パトリシア・ライトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パトリシア・ライトソンPatricia Wrightson, 1921年6月19日 - 2010年3月15日)は、オーストラリア児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家。ニューサウスウェールズ生まれで、農村の孤立した環境で育ち、読書を中心に暮らしていた。オーストラリア人が書いたオーストラリアに関する本がまだほとんどないという時代に、先住民アボリジニの口承文学に惹かれ、そこにうたわれる精霊たちを題材にしたファンタジーを書き、ヤングアダルト向けファンタジーの新しい領域を開拓した。1986年国際アンデルセン賞作家賞を受賞。[1][2]

著作リスト[編集]

  • 「惑星からきた少年」 Down to Earth (1965)
  • 「ぼくはレース場の持主だ!」I Own the Racecourse! (1968)
  • 「星に叫ぶ岩ナルガン」 The Nargun and the Stars (1973) :両親を亡くし都会から親戚に引き取られた白人の少年と、土着の精霊たちの触れ合いを描いた作品。ナルガンは冷えた溶岩の精というようなもので、計り知れない大いなる存在。[3]
  • ウィラン・サーガ(Wirrun):アボリジニの青年ウィランの冒険、精霊との恋を描いたシリーズ。ジュブナイルでなく一般向け作品。[3]
    • 「氷の覇者」 The Ice Is Coming (1977)
    • 「水の誘い」 The Dark Bright Water (1978)
    • 「風の勇士」 Behind The Wind (1981)
  • 「ミセス・タッカーと小人ニムビン」 A Little Fear (1983)
  • 「ムーン・ダークの戦い」Moon-dark (1987)
  • 「いにしえの少女バルイェット」Balyet (1989)

脚注[編集]

  1. ^ やかましネットワーク NO.34 岩波書店児童書編集部
  2. ^ アメリカの児童書批評誌『ホーン・ブック』の研究:編集長とその協力者による評論の推移 1924-2000年 藤野寛之
  3. ^ a b 石堂藍『ファンタジー・ブックガイド』 国書刊行会、2003年