パマリカン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パマリカン島
Pamalican map.jpg
クーヨー諸島における位置
地理
場所 スールー海
座標 北緯11度21分35秒 東経120度43分30秒 / 北緯11.35972度 東経120.72500度 / 11.35972; 120.72500座標: 北緯11度21分35秒 東経120度43分30秒 / 北緯11.35972度 東経120.72500度 / 11.35972; 120.72500
諸島 クーヨー諸島
地方 ミマロパ地方
パラワン州
テンプレートを表示

パマリカン島(パマリカンとう、Pamalican Island)はパラワン島パナイ島の間に存在するスールー海クーヨー諸島の島。フィリピンのパラワン州に属している。7km四方の珊瑚礁の真ん中辺りに存在し、長さ2.5km、幅500mほどの大きさである。

島はもともと裕福でない家族所有のプランテーションとして開拓された。その後、島はアンドレス・ソリアノ英語版が購入した。彼の子供は島内に行楽地の建設を決め、高級リゾートを確立するため運営件を貸し出した。島はソリアノの私有財産であり、7社のシーリゾートに属している。高級観光業者のアマンリゾートアマンプロ英語版として運営している。

島内への交通はマニラからドルニエ228-202Kが運行しており、これは顧客と貨物を島へ運んでいる。それぞれのバンガローには島内での自由な移動のために個人用のバギーがある。島周辺の雰囲気は人里離れて静かである。

天候 (1951-1985)
雨量(mm) 降雨日数 曇天日

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
年間

13.2
2.5
8.2
44.1
187.3
376.2
437.7
409.7
375.0
272.1
148.2
51.1
2329.3

2
1
1
3
13
20
22
21
20
17
9
4
133

5
5
4
4
6
7
7
8
7
6
6
6

ダイビングでは美しい珊瑚に加え、大きなウミガメやエイを見ることができる。北岸の「ウィンドサーフハット」でウィンドサーフィン向けにサーフボードやセイルボードが貸し出されている。浅く、波から守られた礁湖では簡単にウィンドサーフィンが可能で、特に11月から5月の北部モンスーンの時期には風が岸まで来るため良好である。

雇用者の40%は南隣のマナモック島から来ている。

世界の最もすばらしいアイランドリゾートの一つに選ばれている。

ギャラリー[編集]