パワースポーツシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワースポーツシリーズ
ジャンル スポーツゲーム
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
主な製作者 奥野仁
1作目 パワーリーグPCエンジン
1988年6月24日
最新作 パワーリーグプレイステーション
1998年11月12日
テンプレートを表示

パワースポーツシリーズPower Sports Series[1]は、日本コンピュータゲームメーカー・ハドソン1988年から1998年まで発売していたスポーツゲームのシリーズ作品。当初はパワーシリーズと呼ばれていた[2]

概要[編集]

1988年6月24日発売のPCエンジン野球ゲーム『パワーリーグ』を第1作とする。同作は当時、ハドソンが夏休みシーズンに行っていた全国キャラバンの第4回認定ソフトとなり[3]、PCエンジン用の野球ゲームとしては5月20日に発売されていたナムコの『プロ野球ワールドスタジアム』を凌ぐ人気を博して毎年夏に新データ版が発売される定番タイトルとなった[4]

しかし、プログラマー・岩崎啓眞の証言によれば中心開発者の奥野仁は野球に興味が無く、本来はゴルフゲームを作りたかったが『パワーリーグ』の売上が好調で続編の発売が決定したことから1989年にようやく念願の『パワーゴルフ』を作れることになったとされる[1]。これに伴い、以後もPCエンジンで「パワー」を冠するスポーツゲームが多数製作され、シリーズ化に至った[5]

PCエンジン以外で展開されたタイトルは野球、つまり『パワーリーグ』のみであり、1998年に発売されたプレイステーション版『パワーリーグ』がシリーズ最終作となっている。但し、2000年から2001年にかけてトレーディングカードゲーム『POWER LEAGUE 〜夢のスタジアム〜』が発売されている。

タイトル一覧[編集]

パワーリーグ以外のシリーズ作品は全てPCエンジンのみで発売。

脚注[編集]

  1. ^ a b 1989年 - ハドソンで作られていたゲームについて(Colorful Pieces of Game)
  2. ^ 商品情報:パワーリーグ
  3. ^ シューティングゲーム以外のジャンルから選ばれたキャラバン認定ソフトは本作が初めてであった。
  4. ^ パワーリーグがPCエンジンで合計6タイトル発売されたのに対し、ワールドスタジアムは続編『'91』発売まで3年のブランクを要した。
  5. ^ なお、岩崎は他にも「パワーシリーズ」を名乗る商品群が多数存在することを意識してか便宜的に「パワー(スポーツ)シリーズ」と呼んでおり、本項の表題もそれに従う。
  6. ^ ハドソンがスーパーファミコンやNINTENDO64で発売したサッカーゲームは「パワー」を冠しておらず、シリーズには含まれない。
  7. ^ パワースポーツシリーズとしては通算8作目に当たり、本作がシリーズタイトルの由来となっている訳ではない。
  8. ^ シリーズ以外では1998年にNINTENDO64で『Let's スマッシュ』が発売されている。

関連項目[編集]