パナソニック ネットワークサービシズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パナソニック ネットワークサービシズ株式会社
Panasonic Network Services Inc.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 PNS
本社所在地 日本の旗 日本
140-8587
東京都品川区東品川4-12-4
品川シーサイドパークタワー9階
設立 1999年9月1日
事業内容 ネットワークマーケティング事業
ネットワークサービス事業
サービスソリューション事業
代表者 代表取締役社長 村上俊夫(最後の代表取締役社長)
資本金 2億8,000万円
売上高 23億円(2009年3月期)
従業員数 82人(2009年4月1日現在)
決算期 3月末日
主要株主 パナソニック株式会社 100%
外部リンク http://panasonic.co.jp/pns/
テンプレートを表示
本社が入居する
品川シーサイドパークタワー(東京都品川区)
(※写真右側のビル)

パナソニック ネットワークサービシズ株式会社(英文社名:Panasonic Network Services Inc.、略称:PNS)は、東京都品川区に本社を置くパナソニックグループのネットワーク関連事業を手掛ける企業であった。

概要[編集]

主にアクトビラやパソコン・携帯電話向けの映像配信事業、携帯公式サイトの開発・運営、インターネット活用のマーケティングやコンサルティングなどを手がけている。またかつてはインターネットサービスプロバイダ「hi-ho」[1]や、家庭用カラオケ楽曲配信サービス「ゆめカラ」[2]の運営も行っていた。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)9月1日 - 設立
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 株式会社ハイホー ブロードバンドシステムズ、パナソニック デジタルネットワークサーブ株式会社、ホームインターゲート株式会社の3社を吸収合併
  • 2007年(平成19年)6月1日 - hi-ho事業を株式会社ハイホーに分割した上でインターネットイニシアティブに譲渡[1]
  • 2007年(平成19年)7月30日 - 本社を現在の東京都品川区へ移転[3]
  • 2008年(平成20年)10月1日 - アイ・マーケティングアドバンス株式会社を吸収合併[4]
  • 2008年(平成20年)10月17日 - カラオケ楽曲配信サービス「ゆめカラ」にて、顧客情報漏洩事故が発生[5]
  • 2010年(平成22年)4月1日 - カラオケ楽曲配信サービス「ゆめカラ」終了[2]
  • 2012年(平成24年)6月30日 - 解散
 url = http://panasonic.co.jp/pns/

事業内容[編集]

 サービス分野   サービス内容 
 映像サービス・ソリューション   デジタルテレビ向け映像配信ソリューション 
 PC・携帯電話向け映像配信・制作ソリューション 
 モバイルサービス・ソリューション   モバイルサイト構築・運用支援 
 携帯公式サイト 
 みえますねっと  ホームネットワークカメラサービス 
 トータルマーケティング・ソリューション   マーケティングコンサルティング事業 
 マーケティングリサーチ事業 
 マーケティングコミュニケーション事業 
 マーケティングコンサルティング事業 

顧客情報漏洩事故[編集]

2008年(平成20年)10月22日、同年10月17日にカラオケ楽曲配信サービス「ゆめカラ」のサービス提供において、カスタマーサポート部門の作業ミスが原因で37件の顧客の個人情報が漏洩したことを公表した。その後、2次被害の報告などはされていない[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b パナソニック株式会社 (2007年3月29日). “IIJとパナソニック ネットワークサービシズ(株)、ISP関連事業の譲渡で合意”. 2010年1月7日閲覧。
  2. ^ a b パナソニック ネットワークサービシズ株式会社 (2010年4月1日). “ゆめカラサービスは、終了いたしました。”. 2010年8月3日閲覧。
  3. ^ パナソニック ネットワークサービシズ株式会社 (2007年7月20日). “移転のお知らせ”. 2010年1月7日閲覧。
  4. ^ パナソニック株式会社 (2008年8月22日). “新「パナソニック ネットワークサービシズ(株)」が発足”. 2010年1月7日閲覧。
  5. ^ a b パナソニック ネットワークサービシズ株式会社 (2008年10月22日). “個人情報漏洩のお詫び(PDF)”. 2010年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]