パトリ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィレンツェ絵文書よりパトリを遊ぶ様子

パトリ(Patolli)は、アステカボードゲーム。ふたりで行うダイスゲームの一種で、すごろくに似る。賭博として行われた。

ルール[編集]

マグリアベキ絵文書より、4人でパトリを行う様子。左にいるのはマクイルショチトル(ゲームの神)

パトリとは平たい形をした黒い豆の一種で、これをサイコロがわりに使用した。豆は5枚[1]を使用し、それぞれ片面に白印が記されている。これを投げて、出た白印の合計の数だけ駒を進める。ただし5が出たときは10個すすめ、0の場合は20個進める[2][3]

パトリの盤は特徴的な十字型をしており、そこに全部で52[4]のマス目が描かれている。敷物の上に描かれるか、または床に刻まれている。

競技者は2人、または4人が2人ずつのチームを組む。各6個の石を駒として使用し、赤と青の色によって敵味方を区別する[5]

駒が止まった位置に敵の駒があった場合、敵の駒はふりだしに戻される[6]。すべての駒について、52のマス目を先に一周させた側の勝ちになる。

ゲームの詳細は不明な点も多く、どこからはじめてどう動かすかもわかっていない。R・C・ベルは実際に遊ぶ場合のために、中央の4マスのうち自分に近いマスをふりだしとする、駒は時計回りと反時計回りのどちらに動かしてもよいが、おなじ競技者のすべての駒は同じ方向に動かさなければならない、などのルールを推奨している[7]

パトリについて最も詳しい記録を残した16世紀のディエゴ・ドゥランによると、競技者は宝石や家、妻の宝石までを賭け、すべてを失った競技者が自分自身を賭けて、負ければ勝者の奴隷になることもあった[5]。サイコロを振るときには大声でゲームの守護神であるマクイルショチトル(5の花)か、または酒(プルケ)の守護神であるオメトチトリ(2のウサギ)の名を叫んだ[6]。世界の他の地域と同じく、酒と賭博は密接に関係していた[8]

宗教的意味[編集]

パトリは単なるゲームではなく、宗教的な意味があったと考えられている。ジャック・スーステル英語版によると、52のマス目は52年のカレンダー・ラウンドを象徴し、勝利は生命の連続を、敗北は世界の終りを予測するものだった[5]。ティモシー・ケンドールは52のマスは祭祀暦(トナルポワリ)の260日周期の15にあたり、ゲームの結果は次の52日間の運勢を示すとする[5]。あるいは、2つのチームが52のマス目を回るので、52×2の104は、金星の会合周期である584日、祭祀暦の260日、太陽暦(シウポワリ)の365日の最小公倍数にあたる104年(104×365 = 146×260 = 65×584)に一致する[6]

歴史[編集]

テオティワカンのゲーム盤
ブルボン絵文書より「1の鷲」からの13日間(トレセーナ)を示す。左上に「田」の字をしたゲーム盤がある。その下に女神ショチケツァルが描かれている

19世紀の人類学者エドワード・バーネット・タイラーはパトリのインド起源説を唱えた。たしかにパトリの盤と動かし方はインドのパチーシによく似ているが、両者に関係があるという証拠は見出されていない[8]

パトリと似たゲームは、おそくとも古典期前期(西暦300-600年ごろ)にはメソアメリカ全体で行われていた[6]テオティワカンの床や中庭に刻んだ7世紀ごろの盤が発見されており、マヤ文明の遺跡でもセイバルウシュマルチチェン・イッツァなどから発見されている[5]。12世紀のトゥーラでも漆喰の舗装の上に描かれた6種類の盤が発見された[5]

しかし、これらのゲーム盤は後世のアステカのものとは異なり、漢字の「田」のように、十字型が正方形の中にはいった形をしていた[6]。同様の盤はミシュテカのウィーン絵文書にも見られる[8]

ミチョアカン州タラスコ族や、アメリカ合衆国南西部のプエブロにも同様のゲームがある[8]

脚注[編集]

  1. ^ Duranによる。4枚や6枚とする記述もある
  2. ^ Bell (1979) p.7
  3. ^ Parlett (1999) p.53
  4. ^ Bell (1979), Parlett (1999) p.52 では68と数えている
  5. ^ a b c d e f Wasserman (2001) pp.285-287
  6. ^ a b c d e Mountjoy (2001) p.448
  7. ^ Bell (1979) pp.7-8
  8. ^ a b c d Miller & Taube (1993) p.132 "patolli"

参考文献[編集]

  • Bell, R.C. (1979). Board and Table Games from Many Civilizations. Courier Corporation. ISBN 0486238555. 
  • Miller, Mary; Taube, Karl (1993). The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. Thames & Hudson. ISBN 0500050686. (日本語訳:『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』東洋書林、2000年)
  • Mountjoy, Joseph B. (2001). “Patolli”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 2. Oxford University Press. p. 448. ISBN 0195108159. 
  • Parlett, David (1999). The Oxford History of Board Games. Oxford University Press. ISBN 0192129988. 
  • Wasserman, Martin (2001). “Games and Gambling”. In Susan Toby Evans; David L. Webster. Archaeology of Ancient Mexico and Central America: An Encyclopedia. Garland Publishing, Inc. pp. 285-287. ISBN 0815308876.