パトリック・ドヴェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パトリック・ドヴェール
Patrick Dewaere
本名 Patrick Maurin
生年月日 (1947-01-26) 1947年1月26日
没年月日 (1982-06-16) 1982年6月16日(満35歳没)
出生地 サン=ブリユー
国籍 フランスの旗 フランス

パトリック・ドベール(Patrick Dewaere, 1947年1月26日 - 1982年6月16日)はフランス俳優

来歴[編集]

フランスブルターニュ地域圏コート=ダルモール県サン=ブリユー生まれ。母は女優のマド・モラン、父は不明。

1950年、パトリック・モラン Patrick Maurinで3才ながらシャイヨ宮国立劇場の舞台を踏む。1951年に映画に子役デビュー。その後、クルーゾーの『スパイ』、ジーン・ケリーの『ハッピー・ロード』などにも出演した。

1965年、テレビでマリー・キュリーを題材にした作品にジャック・イジュランサビーヌ・オードパンらスターと共に出演して注目されるようになる。これが、ルネ・クレマンの目に留まり、『パリは燃えているか』のレジスタンスの青年役で起用されるが、この時は名前を変えようとしていた時だったこともあり、無記名での出演となった。

1968年、TV版『嵐が丘』のヒースクリフの青年時代を演じるにあたって母方の曾祖母の名Devaëreのスペルを変えてPatrick de Waëreとして出演。その後、カフェ・テアトル運動が台頭し、「カフェ・ド・ラ・ガール」でコリューシュアンリ・ギユベマルタン・ラモットルノーミウ=ミウらと演劇を始める。

Patrick Dewaereとなって、映画もジャン=ポール・ラプノーの『コニャックの男』、クレマンの『パリは霧にぬれて』などに顔を見せるようになり、クロード・ファラルドの問題作「Themroc」にも出演した。

1974年ミウ=ミウジェラール・ドパルデューと共演したベルトラン・ブリエの『バルスーズ』で世界的名声を得る。以後、クロード・ミレールジョルジュ・ロートネルマルコ・ベロッキオ、などの作品に出演し、セザール賞に6回ノミネートされるなどフランス映画界の有望株で将来を最も期待された俳優であったが、1982年にライフル自殺を遂げる。キャリアもうまく行っていた中での突然の自殺で衝撃を与えた。

1974年、女優ミウ=ミウとの間に産まれた娘アンジェル・エリーは脚本家となった。1979年に別の女性ともうけた娘ローラ・ドヴェールは女優になった

2008年より、フランス映画およびフランス語圏の映画の若い男優に贈られる賞として、パトリック・ドヴェール賞が設立された。これは1981年にルイ・ド・フュネスの先導で設立されたジャン・ギャバン賞が、賞の運営委員会とギャバンの遺族との間で生じた問題により改名したものである。同じく若い女優に贈られるロミー・シュナイダー賞と提携関係にある。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]