パラツキー大学オロモウツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パラツキー大学オロモウツ(Palacký University Olomouc)
Univerzita Palackého v Olomouci
Palacky University Olomouc logo.png
ラテン語: Universitas Palackiana Olomucencis
種別 公立
設立年 1573年 (450年前) (1573)
予算 1,029,436,000 CZK (42,381,062 €)[1]
学長 Martin Procházka
教員数
4,022(2020年)
[2]
学生総数

21,824 (2020年)

16% 外国人 (2020年)[3]
所在地 チェコ共和国
オロモウツ
北緯49度35分42秒 東経17度15分33秒 / 北緯49.59508度 東経17.25914度 / 49.59508; 17.25914座標: 北緯49度35分42秒 東経17度15分33秒 / 北緯49.59508度 東経17.25914度 / 49.59508; 17.25914
スクールカラー    
コバルトブルーと金[4]
ヨーロッパ大学協会
公式サイト

http://www.upol.cz/en/

建築物詳細
Olomouc 8123.jpg
大学長棟
テンプレートを表示
テンプレートを表示
理学部の階段吹き抜け

パラツキー大学オロモウツチェコ語: Univerzita Palackého v Olomouciラテン語: Universitas Palackiana Olomucencis英語: Palacký University Olomouc)はモラヴィアにある最古の大学であり、プラハ・カレル大学に次いでチェコ共和国の二番目に古い大学英語版である。1946年まではオロモウツ大学という名称であった。1573年、当時モラヴィアの首都であり監督制の本拠であったオロモウツに、イエズス会の命によって公立大学として設立された。当初は神学だけが教授されていたが、すぐに、哲学、法学、そして医学が加わった。

ボヘミア王ヨーゼフ2世による1770年の改革以降、オロモウツ大学の国家主導的性格はますます増してゆき、現在では公立大学となっている。1848年の革命英語版の間、大学の学生と教授らは民主化に積極的な役割を果たした。1850年代に保守的な王フランツ・ヨーゼフ1世によって殆どの学部が閉鎖されたが、1946年2月21日に可決された暫定議会の法律によって再開された。この法律によって大学の名称が「オロモウツ大学」から「パラツキー大学オロモウツ」へと変更された。これは19世紀のモラヴィア人歴史家であり政治家であるフランティシェク・パラツキーに因む。

オロモウツの市街は中央ヨーロッパの中では学生の人口密度が最も大きく、人口10万人に対し、約25000人の学生(Moravian College Olomoucの学生を含む)が住んでいる(郊外にも同じくらい多くいる)。この大学で教授、勤務ないし学んだ特筆すべき人物としては、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイングレゴール・ヨハン・メンデルがいる。

歴史[編集]

First Rector Hurtado Pérez() (Mula, Spain 1526 – Olomouc 1594)

この大学はモラヴィアにおいて最古、ボヘミア王冠領において二番目に古い。

脚注[編集]

  1. ^ Skončilo rozpočtové provizorium. AS UP schválil rozpočet na rok 2010” (チェコ語). zurnal.upol.cz. 2010年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月23日閲覧。
  2. ^ Basic Information: Palacky University Olomouc”. Palacky University Olomouc. 2021年11月11日閲覧。
  3. ^ Universities: students by city / town of study; academic year 2007/08; 31 December 2007”. czso.cz. 2010年6月19日閲覧。
  4. ^ Směrnice rektorky UP č. B3-02/7:7 – Užívání znaku, loga a razidla Univerzity Palackého v Olomouci” (チェコ語). upol.cz. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月23日閲覧。