パトリック・マシアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パトリック・マシアス(Patrick Macias)
生誕 1972年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ライター
活動期間 1997年 - 現在

パトリック・マシアス(Patrick Macias 1972年 - )はアメリカの著作家、編集者である[1]。主に日本のアニメマンガ特撮など、サブカルチャーに関する活動を行っている[1]

概要[編集]

カリフォルニア州サクラメント出身[1]。 6歳の時、「Star Blazers」というアニメ(アメリカで独自に編集された宇宙戦艦ヤマト)を見たことがきっかけで、日本の文化、特にオタク文化に興味を持ち始めた[1]。その後、アメリカで1980年代に放送された日本の特撮映画やアニメから強い影響を受け、「日本って国はよっぽどすごい国に違いない」と思い、サクラメントの仏教寺院で日本語を勉強し始めた[2]。 19歳のときにサンフランシスコに引っ越して、タウン誌で映画批評を書き始める[3]。 その後、1997年に日本のマンガの英語版の出版を始めた会社ビズメディアで、ライター兼エディターとして働き始めた[3]

彼の日本での代表作は『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』である。アメリカでの日本アニメやマンガのブームを「アメリカ人もアニメや漫画が好きなんですよ」[4]というテーマで、オタクらしいマニアックなネタを盛り込みつつ解説した。また、この作品は、アメリカ在住の映画評論家、町山智浩からの協力を得ながら書かれたもので、町山は日本語翻訳も手掛けている。

2010年~2013年、K'z Stationインターネット配信番組のOtaku-Verse-Zero声優浅川悠と共演した[5]

現在は出版社jaPressの共同所有者とOtaku USA英語版の編集長として働いている[6]

著書[編集]

  • 「Fresh Pulp: Dispatches from the Japanese Pop Culture Front (1997-1999)」(VIZ Media LLC、1999年)
  • 「Japan Edge: The Insider's Guide to Japanese Pop Subculture」(VIZ Media LLC、1999年)
  • 「TokyoScope: The Japanese Cult Film Companion」(VIZ Media LLC、2001年)
  • 「Anime Poster Art: Japan's Movie House Masterpieces」(DH Publishing、2003年)
  • 「Cruising The Anime City: An Otaku Guide To Neo Tokyo」(町山智浩との共著 Stone Bridge Pr、2004年 )
  • 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』[単行本](町山智浩編・訳、太田出版、2006年)
  • 「Japanese Schoolgirl Inferno: Tokyo Teen Fashion Subculture Handbook」( Chronicle Books LLC、2007年)
  • 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』(町山智浩編・訳、ちくま文庫、2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』(ちくま文庫、2013年)表紙
  2. ^ 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』(ちくま文庫、2013年)p21
  3. ^ a b 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』(ちくま文庫、2013年)p23
  4. ^ 『オタク・イン・USA―愛と誤解のAnime輸入史』(ちくま文庫、2013年)p324
  5. ^ http://www.kzstation.com/ovz/
  6. ^ http://www.i-m.co/jingi7/PatrickMaciasTest1/

外部リンク[編集]