パントプラゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pantoprazole.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Protonix, others[3]
Drugs.com monograph
MedlinePlus a601246
ライセンス EMA:リンクUS Daily Med:リンク
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口点滴静脈注射
薬物動態データ
生物学的利用能77%
代謝肝臓 (CYP2C19)
半減期1-2 hours
排泄尿, 便
識別
CAS番号
102625-70-7 チェック
ATCコード A02BC02 (WHO) A02BD04 (WHO) A02BD11 (WHO)
PubChem CID: 4679
IUPHAR/BPS 7260
DrugBank DB00213 チェック
ChemSpider 4517 チェック
UNII D8TST4O562 チェック
KEGG D05353  チェック
ChEBI CHEBI:7915 チェック
ChEMBL CHEMBL1502 チェック
化学的データ
化学式C16H15F2N3O4S
分子量383.371 g/mol
テンプレートを表示

パントプラゾール(Pantoprazole)は、プロトニックス(Protonix)などの商品名で販売されている、胃潰瘍の治療、胃食道逆流症(GERD)によるびらん性食道炎の短期治療、びらん性食道炎の治癒の維持、病理学的過分泌状態であるゾリンジャー・エリソン症候群などの治療に用いられる医薬品である[4]。また、ヘリコバクター・ピロリを除去するために他の薬と併用されることもある[5]。有効性は他のプロトンポンプ阻害薬(PPI)と同等である[6]。投与法は経口または点滴静脈注射である[4]

一般的な副作用には、頭痛、下痢、嘔吐、腹痛、関節痛、などがあげられる[4]。重度の副作用には、重度のアレルギー反応萎縮性胃炎クロストリジウム・ディフィシル大腸炎低マグネシウムビタミンB12欠乏症、などの慢性炎症があげられる[4]。妊娠中の人への投与は安全とみられる[4]

パントプラゾールは、胃酸分泌を減少させるプロトンポンプ阻害薬である。作用機序は胃のH+/K+-ATPアーゼ機能を不活性化することで効果がある[7][4]

パントプラゾールの研究は1985年に始まり、1994年にドイツで医薬品として使用されるようになった[8]後発医薬品として入手できる[4]。2018年時点の米国での錠剤の卸売価格は服用1回分0.10米ドル未満である[9]。英国では、服用1回分の錠剤価格は0.05ポンド未満であるが、静脈点滴剤は投与1回分につき約5ポンドの費用が掛かる[10][11]

出典[編集]

  1. ^ Pantoprazole 20mg gastro-resistant tablets - Summary of Product Characteristics (SmPC)”. (emc) (2019年11月25日). 2020年2月20日閲覧。
  2. ^ a b Pantoprazole Use During Pregnancy”. Drugs.com (2018年6月26日). 2020年2月20日閲覧。
  3. ^ Pantoprazole international brand names”. Drugs.com. 2017年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Pantoprazole Sodium Monograph for Professionals - Drugs.com”. Drugs.com. American Society of Health-System Pharmacists. 2018年10月28日閲覧。
  5. ^ British national formulary : BNF 74 (74 ed.). British Medical Association. (2017). p. 79. ISBN 978-0857112989 
  6. ^ [99 Comparative effectiveness of proton pump inhibitors]”. Therapeutics Initiative (2016年6月28日). 2016年7月14日閲覧。
  7. ^ “Proton pump inhibitors. Pharmacology and rationale for use in gastrointestinal disorders”. Drugs 56 (3): 307–35. (September 1998). doi:10.2165/00003495-199856030-00002. PMID 9777309. 
  8. ^ Fischer, János; Ganellin, C. Robin (2006). Analogue-based Drug Discovery. John Wiley & Sons. p. 130. ISBN 9783527607495. https://books.google.ca/books?id=FjKfqkaKkAAC&pg=PA130 
  9. ^ NADAC as of 2018-10-24”. Centers for Medicare and Medicaid Services. 2018年10月28日閲覧。
  10. ^ The Top 300 of 2020”. ClinCalc. 2020年4月11日閲覧。
  11. ^ Pantoprazole Sodium - Drug Usage Statistics”. ClinCalc (2019年12月23日). 2020年4月11日閲覧。