィスビルが建設され、このエリアは当時"ニュースペーパー・ロウ" (Newspaper Row) と呼ばれていた[11]。ニュースペーパー・ロウは1920年代から80年間、ニューヨーク市の新聞産業の中心地であった[1]。施工主はPark Row Construction Companyであり、そのシンジケートの顧問弁護士、著名な弁護士で以前のニューヨーク市法務監 (judge advocate general) であったWilliam Mills Ivinsはこの物件を彼自身の名義で購入してから、シンジケートに権利を移した。このため、このビルはときにIvins Syndicate Buildingとして知られる[1]

119 mの高さで、1899年から1908年まで世界一高いオフィスビルであった。この記録はシンガービルによって塗り替えられた。1901年、en:Aetnaによって公表された33丁目 (en) とブロードウェイへのビル建設プロジェクトでは、139 mのオフィスビルを建築しパークロウビルを上回るとされたが、結局建設は行われなかった。

このビルは29階立てで、26階建ての完全なフロアと二つの3階建ての円屋根になっている。このビルの側面は、31mがパークロウ、23mがAnn Streetおよび15mがTheater Alleyに面している。このビルの土台部分は約1,400m2の広さである。このビルは約8,000トンの鉄と12,000トンの他の材料、主にレンガおよびテラコッタでできている[9]。パークロウビルの基礎は3,900本のジョージア・トウヒを積み重ねて濡れた砂が混ぜられてできており、上部は花崗岩のブロックによってできている。この初期の超高層ビルの全建築費用は$2,400,000であった[9]

このビルは950の個別のオフィスを持ち、それぞれのオフィスは4人部屋となっている業務日ごとにおよそ25,000人がこのビルを通過すると見積もられている。完成以来、一日約4,000人がここで働いている[12]。1899年半ば、このビルは投資銀行家で地下鉄の出資者であるen:August Belmont, Jr.によってPark Row Realty Companyの名の下に所有された。Interborough Rapid Transit (IRT) subwayの最初の本社[13]、および創業当時のAP通信の最初のオフィス[1]がこのビルであった。

1920年5月3日、Andrea Salsedoの窓外放出 (en) が15 パークロウの14階から午前4:20に起こった。彼はRoberto Eliaとともに、ニューヨーク、ボストン、ワシントン、フィラデルフィア、パターソン、クリーブランドおよびピッツバーグで発生した一連の爆破事件へ関与したとして司法省によって捕らえられた。"Anarchist Fighters,"によって署名された"Plain Words,"というタイトルのチラシが現場から見つかり、プリントされた"S" の変形具合から、当局はSalsedoおよびEliaが働いている印刷屋を突き止めた。彼らは15 パークロウに8週間外部との通信を制限されて拘留された。5月3日の夜、Salsedoは14階から落とされた。無政府主義者たちは彼は放り出されたと主張し、警察は彼は飛び降りたと主張している[14]

サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院のメインファサード

設計[編集]

左右対称の正面ファサードが上へと積み上げられている。最上部はで覆われたドームの付いた三階建ての二つの塔になっている。彫刻家のen:J. Massey Rhindによる四つのカリアティードおよび16の像が塔の上に施されている。そのデザインは二つの塔が備わったバロック様式のヨーロッパの教会、さらに具体的にはリスボンサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院の教会建築を彷彿とさせる[15]

反応[編集]

このビルは最初期の"近代超高層ビル"の一つであり、少なくとも15階から20階分その近隣の建物を上回っていた。これを見た人々はその構造に感銘を受け、多くはその高さと巨大な外観に畏怖の念を覚えた。

このビルの長所や短所を計り比べられる他の建築物がまったく存在しなかったため、建築コミュニティの批評家たちはきわめて手厳しかった。The New York Times は1898年にThe Real Estate Record and Guideへ寄稿されたある批評を引用している。そこでは、"ニューヨークはこのような怪物を自ら養うことが許される唯一つの街である" そして、ビルのその無機質な側面の壁は"完全に無表情で空虚である"と述べてられている。1908年のThe New York Timesの記事では、フランス人建築家en:Augustin-Adolphe Reyは"そのビルの一つの側面の壁はむき出しになっており、他の側面の扱いと比べてなんと異なっていることだろうか?"と書いた。批評家のen:Jean Schopferはこのビルを"嫌悪されるべき (detestable)" と称した[16]

このビルの賛美者の中には写真家のアルヴィン・ラングダン・コバーンチャールズ・シーラーがいた。シーラーはポール・ストランドとともに1920年に作成した映画 Manhattaにこのビルを映した[1]

近年の開発[編集]

2000年に、全体構造の内部を改築する計画が策定された。これには、$30ミリオン以上をかけて、11階以上のフロアを210の賃貸アパートに改装するという計画が含まれていた。11階より下のすべてのフロアは商業用として残しておくことになっている。2002年までに始めの改築と居住用フロアへの改装が完了した。現在、2階から8階は部分的にJ&R Music World, Incが使用している。居住用エリアは現在11階から26階となっていて、新しく9階と10階も居住用へと改装中である。28階から30階部分の二つの三階建ての円屋根はまだアパートへと改装されていない[要出典]

1902年のマンハッタンのスカイライン - 中央がパークロウビル

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注
  1. ^ a b c d e f g New York City Landmarks Preservation Commission. "Park Row Building Designation Report" (June 15, 1999)
  2. ^ パークロウビル - Emporis(英語)
  3. ^ パークロウビル - SkyscraperPage(英語)
  4. ^ パークロウビル - Structurae database(英語)
  5. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2010-07-09), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  6. ^ このビルの他の住所には13-21 Park Row、3 Theatre Alleyおよび13 Ann Streetが含まれる。New York City Landmarks Preservation Commission. "Park Row Building Designation Report" (June 15, 1999)
  7. ^ “Robert H. Robertson Dead”. The New York Times. (1919年6月5日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9F07E3DD1F39E13ABC4D53DFB0668382609EDE 2009年7月26日閲覧。 
  8. ^ Guide to Civil Engineering Projects In and Around New York City (2nd ed.). Metropolitan Section, American Society of Civil Engineers. (2009). p. 106. 
  9. ^ a b c Scientific American (December 24, 1898)
  10. ^ 建設期間は1896年10月20日から1899年7月20日。New York City Landmarks Preservation Commission. "Park Row Building Designation Report" (June 15, 1999)
  11. ^ New York City Landmarks Preservation Commission; Postal, Matthew A. (ed. and text); Dolkart, Andrew S. (text). Guide to New York City Landmarks (4th ed.) New York:John Wiley and Sons, 2009. ISBN 978-0-470-28963-1
  12. ^ Gray, Christopher (2000年3月12日). “The Park Row Building, 15 Park Row; An 1899 'Monster' That Reigned High Over the City”. New York Times. http://www.nytimes.com/2000/03/12/realestate/streetscapes-park-row-building-15-park-row-1899-monster-that-reigned-high-over.html 2009年7月26日閲覧。 
  13. ^ Landau, Sarah Bradford; Condit, Carl W. (1999). Rise of the New York Skyscraper: 1865-1913. Yale University Press. p. 256. ISBN 0-300-07739-4. 
  14. ^ Avrich, Paul (1991). Sacco and Vanzetti: The Anarchist Background. Princeton University Press. pp. 188–193. ISBN 0-691-02604-1. 
  15. ^ Korom, Joseph J., Jr. (2008). The American Skyscraper, 1850-1940: A Celebration of Height, p. 233. Boston: Branden Books.
  16. ^ "American Architecture from a Foreign Point of View", Architectural Review, 1900.

外部リンク[編集]