ナポレオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パルト小石から転送)
ナポレオンズ
メンバー ボナ植木
パルト小石
結成年 1977年
事務所 日本奇術協会
活動時期 1977年 -
師匠 初代引田天功
出会い 専修大学マジック同好会
現在の活動状況 小石の没後も植木が活動を継続中
芸種 マジック
公式サイト ナポレオンズホームページ
受賞歴
1988年 世界マジックコンテスト(FISM) グランドイリュージョン部門 第3位
日本クロースアップマジシャンズ協会 JAPAN CUP 2005 マジシャン・オブ・ザ・イヤー
テンプレートを表示

ナポレオンズは、ボナ植木とパルト小石の2人からなる、日本のマジシャンコンビ。主にコメディマジックをメインジャンルとしている。日本奇術協会広報委員長。

メンバー[編集]

ボナ植木(ぼなうえき、1952年4月3日 - )
本名・植木 康之(うえき やすゆき)。東京都出身。身長183cm[1]東京都立東高等学校専修大学卒。主にマジックの実演を担当。
家は金庫店を経営しており、父の趣味であるマジックに影響を受けマジシャンを志す[2]。なお、金庫店の顧客には白井良明の父がおり、のちに白井とナポレオンズもステージで共演している[3]
子息の啓太は落語家三遊亭好の助2005年夏頃に三遊亭好楽に入門。2006年7月には『ナポレオンズ・好楽W親子会』(好楽の子息は三遊亭王楽)を行った。
パルト小石(ぱるとこいし、1952年6月24日 - 2021年10月26日[4]
本名・小石 至誠(こいし しせい)。岐阜県出身。身長164cm[1]岐阜県立関高等学校、専修大学卒。主にトークで盛り上げる役回りを担当。
「ナポレオンズの背の低い方」として認識される傾向にあるが、植木との対比でそう見えるだけであり、極端に背が低いわけではない[1]
2003年より松尾貴史に誘われ、春風亭昇太須田泰成らと三軒茶屋の飲食店「BAR CLOSED」の共同経営者となった[5]。不定期に「マジック・ナイト」として自ら企画したイベントを行っていたが、2013年3月頃に経営から離れている。
妻は建築インテリア雑誌『モダンリビング』(ハースト婦人画報社)発行人の下田結花。
2019年10月に急性リンパ性白血病を発症、2020年7月に寛解したが8月に再発し、12月に臍帯血移植を受けた。2021年9月9日に肺炎のため再入院し、2021年10月26日午後4時26分に死去[4]。69歳没。

概要[編集]

専修大学の同期であり、両者はマジック同好会に所属していた[6]。当時から植木はプロマジシャンを志しており、同好会のマジックショーでも色々なマジックを披露していた[7]。一方の小石は同好会のマジックショーで司会者を務めることが多かった[7]

大学卒業後、植木はプロになるべく女性アシスタント[注釈 1]のオーディションを繰り返していたが、初仕事の日時が決まっているのに良い人物とめぐり会えなかったため、成り行きでオーディションに立ち会っていた小石に当面のヘルプとしてアシスタントを要請し、受諾したことがきっかけでコンビでの活動が始動した[2]。植木が小石にアシスタント役を頼んだ理由はマジックに対する理解があり、トークが得意であったためだとメディアのインタビューで答えている[7]。小石は当時、一度就職した訪問販売の仕事が過酷だったため、そのまま会社を辞めて植木の相方になった[2]。これについて植木は小石の没後、自分が引き込んだ形ではあったが、小石がいなければ世界に通じるマジシャンにはなれなかったと述懐している[8][9]

名前の由来は英雄ナポレオン・ボナパルトからだと答えることが多いが、実際はブランデーナポレオン」が由来。コンビ名をどうするか打ち合わせていたとき、偶然目に入ったナポレオンから「ナポレオンズ」をコンビの名前とし、その後2人の芸名をナポレオン・ボナパルト由来のものにしたという[10]。のちに、ナポレオンという名を無断で借用したことを詫びるべく、フランスアンバリッドにあるナポレオン・ボナパルトの墓前を訪ねたことがある[2]

1977年にプロマジシャンとしてデビュー。その後、初代引田天功の内弟子となり、師匠に同伴して各地を巡り、ステージに上っていた。弟子とはいうもののマジックを教わる関係ではなく、自分たちが業界誌やビデオから得た海外マジシャンの情報を元に、師匠にアイデアを伝えるという助手のような関係だった。芸風も引田天功を真似ることができず、当時から師匠とは異なる方向性であった[11]。とはいえ「弟子」という立場だったことで、師匠から生き方を学べたことや、風当たりが強い立ち位置を避けられるという利点もあったという。その後弟子入りから2年目に引田天功が早世。引き続き風当たりが強い立ち位置を避けるため、師匠亡きあとはゼンジー北京に次ぐコメディマジシャンを志すに至る[12]。デビュー当初はコメディマジックという芸風が所属事務所の社長からも受け入れられず仕事も少なく苦しんでいたが、松旭斎すみえを通じて知り合った永六輔が2人を各地の地方営業へと連れていく形でナポレオンズは仕事を増やし、やがてはそれが自信へと繋がっていったという[13][14]

当初は小石がアシスタントという位置づけだったが、元からマジックが苦手であり、アシスタントもあまり上手くできなかったため、学生時代のようにトークで盛り上げる役回りへと転向したと小石本人は述懐している[15]

「地球が僕らのステージだ!」というキャッチコピーを掲げており、その言葉どおりにアジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカでの公演を成功させている[16]

かつて取材にて「Mr.マリックのトリックを暴く」という企画を引き受けたことがある[17]。記者のリクエストに応えつつ、マジック業界の迷惑にならないギリギリのところを狙ったというが、結果的にはマリックから嫌われた上[17]、日本奇術協会で懲罰人事を受けて理事から平会員待遇への降格となったと語っている[18]。また、前田知洋はアメリカ留学前にナポレオンズのアシスタントとして働いていたことがある[19]

主なネタ[編集]

本格的なイリュージョンなどもこなせるが、笑いを取るために仕掛けをばらしたり、そもそもマジックとは言えないようなネタも多い。

あったま・ぐるぐる
専用の小道具を小石の頭部にかぶせて回すと頭部がぐるぐると360度以上回転する(ように見える)代表作。途中で道具の回転を止めてもまだ小石の頭が回っているというところで笑いを取る。仕掛けは単純だが小道具を一定速度で回転させるのとそれに合わせて頭を回すのにはある程度の技術を必要とするもので、不慣れな素人が容易に真似できるものではない。2人のチームワークがあるからこそ可能なネタである[20]
マジック研究家からヒントを得て、2人が研究して生み出したネタであるとメディアのインタビューで答えている[21][22]
人体浮遊術
「師匠である初代引田天功が教えてくれた唯一の手品」という口上で始めることがある[23]。1人が仰向けになった状態で寝てそこにもう1人が布をかぶせたあと、仰向けになっていた小石や植木の身体が宙に浮くかのように見える。実際は布の中でうつ伏せになり、腕立て伏せをしているというもので、アメリカの大道芸人から小石が2ドルで買ったネタである[24][25]
透視
提示した食べ物の中から1つを観客に選んでもらい、それに布を被せた状態で植木が何を選んだか当てるというもの。小石が早く当てろと催促するように見せかけけながら露骨なダジャレでヒントを出し、そのダジャレを元に植木が正解を出す[26][27]
食べ物は寿司ネタ4種類[26]や、野菜4種類[27]などのバリエーションがある。
人体交換
箱の中に片方が入りもう片方が封をした後、布をかぶるなどして一瞬姿を隠した隙に入れ替わりを行うイリュージョン[28]。このネタでは小石も実際にマジックを行う[29]
特製ステッカー
観客へのプレゼントとして用意されている。「痛いところに貼るとかぶれる」「枕の下に入れるとうなされる」など、毒っ気のあるオチを付けて説明を行う[30][31]

主な受賞歴[編集]

  • 1988年 世界マジックコンテスト(FISM) グランドイリュージョン部門 第3位
  • 2003年 文化庁芸術祭 演芸部門優秀賞(関東参加公演の部)[32]
  • 2005年 日本クロースアップマジシャンズ協会 JAPAN CUP 2005 マジシャン・オブ・ザ・イヤー[33]

メディア出演[編集]

バラエティ[編集]

  • 笑点日本テレビ系列、1987年 - 2019年2月24日)
    • 番組前半の演芸コーナーに常連出演し、小石死没時点で同コーナーの最多出演者となっていた[34]
    • 小石の死去に際し、2021年11月7日放送分の冒頭にて追悼特集が放送され、2008年2月24日放送分の演芸に出演した際の映像がダイジェストで再放送された[34]
  • マジック王国テレビ東京系列、2001年4月 - 9月) - 司会を務めた子供向けのマジック番組。
  • 金曜バラエティーNHK総合) - 初代司会の頃より年に何回かゲスト出演をしている。
  • 徹子の部屋テレビ朝日系列) - ゲスト出演経験あり。小石が死去した後の2021年11月25日放送「追悼特集」(毎年恒例)にて彼らが出演した回の映像を放送した。

ほか

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Vシネマ[編集]

  • 『裏ホラー』(2008年、ジェネオンエンタテインメント) - 本人役

著書[編集]

ボナ植木
  • 書斎がいらないマジック整理術(整理術・生産術の実用書)
  • 魔術師たちと蠱惑のテーブル AからKまで13のトリックストーリー(マジックにまつわる短編小説集)
パルト小石
  • 神様の愛したマジシャン ISBN 978-4-198-62542-9 - 自伝的小説、小石至誠 名義

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時はバニーガール姿の女性が男性マジシャンのアシスタントを務めるのが一般的だった[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c パルト小石 (2003年10月19日). “「僕に関するウワサ」”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞. 2010年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c d パルト小石 (2000年9月23日). “「みんなでプロ・マジシャンになろう!」”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞. 2010年11月27日閲覧。
  3. ^ 白井良明 [@guitar_bancho] (2021年10月30日). "ナポレオンズのパルト小石さんご逝去。ぼくの父親源三が出入りしていた植木金庫のボナ植木さんとナポレオンズ結成され一世風靡。笑点など引っ張りだこな時の人。2004年ステージご一緒し、叱られたり、褒めていただいたり。使っていいよ!といってくれた言葉。「ま〜だやってる白井良明です」RIP" (ツイート). Twitterより2021年10月31日閲覧
  4. ^ a b “マジシャン「ナポレオンズ」パルト小石さん死去 19年に急性リンパ性白血病を発症”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2021年10月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/10/30/kiji/20211030s00041000614000c.html 2021年10月31日閲覧。 
  5. ^ パルト小石 (2006年5月7日). “マジシャンのBAR”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞. 2021年10月31日閲覧。
  6. ^ “ボナ植木、相方・パルト小石さんを追悼「あなたがいなければここまでやってこれなかった」”. サンスポ. (2021年10月31日). https://www.sanspo.com/article/20211031-5VNCQ4LZXZHWNIWIHBME6VURNQ/ 2021年10月31日閲覧。 
  7. ^ a b c d 「不思議で脳を活性化」 驚くことで脳の劣化は抑えられます”. 株式会社エイチアンドアイ (2019年5月16日). 2021年11月3日閲覧。
  8. ^ SOMETHING”. 新・手品師の裏側(ボナ植木公式サイト、2021年10月31日). 2021年11月1日閲覧。
  9. ^ ナポレオンズのボナ植木、相方小石さん死去に「あなたの元気な姿しか」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年10月31日). 2021年11月1日閲覧。
  10. ^ パルト小石 (2001年6月25日). “「たかが芸名? されど芸名?」”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞. 2010年11月27日閲覧。
  11. ^ 求む、師匠”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2010年9月12日). 2021年11月3日閲覧。
  12. ^ Speakers:ボナ植木 Part2 (YouTube). マジックランド. (2016年4月22日). https://www.youtube.com/watch?v=yPO-Wla0b-s 2021年11月3日閲覧。 
  13. ^ 第5回 <捨てる神あれば拾う神あり。>”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2000年8月5日). 2021年11月4日閲覧。
  14. ^ 欠点”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年5月26日). 2021年11月4日閲覧。
  15. ^ 人はどうしてプロ・マジシャンになったのか”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2009年10月25日). 2021年11月3日閲覧。
  16. ^ プロフィール”. 株式会社 TV ランド. 2021年11月3日閲覧。
  17. ^ a b 第3回 <超魔術のMr.マリックに嫌われています>”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2000年7月2日). 2021年11月25日閲覧。
  18. ^ 第7回 <会長への道・マジシャン編>”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2000年8月17日). 2021年11月25日閲覧。
  19. ^ Mくん”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2004年6月3日). 2021年11月6日閲覧。
  20. ^ パルト小石 (2010年8月29日). “『33年目の奇跡、ひとり・ぐるぐる!?』”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞. 2010年11月27日閲覧。
  21. ^ FLASH編集部 (2021年11月5日). “【追悼】ナポレオンズ・パルト小石さん 伝説のマジックに…本誌で明かしていた「あったまグルグル」誕生秘話”. 光文社. 2021年11月6日閲覧。
  22. ^ パルト小石さん追悼 ナポレオンズ結成秘話 相方・ボナ植木の女性アシスタント候補に会い…「僕のほうがマシ」”. 夕刊フジ. 産経新聞社 (2021年11月3日). 2021年11月6日閲覧。
  23. ^ 人生を、マジックを、今こそものがたるのだ”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2019年9月22日). 2021年11月4日閲覧。
  24. ^ 第16回 「マジシャンはダマされやすい? PART2」”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2000年12月16日). 2021年11月4日閲覧。
  25. ^ 痛みを越えて”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2013年11月3日). 2021年11月4日閲覧。
  26. ^ a b 新ネタ!”. ライフ・イズ・マジック. ほぼ日刊イトイ新聞 (2009年6月7日). 2021年11月4日閲覧。
  27. ^ a b 続・新ネタ!”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2009年6月21日). 2021年11月4日閲覧。
  28. ^ 続・古い日記”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2009年7月12日). 2021年11月4日閲覧。
  29. ^ マジック・ハーレム”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2008年10月19日). 2021年11月4日閲覧。
  30. ^ 富士山と一緒”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2002年10月28日). 2021年11月4日閲覧。
  31. ^ しゃべるマジシャンの悩み”. ライフ・イズ・マジック 種ありの人生と、種なしの人生と。. ほぼ日刊イトイ新聞 (2010年5月16日). 2021年11月4日閲覧。
  32. ^ 文化庁芸術祭 平成15年(第58回)芸術祭賞一覧
  33. ^ 日本クロースアップマジシャンズ協会 JAPAN CUP 2005
  34. ^ a b 「笑点」ナポレオンズ・パルト小石さん追悼 歴代最多出演「大いに盛り上げてくれました」冒頭08年VTR”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年11月7日). 2021年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]