パドマーワト 女神の誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パドマーワト 女神の誕生
Padmaavat
Chittorgarh fort.JPG
舞台となったチットールガル城
監督 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
脚本 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
プラカーシュ・カパディア
原作パドマーワト英語版
マリク・ムハンマド・ジャーヤシー英語版[1]
製作 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
スダンシュ・ヴァッツ
アジート・アンダーレ英語版
出演者 ディーピカー・パードゥコーン
シャーヒド・カプール
ランヴィール・シン
音楽 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
サンチット・バルハラ英語版
撮影 スディープ・チャテルジー英語版
編集 ジャヤント・ジャダール
サンジャイ・リーラー・バンサーリー
アキーヴ・アリ英語版
製作会社 バンサーリー・プロダクション
ヴァイアコム18モーション・ピクチャーズ
配給 インドの旗 ヴァイアコム18モーション・ピクチャーズ
日本の旗 SPACEBOX
世界の旗 パラマウント映画
公開 インドの旗 2018年1月25日[2]
日本の旗 2019年6月7日[3]
上映時間 163分[4]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
ウルドゥー語
製作費 ₹2,510,000,000[5]
興行収入 ₹5,850,000,000[6]
テンプレートを表示

パドマーワト 女神の誕生』(パドマーワト めがみのたんじょう、原題:Padmaavat)は、2018年に公開されたインド叙事詩的映画マリク・ムハンマド・ジャーヤシー英語版の叙事詩『パドマーワト英語版』を原作としており、サンジャイ・リーラー・バンサーリーが監督・製作・脚本を務め、ディーピカー・パードゥコーンシャーヒド・カプールランヴィール・シンが主演を務め、アディティ・ラーオ・ハイダリー英語版ジム・サルブラザー・ムラードアヌプリヤー・ゴーエンカーが共演している[1][7]

当時のインド映画史上最高額である21億5,000万ルピーの製作費が投じられ[8][9][5]、2017年12月1日公開予定だった本作は劇中の描写が大きな論争を巻き起こしたため、公開が延期された。最終的に中央映画認証委員会は複数の免責事項の追加やタイトルの変更などを指示したものの、内容の大半は変更されずに公開が承認された[10][11]。本作は2018年1月25日に2D、3D、IMAX 3Dで公開され、IMAX 3Dで上映された最初のインド映画となった[12]

批評家からは映像美や撮影技法、ランヴィールの演技が高く評価された一方で、脚本や上映時間、逆進的な家父長制への固執は酷評された[13]。また、アラーウッディーン・ハルジーの「悪のイスラム王」、ラタン・シンの「正義のヒンドゥー王」というステレオタイプな描写も批判の対象となった[14][15][16][17][18][19][20]。インドの一部の州では上映禁止となったものの、興行収入は58億5,000万ルピーを記録しており、インド映画史上最も興行的に成功した映画の一つとなった[21][22]第64回フィルムフェア賞英語版では18の賞にノミネートされ、2つの賞を受賞している[23]

あらすじ[編集]

アフガニスタンのハルジー族の族長ジャラールッディーンは、甥アラーウッディーンが娘メフルニサを妻に迎えることを許し、盛大な宴が開かれた。しかし、アラーウッディーンはメフルニサを放置して他の女性と密通し、その現場を目撃したジャラールッディーンの側近を殺してしまう。侍女から事実を聞かされたメフルニサは、アラーウッディーンの凶行に恐怖する。同じころ、スリランカのシンガール王国の王女パドマーワティは狩りの途中、同国を訪れていたメーワール王国の王ラタン・シンを誤って射てしまう。傷の手当てをする中で2人は恋に落ち、ラタン・シンはパドマーワティを妃に迎える。一方、奴隷王朝を倒してハルジー朝を興したジャラールッディーンは、モンゴル軍の侵攻に対処するためアラーウッディーンを派遣する。アラーウッディーンはモンゴル軍を撃破するが、ジャラールッディーンの許しを得ないままヤーダヴァ朝のデーヴァギリを攻略する。ジャラールッディーンはアラーウッディーンの元を訪れ、褒美として奴隷カーフールを与える。しかし、アラーウッディーンはカーフールにジャラールッディーンの大臣を殺させ、ジャラールッディーンも暗殺してスルターンの座を奪い取ってしまう。

メーワール王国に迎えられたパドマーワティは人々からの尊敬を集め、ラタン・シンが慕う王宮司祭チェータンからも祝福される。しかし、チェータンは2人の睦み合う姿を覗き見たため、パドマーワティの意見を受け入れたラタン・シンによって国外追放を言い渡される。チェータンはメーワール王国への復讐を誓い、国外へ退去する。彼はデリーへ向かいアラーウッディーンに取り入り、パドマーワティの美貌を伝え、彼にメーワール王国への侵攻をけしかける。アラーウッディーンは自身の保護下に入ることを拒否したことを理由にメーワール王都チットールガル城英語版に侵攻するが、堅牢な城塞に阻まれたアラーウッディーンは半年の間攻略することができず、和睦を偽装して単身チットールガル城に乗り込む。パドマーワティとの面会を求めたアラーウッディーンはラタン・シンの逆鱗に触れてしまうが、パドマーワティはアラーウッディーンと会うことを承諾する。しかし、パドマーワティが姿を見せた一瞬だけで、アラーウッディーンは彼女の顔を見ることはできなかった。

アラーウッディーンは返礼として自身の陣営にラタン・シンを招くが、そこで彼を捕縛してデリーに連行する。デリーに来るように告げられたパドマーワティは「800人の侍女を同行させること」「チェータンの首をチットールガル城に送ること」などを条件に出し、承諾したアラーウッディーンはチェータンを処刑する。パドマーワティがデリーに向けて出立したことを聞いたアラーウッディーンは喜ぶが、直後に甥イタートによる暗殺未遂に見舞われる。負傷したものの暗殺を免れたアラーウッディーンは、自らの手でイタートを粛清する。デリーの王宮に到着したパドマーワティはラタン・シンと再会し、メフルニサの助けを借りて王宮から脱出する。侍女に扮したゴーラー、バーダルたちラージプート兵は2人を脱出させるためハルジー軍を迎え撃ち全滅し、脱出を手助けしたメフルニサは幽閉される。

アラーウッディーンは全軍を引き連れて再びチットールガル城に侵攻し、ラタン・シンは迎撃の準備を進める。最期の戦いに挑む彼に対し、パドマーワティはジョーハル(尊厳殉死)の許可を求める。圧倒的な兵力で侵攻するハルジー軍に対し、ラタン・シンはアラーウッディーンに一騎打ちを挑み彼を追い詰めるが、背後からカーフールたち弓兵に襲われて戦死する。アラーウッディーンは全軍を率いてチットールガル城を滅ぼしてパドマーワティを手に入れようとするが、彼女は第一王妃ナグマティや侍女たちと共にラージプートの名誉を守るためジョーハルを決断する。パドマーワティを手に入れようと迫るアラーウッディーンの眼前で門が閉じられ、パドマーワティは炎の中に身を投じる。

キャスト[編集]

ディーピカー・パードゥコーン
シャーヒド・カプール
ランヴィール・シン

製作[編集]

企画[編集]

『パドマーワト』の写本

本作はマリク・ムハンマド・ジャーヤシー英語版の叙事詩『パドマーワト英語版』の翻案作品であり[1]サンジャイ・リーラー・バンサーリーは映画化の構想を10年間練っていた[34]。バンサーリーが初めて『パドマーワト』の翻案作品に関わったのは、1988年に製作されたシャーム・ベネガル英語版のテレビシリーズ『Bharat Ek Khoj』の1エピソードであり、このエピソードではオム・プリがアラーウッディーンを演じた[35]。2008年にはパリでオペラ『パドマーワティ英語版』をプロデュースし、このころから映画化の構想を練り始めた[34]。彼は構想を練るに当たり、クシローデ・プラサード・ヴィディヤヴィノード英語版アバニンドラナート・タゴール英語版ベンガル文学英語版作品[36]タミル語映画Chitor Rani Padmini[37][38]ヒンディー語映画『Maharani Padmini』[36]など過去に製作された翻案作品からインスピレーションを得ている。

2016年7月からプリプロダクションが始まり、同月にシュレヤ・ゴシャルがバンサーリーが映画のために作曲した曲を歌うことを公表した[39]。多くのメディアは過去のバンサーリー作品『銃弾の饗宴 ラームとリーラ英語版』『Bajirao Mastani』で主演を務めたランヴィール・シンディーピカー・パードゥコーンが主演に起用されるだろうと予測した。同年10月、バンサーリーはヴァイアコム18モーション・ピクチャーズと共同で映画を製作し、ランヴィールとディーピカー、シャーヒド・カプールが主演を務めることを公表した[40]

公開が延期されたことで製作費が予定よりも多くなり、最終的な製作費は21億5,000万ルピーとなった。これは当時のインドで最も高額な製作費であり、同国で最も高額な製作費が投じられた作品の一つとなった[9][5]

キャスティング[編集]

アディティ・ラーオ・ハイダリー
アヌプリヤー・ゴーエンカー
ジム・サルブ
ラザー・ムラード

『パドマーワト 女神の誕生』はバンサーリー、ランヴィール、ディーピカーの3度目のコラボレーション作品であり、シャーヒドにとっては初のバンサーリー作品への出演となった[41]。『Bajirao Mastani』でヒロインの一人を演じたプリヤンカー・チョープラーの起用が検討されていたが、彼女は同時に企画されている別のバンサーリー作品に出演する可能性が高いと報じられている[42]。ラタン・シン役としてシャー・ルク・カーンもオファーを受けていたが、彼が通常の2倍の出演料を要求したため交渉は不首尾に終わった。報道によると、シャー・ルクは複数の企画に参加中で多忙だったため、オファーを断る口実として高額な出演料を要求したという[43]。彼に代わりラタン・シン役にはシャーヒドが起用され[44]、彼は役作りのためトレーナーのサーミル・ジャウラの指導で40日間の食事制限を行った。また、剣術と槍術を掛け合わせた伝統武術マルダニ・ケール英語版の基本を学び、この経験は彼のキャリアの中で最も肉体的・感情的な挑戦だったと語っている[45]

ランヴィールはキャリアの中で初の悪役となるアラーウッディーン役を演じている[46]。バンサーリーは歴史上の暗黒の支配者の精神を理解させるため、ランヴィールにアドルフ・ヒトラーなどの独裁者・暴君に関する書籍を渡して読むように指示し、またアラーウッディーンを演じるために『パドマーワト 女神の誕生』以前に演じた役を忘れ去るように伝えた[47]。彼はムスタファ・アーメドの指導の下で役作りを行い、1日2回のトレーニングを週6日間のペースで行った[48]。報道によると、ランヴィールは役作りの影響で人格や日々の行動に深刻な影響が出たため、正常な人格に戻るために精神科の治療を受けたという[49]

アラーウッディーンの妃メフルニサ役の起用については、ジャヤー・バッチャン英語版の推薦でアディティ・ラーオ・ハイダリー英語版が候補に挙がり[50][25][51]、バンサーリーは他の4人の候補者よりも上位に彼女を位置付けた[52]。彼女は候補者の中で唯一王族の血を引く家系の出身だった[53]ラザー・ムラードハルジー朝の開祖ジャラールッディーン・ハルジー役に起用された[54]ジム・サルブはアラーウッディーンの宦官として知られるマリク・カーフール役に起用され、役作りのために乗馬を学んだ[55][56]

2017年10月25日、「グーマル英語版」の映像が公開され、映像の中に女王の衣装に身を包んだ女性の姿が映し出された。後にバンサーリー・プロダクションの公式Twitterで、映像に登場した女性はアヌプリヤー・ゴーエンカーが演じるナグマティ英語版であることが公表された[57]

衣装デザイン[編集]

パドマーワティ
アラーウッディーン・ハルジー

デリーを拠点に活動する衣装デザイナーのリンプルとハルプリート・ナルラはパドマーワティの衣装作成に際し、ラージャスターン州の宮殿の格子窓をデザインした伝統的な刺繍ゴーター英語版を使用しており、オードニー(ショール)はメーワールで現在も行われている伝統的なスタイルで作成されている。撮影のために用意されたジュエリーは、400キログラムの金を200人の職人が600日間かけて加工したものである[58]。映画のラストシーンでディーピカーが着ている衣装は生命の樹をモチーフとし、ねじれたゴーターを特徴としたデザインを施しており、木版印刷されたコータ・ドゥパッタ英語版を身に付けている。パドマーワティはスリランカからインドに渡ってきたことから、ディーピカーの衣装はシンハラ人の文化の影響を受けている[59]

シャーヒドの衣装はマルマルコットン(インド綿ローン)で作られており、特にターバンは入念にデザインされた。作られたターバンの一つはロンドンヴィクトリア&アルバート博物館にあるターバンからインスピレーションを得て、28種類のレヘリア英語版が施されている[60]。ランヴィールの衣装はトルコ=ペルシア英語版インド装束への影響英語版について書かれた旅人の記録に基づいて作られている[60][61]。アディティの衣装は、彼女が演じるメフルニサがテュルク系民族であることからトルコアフガニスタンモンゴルオスマン帝国の文化要素が取り入れられている[62]。ランヴィールとアディティの衣装を作る際には、アフガニスタン、カイバル・パクトゥンクワ州カザフスタンなど中央アジアの広範囲に渡る装束について調査が行われた[62][63]

「グーマル」のシーンでディーピカーが身に付けている衣装はタニシュク英語版がデザインしており、ラージャスターン人女性が身に付ける伝統的な3種類の装飾品を身に付けている[64]。ラタン・シンとアラーウッディーンの衣装は「The V Renaissance」のアマールとハルシェーン・アローラがデザインしており、2人の甲冑はボイルドレザー英語版、彫刻術、象嵌などの歴史的な技法を用いて作られている[65]。この甲冑は40人の技術者が8か月間かけて製作している[66]

サウンドトラック[編集]

映画音楽の作曲はサンチット・バルハラ英語版、歌の作曲はバンサーリーが手掛け、A・M・トゥラズ英語版とシッダールト=ガリマが作詞している。パドマーワティがチットールガル城英語版で伝統的なラージャスターン・フォークダンスを踊るシーンで流れる曲「Ghoomar」は、2017年10月25日にリリースされた[67][68][69]。11月11日にリリースされた「Ek Dil, Ek Jaan」は、ディーピカーとシャーヒドをフューチャーした曲となっている[70]。完全なサウンドトラックは2018年1月21日にTシリーズからリリースされた[71][72]

公開[編集]

上映を巡る問題[編集]

上映反対派の襲撃を警戒した上映館では『パドマーワト 女神の誕生』の看板は掲示されなかった。

撮影中、映画について「ラージプートとヒンドゥー教を侮辱する内容」であり、「パドマーワティとアラーウッディーンのロマンスが描かれている」という噂が流れた[73]。これに対し、シュリ・ラージプート・カルニ・セナ英語版を始めとする複数のカースト団体は、「ラージプートとパドマーワティの名誉を汚している」として抗議活動を行った[74][75]。これらのカースト団体の中でもシュリ・ラージプート・カルニ・セナは過激な行動を強めていった[76]。2017年10月夜にコールハープルマサイ・プラテアウ英語版での撮影中に撮影セットが襲撃・放火され、撮影用の動物が傷付けられ複数の衣装が破壊される事件が発生している[77]。また、複数のイスラム指導者はアラーウッディーンの描写が誤っているとして映画の上映中止を要求した[78][79]。公開直前の数日間にわたりインドの複数の地域で上映中止を求める暴動が発生しており[80][81]ハリヤーナー州では暴徒がスクールバスなどの自動車を破壊した[82][83]

暴徒の矛先は監督のバンサーリー、主演のディーピカーにも向けられた[84][85][86]。これに対してインド映画テレビ監督協会、映画テレビ・アーティスト協会、西インド撮影監督協会、映画テレビ美術監督・衣装デザイナー協会などの業界団体が支援を表明した[87][88][89]。一方、インドの主要政党は全て反対の立場をとり、インド人民党の指導部は上映中止を求め、インド国民会議のラージャスターン州支部も上映中止を求める声明を発表した[90][91]

本作の上映を巡る騒動は、インドにおける検閲英語版表現の自由英語版の議論を巻き起こした[92][93]。この問題に関し、インド最高裁判所は上映中止を求める請願を言論・表現の自由を理由に却下している[94][95]

上映状況[編集]

公開当日のデリー周辺では警官隊と準軍事組織が主要上映館の警備に当たった[96][97][98]

本作のデジタル・ストリーミング権Amazonプライム・ビデオが2億から2億5,000万ルピーで購入した[99]。10月にパラマウント映画が海外配給権をヴァイアコム18から購入しており[100]、3D版はプライム・フォーカスが購入している[101]。当初の公開日は2017年12月1日の予定だったが、上映に反対する抗議運動が起きたため延期された[102]

アラブ首長国連邦では2017年11月30日、イギリスでは12月1日に公開される予定だったが、映画製作者たちは中央映画認証委員会の許可が下りるまでは海外では上映できないと述べている[103][104][105]。同委員会は12月末に上映を許可したものの、免責事項の追加やタイトルを「Padmavati」から「Padmaavat」に変更することを含む5つの修正案を提示した[10][11]。タイトルの変更は、映画が歴史ドラマではなく、あくまでマリク・ムハンマド・ジャーヤシーが著した『パドマーワト』の映画化であることを示す意図があった[106]。同委員会はU/Aの許可を出したものの、ラージャスターン州、グジャラート州マディヤ・プラデーシュ州、ハリヤーナー州では「法と秩序」の維持と暴動を回避するため、州首相の指示で上映が禁止された[107][108]。これに対し、インド最高裁判所は「言論の自由は保証されるべきであり、各州では問題なく映画が上映されるべきである」として4州政府の決定を無効とした[109][110][111]

マレーシアではイスラム支配者が否定的に描写されていることを理由に、2018年1月30日に内務省によって上映が禁止された[112][113]全英映像等級審査機構は12Aに区分し、ノーカットでの上映を許可した[114]。日本では2019年6月7日に公開された[115]

評価[編集]

興行収入[編集]

本作の興行成績は、複数の州で上映が禁止されたことや各地で上映に反対する暴動が発生していたことから事前予測が困難な状況だった[116]。上映されたのはインド全域の70%の地域のみだったものの[117]、水曜日の有料試写会では5,000万ルピーの収益を上げている[118]。翌日には4,800スクリーンで上映が開始され、そのうち500スクリーン以上がタミル語テルグ語吹替版での上映だった[119][120]。公開初日の純利益は推定1億9,000万ルピーとされており、これは大きな州で上映が禁止されているにも関わらず「堂々たる結果」と考えられており、ランヴィールとバンサーリー、シャーヒドにとっては歴代最高記録となり、ディーピカーにとっては『Happy New Year』『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜英語版』『若さは向こう見ず』に次ぐ歴代4位の記録となった[121][122][123][124]。金曜日の共和国記念日には3億2,000万ルピーの興行収入を記録しており[125]、土曜日には2億7,000万ルピーの興行収入を記録した[126][127]。日曜日までの公開初週末で累計興行収入は11億4,000万ルピーを記録し、公開4日目で100カロール・クラブ入りを果たした14番目の映画作品となった[128][129]。さらにIMAX上映でも12スクリーンで46万1,000ドルの収益を上げ、歴代記録を更新した[130]タラン・アダルシュは上映地域が制限されていたため、公開初週末の興行収入は3億5,000万ルピーから3億7,000万ルピーの損失が出ていると指摘している[131]

オーストラリアでは36万7,984ドルの興行収入を記録し、『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』(ヒンディー語吹替版)を抜き歴代最高記録を更新した[116][132]。同国で興行的な成功を収めた理由として、海外配給を担当するパラマウント映画が同国内の大手劇場チェーン(ホイズ英語版イベント・シネマズ英語版ヴィレッジ・シネマズ英語版)全てで配給できたことが挙げられる(他のボリウッド映画は通常3社中2社のみでしか配給できない)[133]アメリカ合衆国カナダでは公開初日の金曜日に113万ドルの興行収入を記録しており、土曜日には180万ドルの収益を上げ、ヒンディー語映画の単日興行記録は『PK』の141万ドルを超えて最高記録を更新した[134][135]。インド映画の最高記録は『バーフバリ 王の凱旋』だが、同作の記録は3言語版(テルグ語、タミル語、ヒンディー語)の合計となっている[136]。公開週末の累計興行収入は420万ドルを記録し、324劇場から平均1万3,188ドルの収益を上げた[137][130]

2018年2月6日時点の興行収入は40億ルピーを超えており、ボリウッド映画の歴代興行収入ランキングのトップ10入りを果たしている[138]。公開第4週末までの国内純利益は27億5,000万ルピーとなっており[21]、最終的な合計興行収入は58億5,000万ルピーを記録している[6]

批評[編集]

インド[編集]

サンジャイ・リーラー・バンサーリー

本作の評価は賛否両論となっている[139][140][141]。批評家はビジュアルやランヴィールの演技を賞賛したが、脚本や上映時間、「望ましくない」3D変換を批判した[13]。本作に関する論争が起きた後、「ラージプートの誇りへの最大の賛辞」と絶賛したアルナブ・ゴスワーミ英語版ラージャト・シャルマ英語版などの複数のジャーナリストのために、2017年11月に事前上映会が開催された[142][143]。ラージャトは特にランヴィールの演技を賞賛した[144]

ボリウッド・ハンガマのタラン・アダルシュは4.5/5の星を与え、「全体的に見て、『パドマーワト 女神の誕生』は卓越したディレクション、魅力的な脚本、比類のない演技に裏付けられた素晴らしい映像体験です。バンサーリーにとって、それは見事なフィルモグラフィの中でも最高のタイトルになっています」と批評している[145]ザ・タイムズ・オブ・インディアのネイル・ソーンズは4/5の星を与え、「豪華さと壮大さを高める監督のノウハウは広く知られており、さらに3Dで識別できる。撮影監督のスディープ・チャテルジーは驚嘆するような風景を撮影することによって、彼を賞賛した」と批評している[146]フィルムフェアのラチット・グプタは3.5/5の星を与え、「『パドマーワト 女神の誕生』の本当の驚きは、その製作とプレゼンテーションにあります。この映画には素晴らしいプロダクションデザイン、衣装、カメラワークがあります。ディスプレイ上の技術的な技巧には度肝を抜かれます」と批評している[147]CNNニュース18英語版ラジーヴ・マサンドは3.5/5の星を与え、ランヴィールの演技を賞賛した[148]

ムンバイ・ミラー英語版のクナル・グハは3.5/5の星を与えたが、ディーピカーとシャーヒドの演技を酷評した[149]インディア・トゥデイ英語版のスシャント・メータは3.5/5の星を与えたが、ディーピカーとシャーヒドの演技を「平凡なもの」、ランヴィールの演技を「説得力に欠ける」と酷評している[150]インディアン・エクスプレス英語版のシュブラ・グプタは2.5/5の星を与え、「『パドマーワト 女神の誕生』は華々しく見えるが、誰もバンサーリーのような光景を見ることはできない。上手くいっている間は、それを見て喜ぶことができるが、3時間近い時間、そしてラージプートの英雄的勇敢さを構成するレトリックの繰り返しにはウンザリさせられる」と批評している[151]デカン・クロニクル英語版のマユール・サナプは2.5/5の星を与え、上映時間の長さを批判した[152]。また、サパルナ・シャルマも2.5/5の星を与え、「『パドマーワト 女神の誕生』は不快なほどの排外主義、露骨なほどの右翼主義、そして臆面もなく反イスラム主義を押し出している」と酷評している[20]

NDTV Indiaのラジャ・センは1.5/5の星を与え、「確かに、映画のキャラクターたちは時折魅力的に映ることがあるが、主人公たちは支離滅裂で不快感を抱かせ、私たちの忍耐力を試してくる」と酷評している[153]Rediff.comは1.5/5の星を与え、映画を「表面的」と表現している[154]ザ・ヒンドゥー英語版ナムラータ・ジョーシー英語版は、映画を「欠伸の祭典」「完全な退屈の終わることのない空間」と表現しており、3D版についても否定的な評価を下している[155]ファーストポストアンナ・M・M・ヴェティカド英語版は1/5の星を与え、「『パドマーワト 女神の誕生』は極端な偏見を仰々しく、安っぽいクリシェで覆い隠したヒンディー語映画の完璧な見本です」と酷評している[16]

海外[編集]

Rotten Tomatoesには20件のレビューが寄せられ支持率70%、平均評価6.5/10となっている[156]

ガーディアンのマイク・マカヒルは4/5の星を与え、「目を引くのは豪華さではなく、適用された精密さです」と批評している[157]。シルパ・ジャムカンディカーはロイターに混合的なレビューを書き、物語については「しかし、絢爛な歴史ロマンスの中でさえ感情的な深みを見付けることができた初期のバンサーリー作品とは異なり、この映画は不十分なものでした」と批評したが、ランヴィールの演技は高く評価している[158]。ガルフ・ニュースのマンジューシャ・ラーダクリシュナンは、他のバンサーリー作品と比べて品質が劣ると批評しており[159]Dawnのサダフ・ハイダーは映画を「欠陥のある歴史の講義」と指摘したものの、ビジュアルや音楽、俳優の演技は高く評価している[160]エクスプレス・トリビューン英語版のラフール・アイジャズは4.5/5の星を与え、「完璧な物語」と「記憶に残る演技」によって「誤った期待を作り失望させることがなかった」と批評している[161]。パキスタンの批評家ハールーン・ハーリドは、アラーウッディーンの「悪のイスラム王」、ラタン・シンの「正義のヒンドゥー王」というステレオタイプの描写を批判している[162]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
アジアヴィジョン・アワード英語版 最優秀主演男優賞 ランヴィール・シン 受賞 [163]
最優秀悪役賞 ジム・サルブ
ダーダーサーハバ・パールケー・エクセレンス賞 最優秀主演男優賞 シャーヒド・カプール [164][165][166]
最優秀主演男優賞(一般選考) ランヴィール・シン
第66回ナショナル・フィルム・アワード英語版 最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 アリジート・シン英語版「Binte Dil」 [167]
最優秀音楽監督賞(サウンドトラック)英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀振付賞英語版 クルティ・マヘーシュ・マディヤ、ジョーティ・トマール
第64回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 パドマーワト 女神の誕生 ノミネート [168][169]
最優秀監督賞英語版 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀音楽監督賞英語版 受賞
最優秀主演男優賞英語版 ランヴィール・シン ノミネート
最優秀主演男優賞(批評家選考)英語版 受賞
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン ノミネート
最優秀助演男優賞英語版 ジム・サルブ
最優秀作詞家賞英語版 A・M・トゥラズ「Binte Dil」
最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版 アリジート・シン「Binte Dil」
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 シュレヤ・ゴシャル「グーマル」 受賞
最優秀振付賞英語版 クルティ・マヘーシュ・マディヤ、ジョーティ・トマール「グーマル」
ガネーシュ・アーチャールヤ英語版「カリーバリー」 ノミネート
最優秀撮影監督賞英語版 スディープ・チャテルジー英語版
最優秀美術監督賞英語版 サブラータ・チャクラボルティー、アミット・レイ
最優秀サウンドデザイン賞英語版 ビシュディープ・チャテルジー
最優秀衣装デザイン賞英語版 アジャイ、マクシマ・バース、ハルプリート・リンプル、チャンドラカント・ソナワーン
最優秀特殊効果賞英語版 NY VFXwaala
最優秀アクション賞英語版 シャーム・コウシャル
HELLO! Hall of Fame Awards 最優秀主演男優賞(批評家選考) シャーヒド・カプール 受賞 [170]
エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー(女優部門) ディーピカー・パードゥコーン
エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー(男優部門) ランヴィール・シン
インディアン・フィルム・フェスティバル・メルボルン 最優秀作品賞 パドマーワト 女神の誕生 ノミネート [171]
最優秀監督賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀主演女優賞 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀主演男優賞 ランヴィール・シン
シャーヒド・カプール
第11回ミルチ・ミュージック・アワード英語版 ソング・オブ・ザ・イヤー 「グーマル」 受賞 [172][173]
「カーリバーリー」 ノミネート
アルバム・オブ・ザ・イヤー パドマーワト 女神の誕生 受賞
男性歌手オブ・ザ・イヤー シヴァン・パタック「Ek Dil Ek Jaan」
シャイル・ハダ英語版、シヴァン・パタック「カーリバーリー」 ノミネート
アリジット・シン「Binte Dil」
女性歌手オブ・ザ・イヤー シュレヤ・ゴシャル「グーマル」 受賞
ニーティ・モハン英語版「Nainowale Ne」 ノミネート
作曲家オブ・ザ・イヤー サンジャイ・リーラー・バンサーリー「Ek Dil Ek Jaan」 受賞
サンジャイ・リーラー・バンサーリー「カーリバーリー」 ノミネート
サンジャイ・リーラー・バンサーリー「Binte Dil」
作詞家オブ・ザ・イヤー A・M・トゥラズ「Ek Dil Ek Jaan」
Raag-Inspired Song of the Year 「Ek Dil Ek Jaan」 受賞
「Ghoomar」 ノミネート
Best Song Producer (Programming & Arranging) シャイル=プリテーシュ「カーリバーリー」
ジャッキー・ヴァンジャーリー英語版「Binte Dil」
Best Song Engineer (Recording & Mixing) タナイ・ガジャール英語版、ラフール・シャルマ「グーマル」 受賞
タナイ・ガジャール「Ek Dil Ek Jaan」 ノミネート
タナイ・ガジャール「Binte Dil」
最優秀バックグラウンドスコア賞 サンチット・バルハラ英語版、アンキット・バルハラ 受賞
Listeners' Choice Album of the Year パドマーワト 女神の誕生 ノミネート
スター・スクリーン・アワード 最優秀主演男優賞英語版 ランヴィール・シン 受賞 [174]
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 シュレヤ・ゴシャル
最優秀振付賞 クルティ・マヘーシュ・マディヤ、ジョーティ・トマール
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン ノミネート
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 パドマーワト 女神の誕生 [175][176]
最優秀主演男優賞英語版 ランヴィール・シン 受賞
最優秀主演女優賞英語版 ディーピカー・パードゥコーン
最優秀監督賞 サンジャイ・リーラー・バンサーリー
最優秀振付賞英語版 「グーマル」

出典[編集]

  1. ^ a b c “Padmavati trailer: Sanjay Leela Bhansali's new film looks grand, spellbinding and very expensive!”. Business Today. (2017年10月9日). オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107014354/http://www.businesstoday.in/trending/entertainment/padmavati-trailer-sanjay-leela-bhansali-shahid-kapur-deepika-padukone-ranveer-singh/story/261682.html 
  2. ^ 'Padmavati' to release as 'Padmaavat' on January 25” (2018年1月14日). 2019年4月26日閲覧。
  3. ^ 暴力的なまでの美しさ インドの超大作「パドマーワト」予告&場面写真一挙披露!”. 映画.com (2019年4月11日). 2019年4月26日閲覧。
  4. ^ Iyer, Sanyukta (2018年1月7日). “Sanjay Leela Bhansali's magnum opus Padmavat starring Deepika Padukone, Ranveer Singh and Shahid Kapoor to release on Jan 24 – Mumbai Mirror -”. Mumbai Mirror. https://mumbaimirror.indiatimes.com/mumbai/cover-story/padmavat-to-release-on-jan-25/articleshow/62398184.cms 2018年1月7日閲覧。 
  5. ^ a b c Padmaavat – Movie – Box Office India”. www.boxofficeindia.com. 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ a b “'Padmaavat' a very special film for Deepika, Ranveer and Shahid-Here's why” (英語). Zee News. (2018年3月16日). http://zeenews.india.com/bollywood/padmaavat-a-very-special-film-for-deepika-padukone-ranveer-singh-and-shahid-kapoor-heres-why-2090256.html 
  7. ^ “Bhansali, Viacom18 Motion Pictures join hands for 'Padmavati'”. The Times of India. オリジナルの2017年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170617062030/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Bhansali-Viacom18-Motion-Pictures-join-hands-for-Padmavati/articleshow/54781841.cms 2017年11月14日閲覧。 
  8. ^ Padmavati Being Aimed for a February Release – Box Office India”. www.boxofficeindia.com. 2017年12月8日閲覧。
  9. ^ a b Padmaavat – Where Does The CREDIT Go – Box Office India”. www.boxofficeindia.com. 2018年1月29日閲覧。
  10. ^ a b "Padmavati" Now "Padmavat", Cleared With 5 Changes Including A Song”. NDTV. 2017年12月30日閲覧。
  11. ^ a b Padmavati: Controversial film 'cleared by Indian censor board'” (2017年12月30日). 2019年4月11日閲覧。
  12. ^ Shruti, Shiksha (2018年1月11日). “Padmaavat Is Officially The Title of Deepika Padukone's Film Now. See Changed Name on Social Media”. NDTV. 2018年1月11日閲覧。
  13. ^ a b Betwa Sharma (2017年1月25日). “Padmavati Was Never A Role Model For These Rajput Women, And Now She's A Curse”. HuffPost India. 2017年1月25日閲覧。
  14. ^ Thakur, Tanul. “'Padmaavat' Is an Opulent Combination of Dazzling Technology and Regressive Values”. The Wire. https://thewire.in/216926/padmaavat-opulent-combination-dazzling-technology-regressive-values/ 2018年1月28日閲覧。 
  15. ^ Someshwar, Savera R. “Padmaavat review: Nothing new to offer”. Rediff. http://www.rediff.com/movies/report/padmaavat-review-nothing-new-to-offer/20180124.htm 2018年1月28日閲覧。 
  16. ^ a b Vetticad, Anna MM. “Padmaavat movie review: Bhansali couches regressive, opportunistic messaging in exhausting visual splendour- Entertainment News, Firstpost”. Firstpost. http://www.firstpost.com/entertainment/padmaavat-padmavati-padmavat-movie-review-bhansali-couches-regressive-opportunistic-messaging-in-exhausting-visual-splendour-4317153.html 2018年2月13日閲覧。 
  17. ^ Sharma, Betwa (2018年1月25日). “Padmavati Was Never A Role Model For These Rajput Women, And Now She's A Curse” (英語). Huffington Post India. http://www.huffingtonpost.in/2018/01/24/for-these-rajput-women-padmavati-is-now-a-curse_a_23342945/ 2018年1月28日閲覧。 
  18. ^ Chatterjee, Saibal (2018年1月26日). “"Padmaavat" Movie Review: Despite Deepika Padukone's Inspired Performance, Sanjay Leela Bhansali's Film Is A Slog”. NDTV.com. https://www.ndtv.com/entertainment/padmaavat-movie-review-deepika-padukone-is-to-die-for-in-sanjay-leela-bhansalis-tepid-film-1804438 2018年1月28日閲覧。 
  19. ^ Naqvi, Bobby (2018年1月28日). “Why 'Padmaavat' bothers me as an Indian Muslim”. GulfNews. http://gulfnews.com/opinion/thinkers/why-padmaavat-bothers-me-as-an-indian-muslim-1.2164257 2018年1月28日閲覧。 
  20. ^ a b Sharma, Suparna (2018年1月28日). “Padmaavat movie review: Bigotry, biases ki beauteous raas-leela” (英語). The Deccan Chronicle. http://www.deccanchronicle.com/entertainment/movie-reviews/280118/padmaavat-movie-review-bigotry-biases-ki-beauteous-raas-leela.html 2018年1月28日閲覧。 
  21. ^ a b “Padmaavat box office collection: Sanjay Leela Bhansali film mints Rs 525 crore worldwide”. The Indian Express. (2018年2月19日). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/box-office-collection/padmaavat-box-office-collection-5069970/ 2018年2月19日閲覧。 
  22. ^ Box Office: Worldwide collections and day wise break up of Padmaavat”. Bollywood Hungama. 2018年2月5日閲覧。
  23. ^ “Winners of the 64th Vimal Filmfare Awards 2019”. Filmfare. (2019年3月23日). https://www.filmfare.com/news/bollywood/all-winners-of-the-64th-vimal-filmfare-awards-2019_-33004-3.html 2019年3月23日閲覧。 
  24. ^ Shiksha, Shruti (2017年10月3日). “Padmavati: Presenting Ranveer Singh As Sultan Alauddin Khilji”. NDTV.com. オリジナルの2017年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171011052753/https://www.ndtv.com/entertainment/padmavati-presenting-ranveer-singh-as-sultan-alauddin-khilji-1757796 2017年11月13日閲覧。 
  25. ^ a b Aditi Rao Hydari (@aditiraohydari) • Instagram photos and videos” (英語). www.instagram.com. 2016年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月20日閲覧。
  26. ^ Kameshwari, A. (2017年11月20日). “Padmavati actor Aditi Rao Hydari slams BJP leader, says 'no difference between a gangster and political leader'”. The Indian Express. オリジナルの2017年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171120081931/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/padmavati-actor-aditi-rao-hydari-bjp-leader-sanjay-leela-bhansali-trolled-4945875/ 2017年11月20日閲覧。 
  27. ^ “Ranveer Singh to play bisexual in 'Padmavati' and this actor will be his love interest?” (英語). Zee News. (2017年9月20日). オリジナルの2017年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171113114230/http://zeenews.india.com/bollywood/ranveer-singh-to-play-bisexual-in-padmavati-2043961.html 2017年11月13日閲覧。 
  28. ^ Did you spot Jim Sarbh in the Padmavati trailer?”. www.zoomtv.com (2017年10月9日). 2017年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月13日閲覧。
  29. ^ Jain, Arushi (2017年10月4日). “Padmavati: Raza Murad shares his character poster, deletes it later”. The Indian Express. オリジナルの2017年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171014235525/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/padmavati-raza-murad-shares-his-character-poster-deletes-it-later-ranveer-singh-4873610/ 2017年10月14日閲覧。 
  30. ^ “Padmavati: Raza Murad shares (leaks) his look as Jalaluddin Khilji, deletes it later” (英語). The Hindustan Times. (2017年10月4日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111151952/http://www.hindustantimes.com/bollywood/padmavati-raza-murad-shares-leaks-his-look-as-jalaluddin-khilji-deletes-it-later/story-xi3nYIx8k2o3nLBbXBat9I.html 2017年11月12日閲覧。 
  31. ^ “Padmavati: This actress essays the role of Shahid Kapoor’s first wife” (英語). Zee News. オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107032734/http://zeenews.india.com/bollywood/padmavati-this-actress-essays-the-role-of-shahid-kapoor-s-first-wife-2052813.html 
  32. ^ Mehta, Ankita (2017年10月28日). “REVEALED: The Rani in Deepika Padukone's Ghoomar song is Shahid Kapoor's first wife in Padmavati” (英語). International Business Times, India Edition. オリジナルの2017年11月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171112132152/http://www.ibtimes.co.in/revealed-rani-deepika-padukones-ghoomar-song-shahid-kapoors-first-wife-padmavati-747337 2017年11月12日閲覧。 
  33. ^ Hungama, Bollywood (2018年7月25日). “From the valiant Gora Singh to a darker role here’s Ujjwal Chopra in Hungama’s Hankaar”. 2019年4月11日閲覧。
  34. ^ a b “10 facts you ought to know about Padmavati” (英語). Zee News. (2017年11月23日). http://zeenews.india.com/blogs/10-facts-you-ought-to-know-about-padmavati-2059476.html 2019年4月13日閲覧。 
  35. ^ Sanjay Bhansali Worked on a Version of 'Padmavati' Back in the 80s” (英語). The Quint. 2017年11月21日閲覧。
  36. ^ a b Padmavati has been a part of Indian theatre & cinema for 111 years, and nobody protested”. The Print (2017年11月20日). 2019年4月13日閲覧。
  37. ^ 9 Path Breaking Films of Shahid Kapoor That Changed The Face of Cinema”. Times Internet (2017年5月10日). 2017年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  38. ^ CBFC chief Prasoon Joshi: No comment on 'Padmavati'”. The Times of India (2017年11月24日). 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月13日閲覧。
  39. ^ “Shreya Ghoshal records the first song for Padmavati”. The Indian Express. (2016年7月11日). オリジナルの2016年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161011141739/http://indianexpress.com/article/music/shreya-ghoshal-records-the-first-song-for-padmavati-2907680/ 2016年10月10日閲覧。 
  40. ^ “It's official! Sanjay Leela Bhansali's Padmavati to release in 2017”. Firstpost. (2017年9月21日). オリジナルの2017年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170921144626/http://www.firstpost.com/entertainment/padmavati-first-look-deepika-padukone-cuts-an-authoritative-figure-film-to-release-on-1-december-4064757.html 2017年10月25日閲覧。 
  41. ^ Padmavati: Presenting Ranveer Singh As Sultan Alauddin Khilji”. 'NDTV' (2017年10月3日). 2017年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月27日閲覧。
  42. ^ Priyanka Chopra offered another Sanjay Leela Bhansali film?”. Deccan Chronicle. 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  43. ^ “Here is how Shah Rukh Khan rejected Sanjay Leela Bhansali's 'Padmavati'”. India TV. (2016年9月8日). オリジナルの2016年11月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161105234626/http://www.indiatvnews.com/entertainment/bollywood-shahrukh-khan-padmavati-fees-sanjay-leela-bhansali-347221 2017年11月20日閲覧。 
  44. ^ Insecure Shahid Kapoor DEMANDS a special trailer for Padmavati from Sanjay Leela Bhansali”. www.zoomtv.com (2017年10月18日). 2017年11月18日閲覧。
  45. ^ Sushmita Sengupta (2017年10月27日). “Padmavati: Shahid Kapoor's Diet, Workout, Fitness Regimen For His Role as Maharaja Rawal Ratan Singh”. 2017年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月27日閲覧。
  46. ^ Chaturvedi, Naina (2016年8月17日). “Ranveer Singh Is All Set To Play His First Real Negative Role” (英語). Huffington Post India. オリジナルの2017年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171123090630/http://www.huffingtonpost.in/2016/08/17/ranveer-singh-is-all-set-to-play-his-first-real-negative-role_a_21453282/ 2017年11月20日閲覧。 
  47. ^ “Ranveer Singh's prep for Khilji | Latest News & Updates at Daily News & Analysis”. DNA. (2016年10月26日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111211806/http://www.dnaindia.com/entertainment/report-ranveer-singh-s-prep-for-khilji-2267378 2017年11月11日閲覧。 
  48. ^ “Padmavati: Get in shape with Ranveer Singh’s insane Alauddin Khilji workout” (英語). The Hindustan Times. (2017年11月8日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111152758/http://www.hindustantimes.com/fitness/padmavati-get-in-shape-with-ranveer-singh-s-insane-alauddin-khilji-workout/story-wRiCiokrvXlHRyTrsHheWO.html 2017年11月11日閲覧。 
  49. ^ “Padmavati: How playing Alauddin Khilji negatively affected Ranveer Singh”. The Indian Express. (2017年9月29日). オリジナルの2017年10月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171008233609/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/how-playing-alauddin-khilji-in-padmavati-negatively-affected-ranveer-singh-4867379/ 2017年11月20日閲覧。 
  50. ^ Jha, Subhash K (2016年11月4日). “Jaya Bachchan recommended Aditi Rao Hydari for Padmavati” (英語). The Deccan Chronicle. オリジナルの2017年11月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171112132917/http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/041116/jaya-bachchan-recommended-aditi-rao-hydari-for-padmavati.html 2017年11月12日閲覧。 
  51. ^ Goswami, Parismita (2016年10月26日). “Padmavati: Aditi Rao to play Ranveer's first wife; Deepika and Shahid to shoot intimate scene?” (英語). International Business Times, India Edition. オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111204621/http://www.ibtimes.co.in/padmavati-aditi-rao-play-ranveers-first-wife-deepika-shahid-shoot-intimate-scene-701323 2017年11月11日閲覧。 
  52. ^ Jain, Arushi (2016年10月26日). “Padmavati: Will Aditi Rao Hydari romance Ranveer Singh?”. The Indian Express. http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/padmavati-will-aditi-rao-hydari-romance-ranveer-singh-3103726/ 2018年1月24日閲覧。 
  53. ^ “Aditi Rao Hydari is busy with Padmavati” (英語). The Deccan Chronicle. (2017年10月15日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111153426/http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/151017/aditi-rao-hydari-is-busy-with-padmavati.html 2017年11月11日閲覧。 
  54. ^ “Padmavati: Raza Murad shares (leaks) his look as Jalaluddin Khilji, deletes it later” (英語). The Hindustan Times. (2017年10月4日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111151952/http://www.hindustantimes.com/bollywood/padmavati-raza-murad-shares-leaks-his-look-as-jalaluddin-khilji-deletes-it-later/story-xi3nYIx8k2o3nLBbXBat9I.html 2017年11月11日閲覧。 
  55. ^ “Padmavati: Sorry Deepika, it’s not only you, Ranveer loves ‘Him’ too!” (英語). The Deccan Chronicle. (2017年9月20日). オリジナルの2017年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171001173739/http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/200917/padmavati-sorry-deepika-its-not-only-you-ranveer-loves-him-too.html 2017年11月12日閲覧。 
  56. ^ Jim Sarbh learns horse riding for Padmavati; gets to play Parsi in Raju Hirani's film”. Bollywood Hungama. Bollywood Hungama (2017年1月7日). 2017年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月12日閲覧。
  57. ^ “Padmavati: The mystery of Ghoomar’s unknown woman solved. This is who she is” (英語). The Hindustan Times. (2017年10月28日). オリジナルの2017年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111152129/http://www.hindustantimes.com/bollywood/padmavati-the-mystery-of-ghoomar-s-unknown-woman-solved-this-is-who-she-is/story-vUPjhb3fnUwuOPUaN7nKJP.html 2017年11月11日閲覧。 
  58. ^ “Padmavati: 200 Craftsmen, 600 Days to Create Deepika Padukone's Jewellery”. Network 18 (news18.com). (2017年10月13日). オリジナルの2017年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171027231503/http://www.news18.com/news/lifestyle/padmavati-200-craftsmen-600-days-to-create-deepika-padukones-jewellery-1545263.html 
  59. ^ Myers-El, Noble Timothy (2008). The unknown lore of Amexem's indigenous people : an aboriginal treatise. Bloomington, Ind: AuthorHouse. p. 186. ISBN 978-1-4343-2767-3. 
  60. ^ a b Kher, Ruchika (2017年10月9日). “You'll be surprised to know what all went behind creating the costumes for Padmavati”. timesnownews.com. オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107005756/http://www.timesnownews.com/lifestyle/article/youll-be-surprised-to-know-what-all-went-behind-creating-the-costumes-for-padmavati/103665 2017年11月1日閲覧。 
  61. ^ A. L. Srivastava (1966). The Sultanate of Delhi, 711-1526 A.D. (Second ed.). Shiva Lal Agarwala. p. 140. OCLC 607636383. オリジナルの23 November 2017時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=PAsfAAAAIAAJ. 
  62. ^ a b Padmaavat: Couturiers Rimple & Harpreet Narula decode Aditi Rao Hydari's Begum Mehrunissa look”. www.pinkvilla.com (2018年1月29日). 2018年1月29日閲覧。
  63. ^ The making of Padmavati Costumes by Rimple and Harpreet Narula | Deepika Padukone | Ranveer Singh”. www.youtube.com (2017年11月15日). 2017年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  64. ^ Ghoomar Jewellery by Tanishq”. News18 (2017年10月26日). 2017年10月31日閲覧。
  65. ^ 'Padmavati' style file: A sneak peek into Ranveer Singh, Shahid Kapoor’s warrior armours”. The Indian Express. 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  66. ^ REVEALED: It took 8 months to create Shahid, Ranveer's armours for Padmavati”. zoomtv.com. 2017年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月1日閲覧。
  67. ^ “Deepika Padukone To Dance Amidst 400 Lamps for a Ghoomar Dance Sequence in SLB's 'Padmavati'”. The Times of India. (2016年11月28日). オリジナルの2016年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161202083952/http://www.indiatimes.com/entertainment/celebs/deepika-padukone-to-dance-amidst-400-lamps-for-a-ghoomar-dance-sequence-in-slb-s-padmavati-266312.html 2016年12月2日閲覧。 
  68. ^ “The grandness of Deepika's 'Ghoomar' song in Padmavati will leave you spellbound”. Bollywood Hungama. (2016年11月28日). オリジナルの2016年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161202235844/http://www.bollywoodhungama.com/news/bollywood/grandness-deepikas-ghoomar-song-padmavati-will-leave-spellbound/ 2016年12月2日閲覧。 
  69. ^ T-Series [@TSeries] (2017年10月24日). "A splendid display of pomp & dance. #Ghoomar from #Padmavati releases tomorrow. Stay tuned! #GhoomarOutTomorrow @FilmPadmavati" (ツイート). Archived from the original on 2017年11月23日. Retrieved 2017年10月24日 – via Twitter.
  70. ^ Shiksha, Shruti (2017年11月11日). “Padmavati Song Ek Dil Ek Jaan: Presenting Deepika Padukone And Shahid Kapoor's 'Love Ballad'”. NDTV. https://www.ndtv.com/entertainment/padmavati-song-ek-dil-ek-jaan-presenting-deepika-padukone-and-shahid-kapoors-love-ballad-1774117 2018年1月21日閲覧。 
  71. ^ “Padmaavat soundtrack: Listen to full versions of all songs from the film before it releases next week” (英語). Hindustan Times. (2018年1月21日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/padmaavat-soundtrack-listen-to-full-versions-of-all-songs-from-the-film-before-it-releases-next-week/story-nRo70E301R6sYolVcv3HSJ.html 2018年1月21日閲覧。 
  72. ^ (英語) Padmaavat (Original Motion Picture Soundtrack) – EP by Sanjay Leela Bhansali, (2018-01-21), https://itunes.apple.com/us/album/padmaavat-original-motion-picture-soundtrack-ep/1337583433 2018年5月3日閲覧。 
  73. ^ 過激集団によるセット破壊、主演女優が懸賞首に… インド「パドマーワト」が直面した過酷な危機”. 映画.com (2019年5月29日). 2019年6月9日閲覧。
  74. ^ “Sanjay Leela Bhansali assault: ‘Padmavati’ actors Deepika Padukone, Ranveer Singh and Shahid Kapoor break their silence – Times of India”. The Times of India. (2017年1月29日). オリジナルの2017年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171117003856/https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/sanjay-leela-bhansali-assault-padmavati-deepika-padukone-breaks-her-silence/articleshow/56832864.cms 
  75. ^ “Bounty placed on Bollywood actress' head after Hindu-Muslim film outrage”. The Telegrapgh. (2017年11月17日). オリジナルの2017年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171118052745/http://www.telegraph.co.uk/news/2017/11/17/bounty-placed-bollywood-actress-head-hindu-muslim-film-outrage/ 2017年11月19日閲覧。 
  76. ^ Tilak, Sudha G. (2017年11月21日). “Padmavati: Why a Bollywood epic is facing fierce protests”. BBC News. オリジナルの2017年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171121221911/http://www.bbc.com/news/world-asia-india-42048512 
  77. ^ Padmavati rangoli row: All the controversies Deepika Padukone-Ranveer Singh starrer has courted before its release”. The Indian Express (2017年10月20日). 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月27日閲覧。
  78. ^ After Rajputs, Muslims want ban on Padmavati for showing them in 'negative light'”. Hindustan Times (2018年1月2日). 2019年4月14日閲覧。
  79. ^ India, Press Trust of (2017年11月16日). “More trouble for Padmavati: Ajmer Dargah Deewan urges PM to ban release”. 2019年4月14日閲覧。
  80. ^ Ray, Saptarshi (2018年1月25日). “Violent protests spread across India as controversial Padmaavat film finally released”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2018/01/25/violent-protests-spread-across-india-controversial-padmaavat/ 
  81. ^ “Bollywood epic about Hindu queen provokes mobs rioting in streets” (英語). South China Morning Post. (2018年1月24日). http://www.scmp.com/news/asia/south-asia/article/2130408/bollywood-epic-padmavati-about-14th-century-hindu-queen-has 
  82. ^ “Padmaavat protests: School bus vandalised in Gurgaon, Haryana Roadways bus set afire” (英語). Hindustan Times. (2018年1月24日). https://www.hindustantimes.com/gurgaon/gurgaon-school-bus-vandalised-during-padmaavat-release-protests/story-DbhawmDBTZ7Y68c4GAw5kK.html 
  83. ^ “Padmaavat protests: There’s freedom to stone school bus with children”. The Indian Express. (2018年1月25日). http://indianexpress.com/article/india/padmaavat-protests-rock-six-states-theres-freedom-to-stone-school-bus-with-children-5038259/ 
  84. ^ Safi, Michael (2017年11月16日). “Indian film Padmavati sparks protests over 'Hindu-Muslim romance'”. The Guardian. オリジナルの2017年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171116142642/https://www.theguardian.com/world/2017/nov/16/indian-film-padmavati-sparks-protests-over-hindu-muslim-romance 
  85. ^ “Deepika Padukone Gets Special Security After Threats Over Padmavati”. NDTV. オリジナルの2017年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171116204200/https://www.ndtv.com/india-news/padmavati-controversy-fringe-group-karni-sena-threatens-to-cut-off-deepika-padukones-nose-1776238 2017年11月16日閲覧。 
  86. ^ Dedhia, Sonil (2018年1月31日). “Sanjay Leela Bhansali finally breaks his silence on Padmaavat row: It was humiliating. I was angry - entertainment”. Mid-day. https://www.mid-day.com/articles/sanjay-leela-bhansali-finally-break-his-silence-on-padmaavat-row-it-was-humiliating-i-was-angry/19001167 2018年1月31日閲覧。 
  87. ^ “Padmavati: Film associations say they are upset, question government’s silence”. Hindustan Times. Press Trust of India. (2017年11月14日). オリジナルの2017年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171114080141/http://www.hindustantimes.com/bollywood/padmavati-film-associations-say-they-are-upset-question-government-s-silence/story-0EbSWZe4RHawR7sifxdZjO.html 2017年11月19日閲覧。 
  88. ^ Sharma, Priyanka (2017年11月13日). “Padmavati row: IFTDA, CINTAA and top associations support Sanjay Leela Bhansali, call it attack on film fraternity”. The Indian Express. オリジナルの2017年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171113173452/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/padmavati-row-iftda-cintaa-condemn-opposition-to-padmavati-call-it-attack-on-film-fraternity-4935866/ 2017年11月19日閲覧。 
  89. ^ Feeds, IANS (2017年11月25日). “Padmavati Row: Film Fraternity To Have A 15-Minute Blackout In Support Of Sanjay Leela Bhansali”. 2019年4月14日閲覧。
  90. ^ Congress joins Rajput chorus, says ban Padmavati if history is distorted” (2017年11月5日). 2019年4月14日閲覧。
  91. ^ Sharma, Aman (2017年11月20日). “BJP & Congress on the same page on Padmavati”. The Economic Times. オリジナルの2017年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171120152618/https://economictimes.indiatimes.com/news/politics-and-nation/bjp-congress-on-the-same-page-on-padmavati/articleshow/61716928.cms 2017年11月20日閲覧。 
  92. ^ Padmavati row: As state cedes space to the fringe, idea of freedom takes a hit”. Firstpost (2017年1月30日). 2017年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  93. ^ Padmavati tangle sign of mobocracy”. The Free Press Journal (2017年11月18日). 2017年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  94. ^ “Supreme Court Says Filmmakers Should Be Allowed Freedom of Speech And Expression Amid 'Padmavati', Kejriwal's Film Row”. Outlook. (2017年11月16日). オリジナルの2017年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171117205606/https://www.outlookindia.com/website/story/supreme-court-says-filmmakers-should-be-allowed-freedom-of-speech-and-expression/304447 2017年11月19日閲覧。 
  95. ^ “SC rejects plea to stop documentary on Arvind Kejriwal, says freedom of expression sacrosanct”. The Indian Express. (2017年11月17日). オリジナルの2017年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171117023910/http://indianexpress.com/article/india/sc-rejects-plea-to-stop-arvind-kejriwal-film-freedom-of-expression-sacrosanct-4941199/ 2017年11月19日閲覧。 
  96. ^ Forces Deployed To Check Violence Over "Padmaavat" Release: Delhi Police”. NDTV.com. 2019年4月30日閲覧。
  97. ^ Padmaavat release: Robust security in city for film screenings, says Delhi Police” (2018年1月25日). 2019年4月30日閲覧。
  98. ^ Padmaavat protests: Heavy deployment of police in Gurgaon, thin presence at schools” (2018年1月25日). 2019年4月30日閲覧。
  99. ^ Choudhary, Vidhi (2017年8月16日). “Amazon Prime Video wins streaming rights for 'Padmavati'”. Mint. オリジナルの2017年9月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170929231756/http://www.livemint.com/Companies/QDQcsXaeYMXnZS3gJYoZXP/Amazon-Prime-Video-wins-streaming-rights-for-Padmavati.html 2017年11月19日閲覧。 
  100. ^ Frater, Patrick (2017年11月1日). “Paramount to Release India's 'Padmavati' in December”. Variety. オリジナルの2017年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171121164346/http://variety.com/2017/film/asia/paramount-to-release-indias-padmavati-from-december-1202604283/ 2017年11月19日閲覧。 
  101. ^ “Sanjay Leela Bhansali's 'Padmavati' to have the widest 3D release for a Hindi film!”. Daily News and Analysis. (2017年11月1日). オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107111140/http://www.dnaindia.com/bollywood/report-sanjay-leela-bhansali-s-padmavati-to-have-the-widest-3d-release-for-a-hindi-film-2556946 2017年11月19日閲覧。 
  102. ^ Alaka Sahani (2017年11月20日). “Amid rising protests, Padmavati release 'deferred voluntarily'”. The Indian Express. オリジナルの2017年11月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171119111038/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/confirmed-sanjay-leela-bhansali-padmavati-release-date-postponed-4944741/ 2017年11月20日閲覧。 
  103. ^ “Padmavati is slated for release in the United Arab Emirates on 30 November 2017.”. VOX Cinemas. オリジナルの2017年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171201040600/https://uae.voxcinemas.com/movies/padmavati-hindi 2017年11月22日閲覧。 
  104. ^ “Padmavati UAE release on November 30: Will it give rise to PIRACY in India?”. IBTimes. http://www.ibtimes.co.in/padmavati-uae-release-november-30-will-it-give-rise-piracy-india-748606 2017年11月22日閲覧。 
  105. ^ 'Padmavati' release in the UK, UAE deferred”. Gulf News (2017年11月23日). 2019年4月14日閲覧。
  106. ^ “Sanjay Leela Bhansali's Padmaavat claims to be an adaptation of Jayasi's poem. But is it?”. India Today. (2018年2月2日). https://www.indiatoday.in/movies/standpoint/story/sanjay-leela-bhansali-padmaavat-real-story-1160294-2018-02-02 
  107. ^ “Despite CBFC clearance, Rajasthan, Gujarat and now Haryana won't screen Padmaavat” (英語). The Indian Express. (2018年1月15日). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/padmaavat-release-date-ban-rajasthan-gujarat-madhya-pradesh-sanjay-leela-bhansali-5025520/ 2018年1月17日閲覧。 
  108. ^ “Haryana govt bans release of "Padmaavat"”. The Economic Times. (2018年). https://economictimes.indiatimes.com/news/politics-and-nation/haryana-govt-bans-release-of-padmaavat/articleshow/62523192.cms 2018年1月17日閲覧。 
  109. ^ “SC to hear 'Padmaavat' producers' plea against ban by four States” (英語). The Hindu. (2018年1月17日). ISSN 0971-751X. http://www.thehindu.com/news/national/padmaavat-producers-move-sc-against-ban-by-various-states/article22455075.ece 2018年1月17日閲覧。 
  110. ^ “Padmaavat will release across the country, rules Supreme Court of India”. DAWN Images. (2018年1月18日). https://images.dawn.com/news/1179282 2018年1月18日閲覧。 
  111. ^ Banned Bollywood epic cleared by court” (2018年1月23日). 2019年4月14日閲覧。
  112. ^ Padmavati banned in Malaysia for 'touching on the sensitivities of Islam', The Indian Express
  113. ^ Sanjay Leela Bhansali’s Padmaavat banned in Malaysia” (2018年1月30日). 2019年4月14日閲覧。
  114. ^ British Censor Board clears 'Padmavati' for release in UK” (2017年11月23日). 2019年4月14日閲覧。
  115. ^ 絶世の美女登場!『パドマーワト 女神の誕生』「黒澤明のような」予告編解禁”. cinemacafe.net (2019年4月11日). 2019年4月30日閲覧。
  116. ^ a b Smrity Sharma (2018年1月26日). “Padmaavat Box Office Report Day 1: Deepika Padukone's Film Has Already Beaten Aamir Khan's Dangal And Prabhas' Baahubali 2! Here's How”. 2018年1月26日閲覧。
  117. ^ Padmaavat sets the cash registers ringing at the box-office”. 'Filmfare' (2018年1月29日). 2018年1月29日閲覧。
  118. ^ Padmaavat box office collection Day 1: 50-60 percent occupancy in cinema halls for Sanjay Leela Bhansali's period drama”. The Indian Express (2018年1月25日). 2018年1月25日閲覧。
  119. ^ Padmaavat box office collection day 1: Deepika Padukone starrer clocks healthy occupancy rate, may earn this big amount” (2018年1月25日). 2018年1月25日閲覧。
  120. ^ Padmaavat day 1 box office collection: Deepika Padukone's film gets superb opening in AP/T and TN”. International Business Times (2018年1月25日). 2018年1月25日閲覧。
  121. ^ Bollywood Hungama News (2018年1月26日). “Box Office: Padmaavat becomes Deepika Padukone’s 4th Highest opening day grosser”. Bollywood Hungama. 2018年1月26日閲覧。
  122. ^ Hungama, Bollywood (2018年1月26日). “Box Office: Worldwide collections and day wise break up of Padmaavat – Bollywood Hungama” (英語). Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/news/box-office-special-features/box-office-worldwide-collections-day-wise-break-padmaavat/ 2018年1月26日閲覧。 
  123. ^ Taran Adarsh. “Despite non-screening in few states and protests/disturbances, #Padmaavat fares VERY WELL on Day 1... Had it been a peaceful/smooth all-India release, the biz would've touched ₹ 28 / ₹ 30 cr... Wed [limited preview screenings 5 cr, Thu 19 cr. Total: ₹ 24 cr. India biz.]”. Twitter. 2018年1月26日閲覧。
  124. ^ Joginder Tuteja (2018年1月26日). “Box Office – Padmaavat Marks Biggest Opening Ever For Ranveer Singh, Sanjay Leela Bhansali & Shahid Kapoor”. 'Koimoi.com'. 2018年1月26日閲覧。
  125. ^ Joginder Tuteja (2018年1月27日). “Box Office – Padmaavat Jumps Huge on Friday, It Is Now Time To Stabilize on Saturday & Sunday”. 'Koimoi.com'. 2018年1月27日閲覧。
  126. ^ Joginder Tuteja (2018年1月28日). “Box Office – Padmaavat Scores Well on Saturday Too, All Set for a Hefty Weekend”. 'Koimoi.com'. 2018年1月28日閲覧。
  127. ^ Taran Adarsh tweet”. Twitter. 2018年1月28日閲覧。
  128. ^ Padmaavat Enters The 100 Crore Club in Just 4 Days!”. 'Koimoi.com'. 2018年1月29日閲覧。
  129. ^ Taran Adarsh. “Protests... Disturbances... No screening in few states... Yet, #Padmaavat does EXCELLENT biz in its extended weekend... The film lost out on substantial biz [approx ₹ 35 cr / ₹ 37 cr, but the SUPERB trending in other circuits helped put up a MAJESTIC total...]”. 'Taran Adarsh'. 2018年1月29日閲覧。
  130. ^ a b Nancy Tartaglione (2018年1月28日). “'Maze Runner: The Death Cure’ Finds $63M Overseas; ‘Jumanji’ Drums Up $822M WW – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2018年1月29日閲覧。
  131. ^ Taran Adarsh. “Protests... Disturbances... No screening in few states... Yet, #Padmaavat does EXCELLENT biz in its extended weekend... The film lost out on substantial biz [approx ₹ 35 cr / ₹ 37 cr, but the SUPERB trending in other circuits helped put up a MAJESTIC total...]”. 'Twitter'. 2018年1月29日閲覧。
  132. ^ Padmaavat beats Baahubali 2: The Conclusion at the box office; takes a record opening in Australia”. Times Now (2018年1月26日). 2018年1月30日閲覧。
  133. ^ Taran Adarsh. “Taran Adarsh Tweet”. 'Twitter'. 2018年1月27日閲覧。
  134. ^ Taran Adarsh tweet”. Twitter. 2018年1月28日閲覧。
  135. ^ Taran Adarsh”. Twitter. 2018年1月28日閲覧。
  136. ^ Padmaavat Sets All Time Record in USA And Canada”. Box Office India (2018年1月28日). 2018年1月28日閲覧。
  137. ^ Bollywood film, PADMAAVAT, had the highest PTA in the Top 10 as it debuted with $4.2M in 324 theaters--$13,188 per”. Twitter. 2018年1月28日閲覧。
  138. ^ “Top Worldwide Grossers Alltime – Padmaavat Hits 400 Crore”. Box Office India. (2018年2月6日). http://boxofficeindia.com/report-details.php?articleid=3656 
  139. ^ Padmaavat: What’s the fuss about? Viewers wonder after watching Bhansali’s film”. Hindustan Times (2018年1月25日). 2019年4月18日閲覧。
  140. ^ Padmaavat D-Day: Uncertainty over box office performance amid protests, mixed reviews”. Deccan Chronicle (2018年1月25日). 2019年4月18日閲覧。
  141. ^ ‘Padmaavat’ review: Masterpiece or master of none?”. gulfnews.com. 2019年4月18日閲覧。
  142. ^ Hooli, Shekhar H (2017年11月21日). “Padmavati movie review: Arnab Goswami, Rajat Sharma say it's the greatest tribute to Rajput pride [VIDEOS”] (英語). International Business Times, India Edition. オリジナルの2017年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171123090630/http://www.ibtimes.co.in/padmavati-movie-review-arnab-goswami-rajat-sharma-say-its-greatest-tribute-rajput-pride-750189 2017年11月21日閲覧。 
  143. ^ “Padmavati review: ‘No dream sequence between Deepika Padukone, Ranveer Singh; no distortion of history’”. The Financial Express. (2017年11月18日). オリジナルの2017年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171118222141/http://www.financialexpress.com/entertainment/padmavati-review-no-dream-sequence-between-deepika-padukone-ranveer-singh-no-distortion-of-history/938165/ 2017年11月21日閲覧。 
  144. ^ Aaj Ki Baat with Rajat Sharma | 17 November 2017”. www.youtube.com (2017年11月17日). 2017年11月21日閲覧。
  145. ^ Padmaavat Review” (英語). Bollywood Hungama. 2018年1月24日閲覧。
  146. ^ Padmaavat Movie Review, Trailer, & Show timings at Times of India”. The Times of India. 2018年1月23日閲覧。
  147. ^ “Movie Review: Padmaavat” (英語). Filmfare. https://www.filmfare.com/reviews/bollywood-movies/padmaavat-movie-review-pure-opulence-26228.html 2018年1月23日閲覧。 
  148. ^ “Padmaavat Review: Ranveer's Delicious Performance Is Its Biggest Strength”. News18. http://www.news18.com/news/movies/padmaavat-movie-review-ranveer-singh-delicious-performance-is-its-biggest-strength-1639675.html 2018年1月24日閲覧。 
  149. ^ “Padmaavat Movie Review: Sanjay Leela Bhansali's film starring Ranveer Singh, Deepika Padukone, Shahid Kapoor is a visual treat”. Mumbai Mirror. https://mumbaimirror.indiatimes.com/entertainment/movie-review/padmaavat-movie-review-sanjay-leela-bhansalis-film-starring-ranveer-singh-deepika-padukone-shahid-kapoor-is-a-visual-treat/articleshow/62630145.cms 2018年1月24日閲覧。 
  150. ^ Padmaavat review: Deepika-Shahid mediocrity covered in jewels, Ranveer not convincing” (英語). India Today (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  151. ^ “Padmaavat movie review: This Deepika Padukone starrer is spectacular” (英語). The Indian Express. (2018年1月23日). http://indianexpress.com/article/entertainment/movie-review/padmavati-movie-review-star-rating-5036330/ 2018年1月24日閲覧。 
  152. ^ “Padmaavat movie review: It's pretty and partly absorbing but not quite exhilarating” (英語). Deccan Chronicle. (2018年1月23日). http://www.deccanchronicle.com/entertainment/movie-reviews/230118/padmaavat-movie-review-a-pretty-looking-drama-thats-gripping-but-not-too-exhilarating.html 2018年1月24日閲覧。 
  153. ^ “Padmaavat Movie Review: Sanjay Leela Bhansali's Boring Film Doesn't Do Justice To Deepika Padukone”. NDTV. https://www.ndtv.com/entertainment/padmaavat-movie-review-this-boring-film-doesnt-do-justice-to-deepika-padukone-1803904 2018年1月24日閲覧。 
  154. ^ Padmaavat Review: Rajput pride played out on a loop - Rediff.com”. www.rediff.com. 2019年4月18日閲覧。
  155. ^ Namrata Joshi (2017年1月24日). “'Padmaavat' review: an insipid love letter to Rajputs”. The Hindu. http://www.thehindu.com/entertainment/movies/padmaavat-film-review/article22503940.ece 2018年1月24日閲覧。 
  156. ^ (英語) Padmaavat, https://www.rottentomatoes.com/m/padmaavat 2018年3月21日閲覧。 
  157. ^ McCahill, Mike (2018年1月25日). “Padmaavat review – Indian drama that sparked riots is a fabulous tale of love and plunder” (英語). The Guardian. 2018年1月25日閲覧。
  158. ^ Movie Review: Padmaavat. Reuters.
  159. ^ 'Padmaavat' review: Visually-spectacular, but a tad tedious”. gulfnews.com. 2019年4月18日閲覧。
  160. ^ Sadaf Haider (2017年1月26日). “Padmaavat is a flawed history lesson with great visuals”. DAWN Images. https://images.dawn.com/news/1179331 2017年1月26日閲覧。 
  161. ^ Rahul Aijaz (2017年1月27日). “'Padmaavat' review: A not-so-historical masterpiece”. The Express Tribune. https://tribune.com.pk/story/1619600/4 2017年2月4日閲覧。 
  162. ^ Khalid, Haroon. “View from Pakistan: ‘Padmaavat’ puts together every stereotype of Muslims in India” (英語). Scroll.in. https://scroll.in/article/867116/view-from-pakistan-padmaavat-puts-together-every-stereotype-of-muslims-in-india 2018年2月3日閲覧。 
  163. ^ “Asiavision Movie Awards 2018 winners list: Ranveer Singh, Dhanush and Trisha honoured [Photos + Videos”]. International Business Times. (2019年2月17日). オリジナルの2019年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190222044534/https://www.ibtimes.co.in/asiavision-movie-awards-2018-winners-list-ranveer-singh-dhanush-trisha-honoured-photos-videos-792105 2019年2月18日閲覧。 
  164. ^ I wouldn't have been able to do 'Padmaavat' without Mira: Shahid Kapoor”. The Express Tribune (2018年4月23日). 2019年6月20日閲覧。
  165. ^ Ranveer Singh to get Dadasaheb Phalke Excellence Award for Padmaavat”. Hindustan Times (2018年4月9日). 2019年6月20日閲覧。
  166. ^ Shahid Kapoor, Kartik Aaryan and more accept Dadasaheb Phalke Excellence Awards. See pics”. Hindustan Times (2018年4月22日). 2019年6月20日閲覧。
  167. ^ National Film Awards 2019: Sanjay Leela Bhansali Calls Padmaavat Win an 'Emotional Moment'”. Fastpost. 2019年8月12日閲覧。
  168. ^ Nominations for the 64th Vimal Filmfare Awards 2019”. Filmfare Awards (2019年3月12日). 2019年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月14日閲覧。
  169. ^ “Winners of the Filmfare Awards 2019”. Filmfare Awards. (2019年3月23日). オリジナルの2019年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190323165132/https://www.filmfare.com/awards/filmfare-awards-2019/winners 2019年3月25日閲覧。 
  170. ^ “Hello Hall of Fame Awards 2018: Ranveer, Deepika win big, Shah Rukh Khan adds his charm. Here’s the complete winners list”. The Indian Express. (2018年3月13日). オリジナルの2018年6月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180625075643/https://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/hello-hall-of-fame-awards-2018-winners-ranveer-singh-deepika-padukone-shah-rukh-khan-5094624/ 2018年4月12日閲覧。 
  171. ^ “Westpac IFFM Awards Nominees”. Indian Film Festival of Melbourne. (2018年8月12日). オリジナルの2018年11月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181106013253/http://www.iffm.com.au/nominees.html 2018年11月6日閲覧。 
  172. ^ “11th Mirchi Music Awards Nominations”. Mirchi Music Awards. (2019年2月7日). オリジナルの2019年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190207015427/http://www.mirchimusicawards.com/hindi-2018/nominations-hindi-2018/ 2019年2月7日閲覧。 
  173. ^ “11th Mirchi Music Awards Winners”. Mirchi Music Awards. (2019年2月16日). オリジナルの2019年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190302024712/http://www.mirchimusicawards.com/hindi-2018/winners-hindi-2018/ 2019年3月2日閲覧。 
  174. ^ “Star Screen Awards 2018 FULL winners list: Ranveer Singh, Alia Bhatt, Rajkummar Rao walk away with trophies”. Times Now. (2018年12月17日). オリジナルの2018年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181217111010/https://www.timesnownews.com/entertainment/news/bollywood-news/article/star-screen-awards-2018-full-winners-list-ranveer-singh-alia-bhatt-rajkummar-rao-walk-away-with-trophies-bollywood-news/332088 2018年12月17日閲覧。 
  175. ^ Zee Cinema to Air Zee Cine Awards 2019 in March”. Zee Cine Awards (2019年2月). 2019年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月14日閲覧。
  176. ^ Zee Cine Awards 2019: Padmaavat, Sanju and Dhadak sweep top honours - here's the full winners list”. Times Now (2019年3月20日). 2019年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]