パルテノペ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パルテノペ11 Parthenope symbol.svg
(パルテノーペ)
11 Parthenope
AnimatedOrbitOf11Parthenope.gif
パルテノペの軌道。青がパルテノペ、
赤が惑星(一番外側の赤は木星)、
黒が太陽。
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(パルテノペ族?)
発見
発見日 1850年5月11日
発見者 A. デ・ガスパリス
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 2.452 AU
近日点距離 (q) 2.208 AU
遠日点距離 (Q) 2.696 AU
離心率 (e) 0.100
公転周期 (P) 3.84 年
軌道傾斜角 (i) 4.63
近日点引数 (ω) 194.79 度
昇交点黄経 (Ω) 125.61 度
平均近点角 (M) 76.09 度
物理的性質
直径 153.33 km
質量 5.13 ×1018 kg
平均密度 2.72 g/cm3
表面重力 0.0578 m/s2
脱出速度 0.00941 km/s
自転周期 9.43 時間
スペクトル分類 S / Sk
絶対等級 (H) 6.55
アルベド(反射能) 0.1803
表面温度 ~174 K
色指数 (B-V) 0.837
色指数 (U-B) 0.417
■Project ■Template

パルテノペ (11 Parthenope) は、太陽系の大きく明るい小惑星のひとつであり、火星木星の間の小惑星帯を公転している。この小惑星はマグネシウムなどを含むケイ酸塩と、金属ニッケルや鉄から構成されていると推定されている。

命名[編集]

パルテノペは1850年、アンニーバレ・デ・ガスパリスによってイタリアナポリにおいて発見された。パルテノペはアテナイパルテノン神殿にも祭られていた、ギリシア神話における女神セイレーン)であり、ナポリができる前に存在した都市の名でもある。

その他[編集]

この小惑星のサイズなどは1987年2月13日に起きた掩蔽現象の観測などによって判明した。2004年6月には日本でも掩蔽が観測された。

古在由秀ら数人の研究者はパルテノペに代表される小惑星族が存在すると考えているが、その範囲についてははっきりしていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ヒギエア (小惑星)
小惑星
パルテノペ (小惑星)
次の小惑星:
ヴィクトリア (小惑星)