パンチブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パンチブラザーズ
2008 Punch Brothers - credit Cassandra Jenkins SMALL for website.jpg
基本情報
出身地 ブルックリン, ニューヨークシティ, ニューヨーク, United States
ジャンル プログレッシブ・ブルーグラス, クラシック, アコースティック
活動期間 2006–present
レーベル Nonesuch
公式サイト Punchbrothers.com
メンバー クリス・シーリ
ゲイブ・ウィッチャー
ノーム・ピケルニー
クリス・エルドリッジ
ポール・コワート
旧メンバー ブライアン・サットン
グレッグ・ギャリソン

パンチブラザーズ(Punch Brothers)はクリス・シーリ(マンドリン)、ゲイブ・ウィッチャー(フィドル)、ノーム・ピケルニー(バンジョー)、クリス・エルドリッジ(ギター)、ポール・コワート(ベース)からなるバンド。彼らのスタイルは「ブルーグラスのインストゥルメンタル性とモダン・クラシックの中での自然性」[1]や「アメリカン・カントリー・クラシカル・チャンバー・ミュージック」[2]と評される。

パンチブラザーズ、NC美術館、2015年7月16日。 撮影:Julianne G.Macie

歴史[編集]

2006-2007:始まりと成長[編集]

2006年にクリス・シーリがアルバム"How to Grow a Woman from the Ground"をレコーディング。その際、Nashville City Paperのインタビューの中で、シーリはバンドの構成を語った。

We got together one night just to drop a ton of money, drink too much wine, eat steaks, and commiserate about our failed relationships. We had gotten to play together a few days before and we had said that we needed to do something musical together. With our hearts smashed to pieces, it became more urgent — our lives had gone the same way for so long. I knew I wanted to have a band with Gabe [Witcher], but I didn’t know if it would be a rock ensemble, an ambitious acoustic classical thing or a bluegrass group. We played, and there was a serious, instantaneous connection. Then I knew I wanted to put together a bluegrass band — one with a lot of range, but aesthetically a bluegrass band.[3]

当初は"The How to Grow a Band"というバンド名で知られていた2007年、バンドは公式に、名前を"The Tensions Mountain Boys"と改める。そののち、更にバンド名を変更し、"パンチブラザーズ"で定着。バンド名はマーク・トウェインの短編"A Literary Nightmare"の中の耳について離れない一節に由来する。[4]この一節は"Punch, brothers! punch with care! Punch in the presence of the passenjare"の二つの文からなる。この文は汽車の車掌の呪文である。

彼らの結成は、American Songwriter誌によって「21世紀におけるブルーグラスボーイズの誕生」と評された。[5]

2007-2009年:"The Blind Leaving the Blind" and "Punch"[編集]

パンチブラザーズ, 2008年ウィンターグラスにて。

2007年5月17日、彼らはカーネギーホールでデビューを果たす。シーリの最も輝かしい作品である"The Blind Leaving the Blind"は4部構成で40分にわたる大作である。シーリはこの曲が2003年の自身の離婚を扱ったものだと語っている。

2008年2月13日、パンチブラザーズとして初のカントリー・ワイドツアーを封切る。

2008年2月26日、パンチブラザーズはNonesuch Recordsからアルバム"Punch"をリリース。このアルバムには"The Blind Leaving the Blind"や、他にいくつかのオリジナル楽曲が収録されている。[6]

2008年5月、インタビューでさらにアルバムを出す予定はあるかと聞かれたシーリは、「確実に出す予定だ」と答えた。[7]


2008年11月、ウェブサイトにて、ベース弾きのグレッグ・ギャリソンが脱退することを発表。彼の代わりに、カーティス音楽学校でエドガー・メイヤーからベースを学んだ、ポール・コワートが加入。[8]

2010年:Antifogmatic[編集]

彼らの2ndアルバムにあたるAntifogmaticは、2010年6月15日にリリースされた。トラディショナル・ブルーグラスやニューグラスなど、10曲を収録。コワートの加入後、初めてのアルバムとなる。

2011年:Documentary How to Grow A Band[編集]

Mark Meattoによってパンチブラザーズのドキュメンタリー"How to Grow A Band"が製作される。これは二年間にわたりパンチブラザーズを追った作品であり、ウェブサイトによれば「それぞれの才能と、グループの個性、芸術性、商業性、若さ、そして利発さとの間で張りつめたものに、焦点を当て解き明かす」というものである。この作品は2011年4月15日、第42回ナッシュビル映画祭でプラチナ受賞を果たす。また、2011年6月の第38回テルライド・ブルーグラス・フェスでも上映された。

2012年:Who's Feeling Young Now?[編集]

パンチブラザーズは2012年2月に3rdアルバム"Who's Feeling Young Now?"をリリースした。2012年のThe Hunger Gamesのサウンドトラックに、このアルバムの"Dark Days"が提供されている。2012年11月には、"Who's Feeling Young Now?"とセットで5曲組のEP"Ahoy!"をリリース。

2015年:The Phosphorescent Blues[編集]

2014年11月、初めてのシングルとなる"I Blew It Off"を、まだ名前のついていない4thアルバムから抜粋しリリース。2014年12月、新しいアルバム"The Phosphorescent Blues"を2015年1月27日に、ニューシングルの"Julep"と共にリリースすると告知。[9]

バンドメンバー[編集]

ノーム・ピケルニー(バンジョー)、クリス・シーリ(マンドリン)、グレッグ・ギャリソン(ベース)、クリス・エルドリッジ(ギター)。2008年ウィンターグラスにて。

現在のメンバー[編集]

元メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

Albums[編集]

Title Album details Peak chart positions
US Grass US US Heat US Rock US Folk
Punch
  • Release date: February 26, 2008
  • Label: Nonesuch Records
1 10
Antifogmatic
  • Release date: June 15, 2010
  • Label: Nonesuch Records
2 128 1 39 2
Who's Feeling Young Now?
  • Release date: February 14, 2012
  • Label: Nonesuch Records
1 76 19 5
Ahoy! EP
  • Release date: November 13, 2012
  • Label: Nonesuch Records
1 144 42 7
The Phosphorescent Blues
  • Release date: January 27, 2015
  • Label: Nonesuch Records
1 37 9 4
The Wireless EP
  • Release date: November 20, 2015
  • Label: Nonesuch Records
1 34 9
"—" denotes releases that did not chart

Music videos[編集]

Year Video Director
2013 "Movement and Location"[10] Danny Clinch

脚注[編集]

  1. ^ Paphides, Pete (2008年1月25日). “Chris Thile and his mandolin”. The Times (London). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/music/article3245769.ece 2010年5月22日閲覧。 
  2. ^ Holden, Stephen (2008年2月22日). “Covers and Classical Moves From a Bluegrass Virtuoso”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/02/22/arts/music/22punc.html?_r=0 
  3. ^ Nickel Creek’s Thile ‘grows’ a new band”. Nashville City Paper (2006年8月23日). 2006年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月13日閲覧。
  4. ^ Punch Brothers: Punch”. Amazon.com. 2010年4月23日閲覧。
  5. ^ Punch Brothers: American Pickers”. American Songwriter. 2012年5月31日閲覧。
  6. ^ Nonesuch Records Signs Singer/Composer/Mandolinist Chris Thile and His New Band, Punch Brothers”. All About Jazz (2007年10月9日). 2007年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月10日閲覧。
  7. ^ Now out of the Creek, Thile's packing Punch - The Boston Globe”. Boston.com (2008年4月5日). 2015年3月18日閲覧。
  8. ^ Punch Brothers”. Punchbrothers.com. 2015年3月18日閲覧。
  9. ^ The Phosphorescent Blues – Pre-Order Now”. Punchbrothers.com (2014年12月4日). 2015年3月18日閲覧。
  10. ^ CMT : Videos : Punch Brothers : Movement and Location”. Country Music Television. 2013年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]