パワー オブ ザ ハイアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パワー オブ ザ ハイアード
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 スーパーファミコン
開発元 日本コンピュータシステム
人数 1人
メディア ROMカートリッジ
発売日 1994年12月22日
その他 ASIN B000068I5Q
テンプレートを表示

パワー オブ ザ ハイアード』 (Power of the Hired)は、1994年12月22日日本コンピュータシステムが発売したスーパーファミコンゲームソフトである。

概要[編集]

全18章仕立ての戦略シミュレーションゲーム。魔獣を呼び寄せる事によって、その魔獣から魔力を借り、普通では唱えることの出来ない魔法が唱えられるハイアードシステムが導入されている。また、魔獣使いが死亡するとゲームオーバーとなる。

ストーリー[編集]

自分の力を試したくて村を出たネイアの兄アレフが突然ガナテア軍の一員となってしまった。

登場人物[編集]

ネイア
本作の主人公。魔獣使いにしてアレフの妹。
アレフ
ネイアの兄。前半で敵になるが、後半でネイアの仲間になる。
ディーノ
気は優しくて力持ちの魔獣使い。語尾に「~でぶぅ」を付ける癖がある。
リム
アレフの幼馴染。
グノシス
本作のラストボス。ガナテア帝国の皇帝。伝説の魔獣アルバラータを復活させて世界を滅ぼそうとする。

外部リンク[編集]