パツリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パツリン[1]
識別情報
CAS登録番号 149-29-1
PubChem 4696
EINECS 205-735-2
KEGG C16748
特性
化学式 C7H6O4
モル質量 154.12 g/mol
融点

110 °C, 383 K, 230 °F

への溶解度 可溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

パツリン (patulin) は、ペニシリウム属(アオカビ類) Penicillium expansumアスペルギウス属(コウジカビ類)によって作られる、マイコトキシン(かび毒)の一種。

特長[編集]

不飽和5 員環ラクトンを含む2 環構造のカビ毒。極大吸収波長276 nmの紫外線吸収性があることから、その性質を利用検出が行われる[2]。一般に腐敗したリンゴに見られるがブドウモモ等からも検出されることがある。リンゴ製品のパツリンの量は製品の品質の基準として用いられる。

カルシウム塩は Penicillium expansum の増殖抑制効果があることが報告されている[3]

パツリンは他のマイコトキシンと比較した場合、強力な毒物質ではないが細胞膜に対する膜透過性を阻害する特性[4]を持ち臓器出血性のほか、いくつかの研究で遺伝毒性を持つことが示され、動物実験を通して発癌性の可能性が示唆されている[5]

分解[編集]

アルコール発酵により分解する。また、条件によっては、アスコルビン酸はパツリンを消失させる。従って、オレンジなど柑橘類でのパツリン汚染は発生しない。 150℃の高温処理では20%の減少と、亜硫酸塩の添加及び活性炭処理によって減少することが報告されている。

生産菌[編集]

  • ペニシリウム属(アオカビ類)Penicillium expansum など

毒性[編集]

マウス経口評価では、

  • 急性: LD50 17mg/kg 消化管の充血、出血、潰瘍等
  • 短期: 摂餌量及び体重増加量の抑制、腎機能障害、十二指腸の充血
  • 長期: 体重増加抑制

代謝[編集]

赤血球及び肝臓脾臓腎臓に分布するが、ほぼ24時間以内に排出される。

基準[編集]

いくつかの国ではリンゴ製品に対しパツリン規制を設けていて、世界保健機関(WHO)ではリンゴジュース中のパツリンの最大濃度は50 µg/Lを推奨している[6]

日本国内の汚染状況[編集]

福岡市保健環境研究所保健科学部門報告による、市販リンゴ果汁(100%果汁)の汚染調査によれば、16検体の試料のうちストレート果汁(6検体)からは不検出で、濃縮還元の10検体からは基準値の0.050ppm以内のパツリンを検出している[7]

中毒事例[編集]

日本では、1964年神戸で汚染された飼料が原因となった乳牛の集団中毒が発生している[8]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 7002.
  2. ^ カビ毒の分析法 日本分析化学会 (PDF)
  3. ^ Effects of Ca2+ and Mg2+ on Botrytis cinerea and Penicillium expansum in vitro and on the biocontrol activity of Candida oleophila
  4. ^ マイコトキシン研究の現状 東京女子医科大学雑誌 53巻6号 p.533-555 1983/6/25
  5. ^ “Patulin: a Mycotoxin in Apples”. Perishables Handling Quarterly (91): 5. (August 1997). http://ucce.ucdavis.edu/files/datastore/234-166.pdf. 
  6. ^ Foodborne hazards (World Health Organization”. 2007年1月22日閲覧。
  7. ^ LC/MS/MS によるりんごジュース中のパツリンの残留分析福岡市保健環境研究所保健科学部門
  8. ^ サイレージの品質管理 3) 好気的変敗の抑制 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所

外部リンク[編集]