パンゴン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パンゴン湖
Pangong.jpg
パンゴン湖
パンゴン湖の位置(ジャンムー・カシミール州内)
パンゴン湖
パンゴン湖
パンゴン湖の位置(チベット自治区内)
パンゴン湖
パンゴン湖
場所 インドの旗 インドジャンムー・カシミール州ラダック
中華人民共和国の旗 中国チベット自治区ルトク県
座標 北緯33度43分04.59秒 東経78度53分48.48秒 / 北緯33.7179417度 東経78.8968000度 / 33.7179417; 78.8968000座標: 北緯33度43分04.59秒 東経78度53分48.48秒 / 北緯33.7179417度 東経78.8968000度 / 33.7179417; 78.8968000
種類 淡水湖塩湖
インドの旗 インド
中華人民共和国の旗 中国チベット(ガンデンポタン)の旗 チベット
最長 134 km (83 mi)
最大幅 5 km (3.1 mi)
水面積 約700 km2 (270 sq mi)
水面標高 4,250メートル (13,940 ft)
凍結 冬の間

パンゴン湖チベット語: མཚོ་མོ་ངང་ལྷ་རིང་པོ།英語: Pangong Tsoヒンディー語: पांगोंग त्सो中国語: 班公错)またはパンゴンツォとは中華人民共和国チベット自治区ルトク県インドジャンムー・カシミール州ラダック県との中印国境に位置するアジア最大級の汽水湖である。

概要[編集]

全長は約150km、面積は604平方kmであるが、南北の平均幅は2〜5kmで、最も狭い所は5mである[1]。水深は最深部で約300m。標高4250mの位置にあり、塩湖(インド側)としては世界でもっとも高い場所にある。塩湖にもかかわらず、冬は1mに及ぶ厚い氷が張る。

東側の3分の2は中国(チベット)に属して、西側の3分の1(約50km)はインドに属する。チベットの境界内にあるパンゴン湖は淡水湖で、清らかで甘美で、水色は青緑であると中国側では発表されている。一方、インド境界内にあるのは塩湖で、水は臭くて飲むことができない[2]。周囲を4000~6000m級のヒマラヤの山々で囲まれた内湖で、以前はインダス川の支流と繋がっていたが、現在は自然の積載によって閉じている。小さな甲殻類がいるのみで、魚は棲息していない。

2012年11月、インドチベット国境警察は、パンゴン湖の中国側上空に正体不明の発光体を100件以上観察したと正式発表した。[3]

名前の意味[編集]

パンゴン(Pangong 班公)ラダック語で「一片の小さな芝生」を意味する。パンゴン湖のチベット語名はツォモ・ガンラ・リンポ(チベット語:མཚོ་མོ་ངང་ལྷ་རིང་པོ།ワイリー方式:mtsho mo ngang lha ring po、蔵文ピン音:Tsomo Nganglha Ringpo、中国語:错木昂拉仁波)で、「長い首の白鳥の湖」を意味する。[4]

気候[編集]

アクセス[編集]

パンゴン湖はレーから車で約5時間で行くことができる。道中の大半は荒れていて変化に富んだ山道である。道は途中シェイ英語版サクティ英語版の村を通り、チャンラ英語版峠を横切る。ここでは軍の哨兵と小さな茶店が訪問者を歓迎してくれる。チャンラ峠から道は下り、タグステ英語版やその他の小さな村を抜け、パガルナーラ、または「狂った小川」と呼ばれる川を渡る。素晴らしい湖岸は観光シーズンの5月から9月の間開かれている。

中国-インドの実効支配線英語版上にあるこの湖を訪問するには入域許可証英語版(ILP)が必要である。インド国籍を持つ人は各個人に対する許可が必要であるのに対し、その他の国籍を持つ人はグループ(最低3人)での許可を受けた上で認定されたガイドが同伴する必要がある。レーの観光事務所は若干の手数料で許可証を発行してくれる。セキュリティ上の理由から、インド当局は船に乗ることを許可していない。

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 班公錯~多瑪へ
  2. ^ 班公湖
  3. ^ UFO Sightings At Indo-China Border Leave Indian Army Astounded International Business Times
  4. ^ 空の果てにあるルート―新疆からチベットまでの自転車旅行
パンゴン湖の眺め