パンハルモニコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンハルモニコン(Panharmonicon)は、ベートーヴェンと同時代人でかつ友人でもあるヨハン・ネポムク・メルツェルドイツ語版1805年に発明した楽器。ベートーヴェンは、1813年ビトリアの戦いで初代ウェリントン侯爵アーサー・ウェルズリー率いるイギリス軍がフランス軍に勝利したことを記念して、『ウェリントンの勝利』をこの巨大な機械仕掛けのオーケストラルオルガンのために作曲したらしい。これは、最初期の自動演奏機械で、後のオーケストリオンとよく似ていた。

パンハルモニコンは、全ての楽器の音や、銃声、大砲の音を模倣する事が出来たと言われている[1]。この楽器のうちの一つは、シュトゥットガルトのLandesgewerbe-museumに存在していたが、第二次世界大戦空襲により破壊された。

メルツェルのパンハルモニコンのうちの一つは、1811年ボストンに送られ、ニューヨークを初めとした各地で展示された[2]

メルツェルは、1826年2月7日から1838年の彼の死去により中断するまで、アメリカでのこの楽器とともにツアーに参加していた。

同種の楽器、模倣品[編集]

  • F. T. Kaufmannは、この自動演奏機械を1808年に複製し、その後彼の家族がオーケストリオンを開発した。
  • 1817年ロンドンのFlight & Robson社は、Apolloniconと呼ばれる自動演奏楽器を製造した。
  • 1821年、Dietrich Nikolaus Winkelは、アムステルダムにてパンハルモニコンを複製し、Componiumと呼んだ[3]
  • 1823年、William M. Goodrichは、メルツェルのパンハルモニコンをペンシルベニア州ボストンで複製した。

参考文献[編集]

  1. ^ Class notes from "History of Musical Instruments" taught by Dr. Jon C. Mitchell at the University of Massachusetts, Boston. Spring 2008.
  2. ^ Journal of the Franklin Institute, Philadelphia (PA), vol. 3, 1827, p. 130-133 Mr. Maelzel has been for many years distinguished for his great mechanical skill. The Panharmonicon, which was formerly exhibited here, was made by him: he is likewise the inventor of the Metronome, an instrument by which the time in music is accurately measured; it is not unknown here, and is extensively used in Europe. He has also invented, an apparatus which is attached to a Piano Forte, by which any piece of music which is played on it, is at the same time correctly written out. His speaking figures are of his own make, and far excel the attempts of Von Kempelen, although the labors of the latter, were eminently successful.
  3. ^ Urania: Musik-Zeitschrift für Orgelbau, Orgel- und Harmoniumspiel, vol 12, 1855, p. 20
  • Hans-W. Schmitz: Johann Nepomuk Mälzel und das Panharmonicon. Von den Anfängen der Orchestermaschinen. In: Das Mechanische Musikinstrument, 7. Jahrgang, No. 19, März 1981

外部リンク[編集]