パンツァネッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パンツァネッラ
Italian Panzanella.jpg
別名 パンモッレ
種類 サラダ
発祥地 イタリア
地域 トスカーナ州
主な材料 パン, トマト
テンプレートを表示
パンザネッラ

パンツァネッラPanzanella [pantsaˈnɛlla] 、パンモッレpanmolle [pamˈmɔlle])は、夏に人気のトマトとパンを使ったイタリアトスカーナ州で食されるイタリア料理である。水でふやかした古いパンのぶつ切り、トマト、玉ねぎ、バジルと、オリーブオイルと酢をあえた料理である。 トスカーナ州以外のイタリア中部の地域でも、よく食されている。

歴史[編集]

16世紀の芸術家で詩人のアーニョロ・ブロンズィーノがトーストを入れた油と酢と玉ねぎを賞賛し[1]、後に玉ねぎ、スベリヒユ、キュウリのサラダについて語った[2][3]。この記述がパンザネッラについて語ったものだと解釈されている[4]

原材料[編集]

20世紀までトマトではなく、タマネギをベースにしていた[5]

現代においては、通常、水に浸してから絞った古いパン、トマト、オリーブオイル、酢、塩、コショウから出来ている。さらにタマネギとバジルがしばしば追加される。それ以上の食材を投入する場合もあるが、 フィレンツェの伝統主義者はそれらの投入されたサラダに難色を示している[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ "In lode delle cipolle", Capitoli faceti editi ed inediti di Mess. Agnolo Allori detto il Bronzino..., Venice, 1822 text
  2. ^ passage
  3. ^ Zeldes, Leah A. (2009年9月2日). “Eat this! Panzanella: Ripe tomatoes turn stale bread into manna”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2010年8月3日閲覧。
  4. ^ a b Marco Bazzichi, "Panzanella, tra tradizione e le varianti «immigrate»", Corriere Fiorentino 18 agosto 2010 text
  5. ^ The earliest mention of tomatoes in panzanella found in Google Books is in 1928, in Le vie d'Italia (Rivista mensile del Touring Club Italiano75)