パッツィ・ケンジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッツィ・ケンジット
Patsy Kensit
パッツィ・ケンジットPatsy Kensit
2009年撮影
本名 Patricia Jude Frances Kensit
生年月日 1968年3月4日(46歳)
出生地 ミドルセックス州ハウンズロー
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 ダン・ドノヴァン (1988-91)
ジム・カー (1992-96)
リアム・ギャラガー (1997-2000)
ジェレミー・ヒーリー (2009-2010)

パッツィ・ケンジットPatsy Kensit、本名:Patricia Jude Frances Kensit、1968年3月4日 - )は、イギリス女優歌手ミドルセックス州ハウンズロー出身。

経歴[編集]

幼少の頃から子役として雑誌やCMに出演、1972年、『For the Love of Ada』で映画デビューした。 その後『華麗なるギャツビー』、エリザベス・テーラー主演のミュージカル映画『青い鳥』のミチル役やハリソン・フォードの『ハノーバー・ストリート』などにも出演した。

1985年に兄ジェイミーが結成したバンド、エイス・ワンダーにリードヴォーカルとして加入し、翌年『ステイ・ウィズ・ミー』でデビューした。デビュー曲は本国イギリスではほとんど話題にならなかったが、イタリア日本で大ヒットした。日本では、『MTV』などのPV番組が続々放送を開始した時期と重なり、PVで超ミニスカートを着用して歌うパッツィがアイドル的な扱いをされて人気が高まり、洋楽チャート1位を獲得した。歌手デビューと同時期に映画『ビギナーズ』にデヴィッド・ボウイらと出演し、こちらも話題になった。

1988年、パーティーで知り合ったペット・ショップ・ボーイズに書き下ろしてもらった『モンマルトルの森』でイギリスでもようやくヒットした。初のアルバム『クロス・マイ・ハート』も発表し、順調にバンド活動を継続するかと思いきや、これ以降リリースはなく、実質解散状態となっている。

1989年公開の映画『リーサル・ウェポン2/炎の約束』へ出演し、ハリウッドに進出、世界的な女優として期待されるが、これ以降ヒット作品に恵まれていない。その後、イギリスに戻りテレビのコメディー番組などで人気者となっている。

私生活[編集]

父親はロンドンで悪名高いKray twinsとも交友のあったギャングであった。パッツィが生まれる前に獄中にいた。母親はアイルランド系。

恋多き女性として有名で、結婚・離婚を4度繰り返している。(1988年から1991年までダン・ドノヴァン1992年から1996年までジム・カー1997年から2000年リアム・ギャラガー)3人共それぞれバンドマンである。カーとギャラガーの間にはそれぞれ1子ずつ儲ける。2009年4月にDJのジェレミー・ヒーリーと4度目の結婚をしたが、2010年2月に離別した。

女優のエリザベス・ハーレーとは親友の間柄で、映画でも共演している。ハーレーの息子の名付け親でもある。

外部リンク[編集]