パヴェル・フィリプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パヴェル・フィリプ
Pavel Filip (11322438465) cropped.jpg
パヴェル・フィリプ(2013年)
モルドバの旗 モルドバ共和国大統領代行
任期
2019年6月9日 – 2019年6月14日
大統領イゴル・ドドン
前任者イゴル・ドドン
後任者イゴル・ドドン
モルドバの旗 モルドバ共和国首相
任期
2016年1月20日 – 2019年6月14日
大統領ニコラエ・ティモフティ
イゴル・ドドン
前任者ゲオルゲ・ブレガ (代行)
後任者マイア・サンドゥ
モルドバの旗 モルドバ共和国情報技術通信相
任期
2011年1月14日 – 2016年1月20日
首相ヴラド・フィラト
ユリエ・レアンカ
キリル・ガブリッチ
ナタリア・ゲルマン (代行)
ヴァレリウ・ストレレツ
ゲオルゲ・ブレガ (代行)
前任者アレクサンドル・オレイニツ
後任者ヴァシレ・ボトナリ
個人情報
生誕 (1966-04-10) 1966年4月10日(55歳)
Flag of the Moldavian Soviet Socialist Republic.svg モルダヴィア・ソビエト社会主義共和国パナシェシュティ
政党民主党
協力政党欧州統合同盟(2009年 – 2013年)
親欧州連合
(2013年 – 2015年)
欧州のモルドバのための政治同盟 (2015年)
第三次欧州統合同盟(2015年 – 現在)
子供2人
出身校モルドバ工業大学

パヴェル・フィリプルーマニア語: Pavel Filip1966年4月10日 - )は、モルドバの政治家。同国首相[1]、情報技術通信相を歴任した。第三次欧州統合同盟のモルドバ民主党所属[2]。パナシェシュティ出身。

政治活動[編集]

2016年1月20日に首相就任。2019年6月9日、イゴル・ドドン大統領が憲法裁判所による議会解散を拒否しマイア・サンドゥを首班とする新政権樹立を決定したのは違憲とする憲法裁の判断が下り、同日をもって大統領の職務が一時停止され、フィリプが大統領代行となった。フィリプは議会解散を改めて宣言し、9月に総選挙を実施する旨を発表した[3]。しかし、この最高裁の判断は6月14日に破棄され、それにともないフィリプも首相、大統領代行の座から降りた[4]

脚注[編集]

公職
先代:
イゴル・ドドン
(職務停止)
モルドバの旗 モルドバ共和国大統領
(代行)2019
次代:
イゴル・ドドン
先代:
ゲオルゲ・ブレガ
(代行)
モルドバの旗 モルドバ共和国首相
2016 - 2019
次代:
マイア・サンドゥ