パット・ベンディット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Template:表記揺れ案内
  • パット・ベンディッテ
  • パット・ベンディティー
パット・ベンディット
Pat Venditte
Pat Venditte on August 17, 2015.jpg
左投で投球をするアスレチックス時代のベンディット
(2015年8月17日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネブラスカ州オマハ
生年月日 (1985-06-30) 1985年6月30日(36歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト20巡目
初出場 2015年6月5日
最終出場 2020年8月18日
年俸 $545,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イタリアの旗イタリア
WBC 2013年2017年

パトリック・マイケル・ベンディットPatrick Michael Venditte, 英語発音: /ˈpætrɪk ˈmaɪkəl vənˈdɪti/[2], 英語発音: \ven-DITT-ee\[3]; 1985年6月30日 - )は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ出身の元プロ野球選手ポジションは投手。両投左打[4][3]

1901年以降の近代MLBでは、グレッグ・ハリスに次ぎ2人目となるスイッチピッチャーとして知られる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ネブラスカ州オマハで生まれる。イタリア系4世。3歳の頃、父親が両手を同じように使えることを見つけ、それからキャッチボールやアメリカンフットボールのパントなど、両手両足を平等に使わせる練習をさせた。

進学したクレイトン大学ではミズノ特製の6本指グラブを入手して、両手投げ投手として活躍した。3年時にはカンファレンス優勝の栄誉に輝き、2007年度のノースウッドリーグオールスターゲームにも南部選抜の一員として出場、登板を果たした。この年のMLBドラフト45巡目(全体1345位)でニューヨーク・ヤンキースからで指名されたが、入団はしなかった[5]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

右投投球時のベンディット
(2008年9月4日)

2008年MLBドラフト20巡目(全体620位)で再びヤンキースから指名を受け、プロ入り。この年は傘下のA-級スタテンアイランド・ヤンキースクローザーを務め、30試合に登板して1勝0敗23セーブ、防御率0.83という好成績で最初のシーズンを終えた。

2009年はA級チャールストン・リバードッグスでスタートし、6月26日にA+級タンパ・ヤンキースに昇格した。

2011年は、AA級トレントン・サンダーで主に中継ぎとして51試合に登板し、防御率3.40を記録。

2012年はAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで開幕を迎えた。右肩関節唇損傷のため7試合の登板にとどまったが、防御率2.77を記録した。

2013年開幕前の3月に、第3回WBCイタリア代表に選出された[6]。この大会では、4試合に登板。右肩の故障のため、左腕のみで投球した。

シーズンは7月にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキース(1・2)で復帰。8月にA+級タンパへ昇格。4試合に登板し、8月中旬にAA級トレントンへ昇格。AA級トレントンでは8試合に登板し1勝2敗・防御率3.97だった。オフはリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコに参加し、カニェロス・デ・ロス・モチスに所属した。

2014年は、イタリア代表として、第33回ヨーロッパ野球選手権大会に出場した。

アスレチックス時代[編集]

2014年11月20日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ[7][8]

2015年6月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、その日のボストン・レッドソックス戦で7回裏より救援投手としてメジャー初登板[9]1995年グレッグ・ハリス以来、20年ぶりのスイッチピッチャーの登板となった。この試合では2回を投げ、無失点だった[9]。8回裏には、スイッチヒッターブレイク・スワイハートと対戦。メジャーリーグにおいて、後述の「パット・ベンディット・ルール」が初めて適用された。ベンディットは、右投げを選択し左打席のスワイハートからメジャー初奪三振を挙げた[9][10]。6月12日、右肩の張りのために15日間の故障者リスト入りした[11]。故障者リストに入れずに右肩が良くなるまでは左投げに専念させればよいのではないかという声も挙がったが、両腕で投げられなければ通用しないと首脳陣が判断した上での措置だろうと解釈されている[11]。その後、8月30日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では延長10回から投げ、2回無失点でメジャー初勝利を挙げた[12]

ブルージェイズ時代[編集]

2015年10月19日にウェイバー公示を経てトロント・ブルージェイズへ移籍した[13][14]

2016年、ブルージェイズでは8試合にリリーフ登板したが、防御率5.19、WHIP1.73と打ち込まれ傾向だった。

マリナーズ時代[編集]

2016年8月6日に後日発表選手(9月30日にティム・ロープスと発表)とのトレードで、シアトル・マリナーズへ移籍した[15]。マリナーズ加入後は7試合に投げたが、防御率6.08と更に打ち込まれた。一方で、13.1イニングを投げて12奪三振と、投球内容がやや改善した部分もあった。合計では、15試合のリリーフ登板で防御率5.73・WHIP1.59だった。オフの12月1日に40人枠を外れる形でAAA級タコマ・レイニアーズへ配属された[16]

フィリーズ傘下時代[編集]

フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2017年3月19日)

2017年3月12日にジョーイ・カーレッタ英語版とのトレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[17]。この年は傘下のAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーし、52試合に登板して9勝5敗2セーブ・防御率3.36・69奪三振の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[3]

ドジャース時代[編集]

AAA級オクラホマ時代
(2018年6月23日)

2017年11月27日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[18]

2018年の開幕は傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースで迎え、5月12日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[19]。オフの11月28日にDFAとなった[20]

ジャイアンツ時代[編集]

2018年12月21日にサンフランシスコ・ジャイアンツと1年契約を結んだ[21]

2019年5月7日にDFAとなり[22]、11日にマイナー契約で傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツへ配属された。レギュラーシーズン終了後の10月4日にFAとなった[16]

マーリンズ時代[編集]

2020年1月3日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになったと報じられ[23]、6日に正式公示された[16]。8月8日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[24]。オフの10月29日にマイナー契約となった後、同日中にFAとなった[25]

2021年10月、出身校であるクレイトン大学のスポーツ殿堂表彰を受けたことが報じられた際、既に引退していることが明らかにされた[26]。同年3月のスプリングトレーニングでメジャー球団からの参加招待や契約提示がなく、5月頃に引退を決断したという[26]

選手としての特徴[編集]

スイッチピッチャー[編集]

左右両方の腕で投球ができる、プロレベルでは極めて希少なスイッチピッチャーとして知られる。もともとは右投げであるが、3歳の時から父親の指導で左投げも練習するようになった。右では縦に大きく割れるカーブ、左ではスライダーを武器とする。かつては、右がオーバースローの本格派、左がサイドスロー[27]の軟投派と投球フォームやスタイルも異なっていた(直球の最速は右が146km/h、左が133km/h=大学当時)。しかしながら、右肩の故障などによって右においてもサイドスローに近い投球フォームへと転向し、2015年のメジャー初登板の際には、左右双方でサイドスローからの投球を行った[9]

登板の際に使用しているグラブは、国際FAXで注文した6本指グラブ(近田豊年グレッグ・ハリスなど、ベンディット以前の両投げ投手のためにミズノ社が開発したもの)で、投げる腕に合わせて左右の手のどちらにも装着できるようになっている。[28]

試合中の投球練習(5球まで)でも、左で2球投げてから右で3球と、両方の腕で練習を行っている。

パット・ベンディット・ルール[編集]

2008年6月19日のプロデビュー戦(対ブルックリン・サイクロンズ)で、9回二死一塁の場面からスイッチヒッターラルフ・エンリケスと対戦。「スイッチピッチャー対スイッチヒッター」という夢の対決を実現させる。

当初左で準備していたベンディットだが、エンリケスが右打席に入ったのを見て右にスイッチ。それを見たエンリケスが左打席に…といったように、1球目を投げる準備におよそ5分も要してしまう。これに業を煮やしたベンディットは審判に抗議、最終的に見かねた審判が協議の上、まず先に打者のエンリケスが打席を選択するよう指示。右対右の対決となり、ベンディットが三振を奪って勝利した。

「打席と投球する腕の選択では、投手と打者のどちらが優先するか」というルールがリーグに存在しなかったこと、「右対左」「左対右」といったように、打者から見て相手の利き腕と逆の打席に入る方が有利であることが生んだエピソードであった。

その後、「投手が先にどちらで投げるか示さなければいけない」という公式ルールが定められた[注 1]。これは俗に「パット・ベンディット・ルール」と呼ばれている。

これを受けて、日本でも2010年の公認野球規則に8.01(f)[注 2]が追加された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 OAK 26 0 0 0 0 2 2 0 2 .500 119 28.2 22 3 12 0 0 23 0 0 14 14 4.40 1.19
2016 TOR 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 44 8.2 11 1 4 0 1 7 0 0 8 5 5.19 1.73
SEA 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 58 13.1 13 4 7 1 1 12 0 0 10 9 6.08 1.50
'16計 15 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 102 22.0 24 5 11 1 2 19 0 0 18 14 5.73 1.59
2018 LAD 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 57 14.0 11 1 3 1 2 9 0 0 4 4 2.57 1.00
2019 SF 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 4 1 2 0 2 2 0 0 6 6 16.20 1.80
2020 MIA 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 4.1 1 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0.00 0.23
MLB:5年 61 0 0 0 0 2 2 0 3 .500 312 72.1 62 10 28 0 6 58 0 0 42 38 4.73 1.24
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2015 OAK 26 1 3 0 0 1.000
2016 TOR 8 0 0 0 0 ----
SEA 7 0 3 0 1 1.000
'16計 15 0 3 0 1 1.000
2018 LAD 15 0 1 0 0 1.000
2019 SF 2 1 0 0 0 1.000
2020 MIA 3 0 0 0 0 ----
MLB 61 2 7 0 1 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29(2015年)
  • 44(2016年 - 同年途中)
  • 61(2016年途中 - 同年終了)
  • 43(2018年)
  • 46(2019年 - 2020年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、このルールが制定されるより前の1988年日本プロ野球南海ホークスに同じ両手投げの投手近田豊年が入団した際、非公式ではあるが当ルールと同様の申し合わせが行われていた。
  2. ^ 2016年以降の公認野球規則では5.07(f)

出典[編集]

  1. ^ Pat Venditte Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年7月1日閲覧。
  2. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c “Pat Venditte Stats” (英語). Baseball Reference.com. https://www.baseball-reference.com/players/v/vendipa01.shtml 2017年12月5日閲覧。 
  4. ^ Pat Venditte Stats, Fantasy & News”. MLB.com. 2021年11月9日閲覧。
  5. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月21日号88ページ「ベースボール雑学トリニティ アメリカ野球雑学概論」
  6. ^ “World Baseball Classic Italy Roster”. World Baseball Classic 2013. オリジナルの2013年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130217014844/http://web.worldbaseballclassic.com/wbc/2013/teams/index.jsp?team=ita&team_id=841 2014年1月3日閲覧。 
  7. ^ Switch-pitcher Venditte inks Minor League deal
  8. ^ Athletics sign Pat Venditte to minor-league deal
  9. ^ a b c d e 左右両投げ投手がメジャーデビュー 2回無失点
  10. ^ a b http://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/inning/?id=2015060607
  11. ^ a b “なんで左で投げないの? 両投げ投手のDL入りにあがった「当然」の疑問”. 夕刊フジ. (2015年6月18日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20150618/bbl1506181700009-n1.htm 2015年6月19日閲覧。 
  12. ^ 両投げ投手ベンディット メジャー初勝利「特別な一日」スポニチアネックス 2015年9月1日配信
  13. ^ Mike Axisa (2015年10月19日). “Blue Jays claim switch-pitcher Pat Venditte from Athletics”. CBSSports.com. http://www.cbssports.com/mlb/eye-on-baseball/25345987/blue-jays-claim-switch-pitcher-pat-venditte-from-athletics 2015年10月20日閲覧。 
  14. ^ NYY@TOR: Ambidextrous Venditte pitches 1-2-3 9th
  15. ^ Brent Stecker (2016年8月6日). “Mariners make 2 trades, acquire switch pitcher Pat Venditte” (英語). sports.mynorthwest.com. 2016年8月9日閲覧。
  16. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年5月12日閲覧。
  17. ^ Phillies acquire Venditte from Mariners” (英語). MLB.com (2017年3月12日). 2017年3月13日閲覧。
  18. ^ Dodgers reportedly sign Venditte to Minors deal” (英語). MLB.com (2017年11月27日). 2017年12月5日閲覧。
  19. ^ Dodgers call up switch-pitcher Venditte” (英語). MLB.com (2018年5月12日). 2018年5月13日閲覧。
  20. ^ Ken Gurnick (2018年11月28日). “Dodgers acquire LHP McCreery from Braves” (英語). MLB.com. 2019年4月4日閲覧。
  21. ^ Maria Guardado (2018年12月21日). “Giants agree to deal with switch-pitcher Venditte” (英語). MLB.com. 2019年4月4日閲覧。
  22. ^ Manny Randhawa (2019年5月7日). “Williamson called up, makes immediate impact” (英語). MLB.com. 2019年5月8日閲覧。
  23. ^ Joe Frisaro (2020年1月3日). “Switch pitcher Venditte nets Minors deal (source)” (英語). MLB.com. 2020年8月9日閲覧。
  24. ^ TC Zencka (2020年8月8日). “Marlins’ Roster Moves: Bleier, Venditte, Mejia, Moran” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月9日閲覧。
  25. ^ Connor Byrne (2020年10月29日). “Marlins Outright Pat Venditte, Mike Morin, Josh A. Smith” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年11月18日閲覧。
  26. ^ a b Jon Nyatawa (2021年10月8日). “Ambidextrous pitcher Pat Venditte to be inducted into Creighton Athletics Hall of Fame”. Omaha World-Herald. 2021年11月9日閲覧。
  27. ^ A's switch-pitcher Venditte gets visit from dad
  28. ^ 一村順子 (2015年6月8日). “メジャー史上初の”本格両投げ投手誕生”を支えた日本の技術。”. 一村順子のメジャーリーグ徒然コラム. Yahoo!ニュース. 2018年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]