パンディット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
博物館にある歴史的なパンディットの像

パンディットPanditサンスクリット語: पण्डितヒンディー語: पंडित[1]、スペルはpunditとも、発音[ˈpʌndɪt, ˈpændɪt][2]Pt.またはPdtと略される)、(パンディタニまたはパンディティンとして女性のパンディットまたはパンディットの妻を指すことができる)は、バラモン学者[3]、またはヒンドゥー教、特にヴェーダ経典、ダルマヒンドゥー哲学に関する知識分野の教師[1]グルまたは音楽などの世俗的な文化等を体現した人物のことである[4]

モニエル・モニエル=ウィリアムズによると、サンスクリットでは、パンディットは通常、専門知識を持つ「賢明な、教育を受けた、または学んだ男」を指す[5]。この用語は「収集する」「重ねる」「積み重ねる」を意味する「paṇḍ(पण्ड्)」に由来し、この流れから「知識」の意味で使用される[6]。この用語は、ヴェーダおよびヴェーダ以降の文章に見られるが、社会学的な文脈はない。植民地時代の文献では、この用語は一般にヒンドゥーの法律に特化したバラモンを指している[7]

関連する用語「プロヒト」は、司祭を指している[4]

参照[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Pundit" . Encyclopædia Britannica (英語). 22 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 649.
  2. ^ "pandit". Random House Webster's Unabridged Dictionary.
  3. ^ Lise McKean (1996). Divine Enterprise: Gurus and the Hindu Nationalist Movemen. University of Chicago Press. pp. 13–14. ISBN 978-0-226-56009-0. https://books.google.com/books?id=OsI7Hy8H34YC 
  4. ^ a b Axel Michaels; Barbara Harshav (2004). Hinduism: Past and Present. Princeton University Press. pp. 190. ISBN 978-0-691-08952-2. https://books.google.com/books?id=jID3TuoiOMQC&pg=PA190 
  5. ^ Monier Monier-Williams (1872). A Sanskrit-English Dictionary. Oxford University Press. p. 527. https://books.google.com/books?id=_3NWAAAAcAAJ&pg=PA527 
  6. ^ Monier Monier-Williams (1872). A Sanskrit-English Dictionary. Oxford University Press. pp. 526–527. https://books.google.com/books?id=_3NWAAAAcAAJ 
  7. ^ Timothy Lubin; Donald R. Davis Jr; Jayanth K. Krishnan (2010). Hinduism and Law: An Introduction. Cambridge University Press. pp. 8. ISBN 978-1-139-49358-1. https://books.google.com/books?id=MtuhClbfL7EC