パモーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • パモンニャ
パモーニャ
Pamonhas

パモーニャの概要
種類 ダンプリング
発祥地 ブラジル
関連食文化 ブラジルの食文化
温度 温製
主な材料 トウモロコシ
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

パモーニャ (ポルトガル語: Pamonha) は、伝統的なブラジル料理である。ダンプリングの一種。トウモロコシでできた生地をトウモロコシの葉で包み、茹でて作る。ブラジルの6月祭フェスタジュニーナでは、トウモロコシ料理の一つとして振舞われる[1][2]。2017年には、国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN)で紹介された[3]

レシピ[編集]

一般的には、まずすりつぶしたトウモロコシ牛乳や砂糖・塩などを混ぜて生地を作り、その生地をトウモロコシの皮(地域によってはバナナの葉[4])で包んだ後、茹でて作る。ブラジル北東部では、牛乳の代わりにココナッツミルクが用いられる[4]

塩味のパモーニャ (pamonha de sal) と、甘いパモーニャ (pamonha de doce) とがある[5]

パモーニャを冷ました後に、砂糖水に溶かして飲むこともあり、この飲み物はgarapa de pamonhaと呼ばれている[4]

単語[編集]

パモーニャという名前は、トゥピ語英語版pa'muñãに由来する[6]

ブラジルでは、"pamonha"という言葉は、「怠け者」や「愚か者」という意味でも使われる[7]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広報ながはま2015年6月1日号pp.20-21 (PDF)”. 長浜市. 2017年6月8日閲覧。広報ながはま2015年6月に一覧。
  2. ^ 6月の風物詩、FESTA JUNINA(フェスタ・ジュニーナ)” (2007年6月20日). 2017年6月8日閲覧。
  3. ^ 「FOODEX2017」、ブラジルパビリオンでグルテンフリー食品や機能性食品、注目集める” (2017年3月10日). 2017年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c Pamonha”. 2017年6月8日閲覧。(ポルトガル語)
  5. ^ DO MILHO À PAMONHA (PDF)”. ブラジリア大学. 2017年6月8日閲覧。(ポルトガル語)
  6. ^ Figueiredo, Cândido de (1913) (ポルトガル語). Novo dicionàrio da língua portuguesa. Library of Alexandria. ISBN 9781465568298. https://books.google.co.jp/books?id=x1c0mi78WQoC&pg=PP1&dq=Novo+dicion%C3%A0rio+da+l%C3%ADngua+portuguesa&hl=ja&sa=X&redir_esc=y#v=onepage&q=Novo%20dicion%C3%A0rio%20da%20l%C3%ADngua%20portuguesa&f=false. 
  7. ^ 池上岑夫 『現代ポルトガル語辞典』 白水社、2014年、3訂版、1031頁。ISBN 978-4-560-00092-2

関連項目[編集]