パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
サイモン&ガーファンクルスタジオ・アルバム
リリース
録音 1965年12月14日12月22日
1966年6月8日 - 8月22日
ジャンル フォークロック
時間
レーベル コロムビア・レコード(米国盤)
CBS/日本コロムビア
CBS・ソニー(日本盤)
プロデュース ボブ・ジョンストン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(アメリカ)[1]
  • 13位(イギリス、1969年)[2]
サイモン&ガーファンクル 年表
サウンド・オブ・サイレンス
(1966年)
パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
(1966年)
卒業-オリジナル・サウンドトラック
(1968年)
テンプレートを表示

パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』(Parsley, Sage, Rosemary and Thyme)は、サイモン&ガーファンクル1966年10月に発表したサード・アルバム。

解説[編集]

アルバム・タイトルはイギリス民謡スカボロー・フェア」の歌詞の一節から取られており、本作の1曲目に収録された「スカボロー・フェア/詠唱」は、「スカボロー・フェア」にポール・サイモンがソロ・アルバム『ポール・サイモン・ソングブック』(1965年)で発表した自作曲「ザ・サイド・オブ・ア・ヒル」の一部を織り込んだもの。「パターン」「雨に負けぬ歌」「簡単で散漫な演説」の3曲は、『ポール・サイモン・ソングブック』収録曲のセルフ・カヴァー。「7時のニュース/きよしこの夜」では、ニュースを読み上げるDJの声がオーバーダビングされており、公民権法の法案、レニー・ブルースの訃報、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアのデモ行進の予定、リチャード・スペックの公判、ベトナム戦争の反対運動について言及されている。

本作は全米4位に達し、サイモン&ガーファンクルのアルバムとしては初めて全米チャートのトップ10入りを果たした[1]

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、202位にランクイン[3]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はポール・サイモン作詞・作曲。

Side 1
  1. スカボロー・フェア/詠唱 - "Scarborough Fair/Canticle" (Traditional, arranged by Paul Simon, Art Garfunkel) - 3:10
  2. パターン - "Patterns" - 2:45
  3. クラウディ - "Cloudy" - 2:21
  4. 早く家へ帰りたい - "Homeward Bound" - 2:29
  5. プレジャー・マシーン - "The Big Bright Green Pleasure Machine" - 2:44
  6. 59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー) - "The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)" - 1:54
Side 2
  1. 夢の中の世界 - "The Dangling Conversation" - 2:37
  2. 雨に負けぬ花 - "Flowers Never Bend with the Rainfall" - 2:10
  3. 簡単で散漫な演説 - "A Simple Desultory Philippic (Or How I Was Robert McNamara'd into Submission)" - 2:19
  4. エミリー・エミリー - "For Emily, Whenever I May Find Her" - 2:04
  5. 地下鉄の壁の詩 - "A Poem on the Underground Wall" - 1:53
  6. 7時のニュース/きよしこの夜 - "7 O'Clock News/Silent Night" - 2:01

2001年リマスター盤ボーナス・トラック[編集]

  1. パターン (デモ) <モノーラル> - "Patterns" (Demo) - 2:53
  2. 地下鉄の壁の詩 (デモ) <モノーラル> - "A Poem on the Underground Wall" (Demo) - 1:51

カヴァー[編集]

脚注[編集]