パトリク・オウジェドニーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Patrik Ouředník

パトリク・オウジェドニークPatrik Ouředník1957年4月23日 - )は、フランス在住のチェコの作家、翻訳家。

幼少期をプラハで過ごし、1984年、フランスに亡命。フランスでは、チェスの講師、図書館員として働くいたのち、雑誌の編集にたずさわる。 1980年代以降は翻訳の仕事にも従事するようになり、フランス語とチェコ語の双方向の翻訳家として活躍していた。[1]

チェコで自由な出版活動になった1990年代以降チェコでも作品を発表するようになり、2001年、『エウロペアナ 20世紀の概説史』を発表。同年、リドヴェー・ノヴィヌィ紙(チェコ)のブック・オブ・ザ・イヤーを受賞。同作はこれまで20数言語に訳出され、1989年以降もっとも翻訳されたチェコ語の作品となった[1]。パリ在住。

作品[編集]

散文[編集]

  • O princi Čekankovi, jak putoval za princeznou, a o všelijakých dobrodružstvích, která se mu přitom přihodila. Volvox Globator 1993年; Dybbuk 2008年.
  • Rok čtyřiadvacet. Volvox Globator 1995年; Paseka 2002年.
  • Europeana. Stručné dějiny dvacátého věku. Paseka 2001年; 2006年; Volvox Globator 2012年.
  • Příhodná chvíle, 1855. Torst 2006年.
  • Ad acta. Torst 2006年.
  • Histoire de France. À notre chère disparue. Allia 2011年.
  • La fin du monde n'auraiy pas eu lieu. Allia 2017年.

[編集]

戯曲[編集]

  • Dnes a pozítří. Větrné mlýny 2012年.

エッセイ[編集]

  • Hledání ztraceného jazyka. Zdeněk Susa 1997年.
  • Utopus to byl, kdo učinil mě ostrovem. Torst 2010年.
  • Svobodný prostor jazyka. Torst 2012年.
  • Antialkorán aneb Nejasný svět T.H.. Volvox Globator 2017年.

辞書編纂[編集]

  • Šmírbuch jazyka českého. Slovník nekonvenční češtiny. Edice K, Paříž 1988年; Ivo Železný 1992年; Paseka 2005年.
  • Aniž jest co nového pod sluncem. Slova, rčení a úsloví biblického původu. Mladá fronta 1994年; Volvox Globator 2011年.
  • Klíč je ve výčepu. Volvox Globator 2000年.

日本語訳された作品[編集]

  • 『エウロペアナ 二〇世紀史概説』阿部賢一・篠原琢訳、白水社、2014年

脚注[編集]

  1. ^ a b 『エウロペアナ 二〇世紀史概説』(白水社)訳者あとがき より