パン・ターイノーラシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パン・ターイノーラシン

パン・ターイノーラシンタイ語: พันท้ายนรสิงห์)はタイアユタヤー王朝の王・スア王に仕えた官吏。パン官位ターイ欽錫名ノーラシンが本名。釣り好きのスア王の船こぎとして仕えていた。

1704年、スア王はノーラシンを連れ、釣りをするためサムットサーコーン運河を突き進んでいたが、船首を岸の木にぶつけ破損させてしまった。当時の法によれば船首を破損させたものは死刑であった。そこでノーラシンは折れた船首を祭る祠を建て、首をはねて祠に添えようとした。

スア王は感服し、恩赦を施そうとしたが、ノーラシンは「示しが付かない」と拒否。スア王はそこで、代わりに泥の人形を作ってノーラシンに見立てて首を刎ね、これで一件落着としたが、ノーラシンはそれでも拒否したので、スア王は仕方なく処刑した。