パナテナイア祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パナテナイア祭[1]: Παναθήναια, Panathēnaia, パナテーナイア)とは、古代ギリシアアテナイで行われていた最大の祭典。「全(pan)アテナイの(athenaia)(祭り)」の意で[2]アクロポリスエレクテイオンに祀られたアテーナーに捧げられた祭典。語義的に分かりやすく弁別してパンアテナイア祭とも言う。

アッティカ暦ヘカトンバイオン月の 28日(グレゴリオ暦で7-8月ころ)前後4日に、豪華な行進(行列)、羊・牛などの犠牲式(供儀)、競技会などが行われ、刺繍された聖衣ペプロスが車輪のついた船の帆柱に掲げられて運ばれ、女神に奉献された。4年に1度の大パナテナイア祭と、毎年の小パナテナイア祭に分かれる。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]