パリ条約 (1259年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パリ条約Traité de Paris)は、1259年イングランド王とフランス王の戦争を終結し、プランタジネット家のフランス内領土問題を解決した、ヘンリー3世ルイ9世の間の条約

イングランドでは国王であるヘンリー3世が、フランス王であるルイ9世に対して臣下の礼をつくす条件で、ガスコーニュアンジューの一部を領地とすることが認められた。また、すでにジョン王のとき失っていたフランスでの領土、チャネル諸島を除くノルマンディーメーヌアンジューアキテーヌポワトゥーの請求権をヘンリーが放棄した。一方ルイ9世は、紋章からイングランドを示すサポータをはずし、イングランド王家の相続権を放棄した。

現実にはイングランド王とフランス王は対等であったが、イングランド王はフランス諸侯であるアンジュー伯を兼ねているために(同君連合)、諸侯としてフランス王の臣下となった。のち、フランスのカペー朝が断絶した際には、母系を通じての継承権を主張し、百年戦争を引き起こす原因となった。なお、イングランド王家はフランス革命戦争期の1801年までフランス王を自称し続けた。

関連項目[編集]