パチコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パチコン

  1. ユニバーサルグループから発売されたパチンコ機の通称
  2. 東芝EMI(後のEMIミュージック・ジャパンユニバーサル ミュージック)から発売されたファミリーコンピュータパチンコゲーム

本項では、双方について記述する。

パチンコ機[編集]

パチコンとは、かつてユニバーサルグループから発売されたパチンコ機種の通称。代表的な機種として、「GIGA」(瑞穂製作所)・「ジェネシス」(ユニバーサル)・「CR乙姫」(メーシー販売)など。

1990年代にユニバーサルグループはパチンコに参入することになったが、当時ユニバーサルグループは日本遊技機工業組合(日工組)に加盟しておらず、日工組が管理するパチンコ機に関する特許を利用することが出来なかった。それを逆手に取って、見た目はパチンコだが内部システムにパチスロのそれを取り入れたのがパチコンである。

パチンコとパチコンの最大の相違点は設定の存在である。初期の機種では大当たり確率が、後期の機種では電チュー開放確率がそれぞれ6段階設定となっていた。[1] また、当時のパチンコ機にあったアタッカー内のVゾーンも使えなかったため、アタッカーが開放して最初の数秒間に玉が入賞すれば継続する仕様となっていた。

ユニバーサルでは設定を細かく変更することで「釘調整の必要がないパチンコ」を謳っていたが、ユニバーサル自体パチンコではあまり実績のないメーカーだったこともあり、あまり普及しなかった。2001年にミズホが日工組に加盟したこともあり、ユニバーサルグループはパチコンの製造を取り止めた。

  1. ^ 「GIGA」の場合、大当たり確率が1/390(設定1)~1/222(設定6)。なお、パチンコも一時期大当たり確率の設定を設けていた時期があったが、こちらは設定1が一番大当たり確率が高くなる。

パチンコゲーム[編集]

パチコン1985年11月21日に東芝EMIから発売されたファミリーコンピュータパチンコゲーム。同機では初めてのパチンコゲームである。同年には先行してMSX版も発売されている。ファミリーコンピュータ用ソフトの売り上げが好評だったため[要出典]、のちに NEC PC-88011986年1月発売) PC-98011987年発売)に移植された。1988年10月4日にはファミリーコンピュータ ディスクシステムでも書き換え専用タイトルとして発売された。

本来は子供でも手軽にパチンコの楽しさを伝えるために開発されたもので、パッケージには「18歳未満、大歓迎!!」と書かれている。同じ大人娯楽である麻雀ゴルフといったを扱ったゲームとは異なり、同時期にはパチンコを題材としたゲームは非常に少なく(1983年セガSG-1000向けに発売した『パチンコ』、1984年カシオ計算機PV-1000PV-2000、MSX向けに発売した『パチンコUFO』ぐらいしかなかった)、大人からの支持が高かった[要出典]

羽根モノ(A)とデジパチ(B)の2機種を収録。「GAME」が練習用で直接機種に進み、ディスクシステム版に関しては釘調整も可能となっている。「SELECT」が実践用でホールを再現した構成で、120台の中から好きな台を選び、台毎に釘の曲がり具合が異なっており、打ち止めになるまで遊ぶといったものである。パッケージ表記の「240台」は、「SELECT」の両モード会わせた合計である。

実際のパチンコとは大きくかけ離れた内容ではあったが、確率によるデジタル表示やの配置によるの流れの変化など、パチンコの主要な点は楽しむ事ができた。

また、内部データには開発スタッフのY.Sによる開発の裏話や愚痴が記載されている。MSX版は沖縄方言によるものであり、内容もファミコン版とは異なる。

外部リンク