マジック (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MAGIC
別名 魔法
ジャンル ロック
ロカビリー
ガレージ・ロック
活動期間 1988年 - 1999年
2017年 -
レーベル メルダック1990年 - 1996年
トーラスレコード1997年
バンダイ・ミュージックエンタテインメント1998年
共同作業者 今井裕(編曲)
魚海洋司(作、編曲)
船橋孝樹(作詞)
メンバー 上澤津孝ボーカル
山口憲一ギター
久米浩司ドラム
谷田部憲昭ウッドベース
旧メンバー 炭谷貴士(ウッドベース)
高橋琢巳(ウッドベース)
小坂浩人(ギター)
菅井敏昭(ドラム)
BLACK CATS

MAGICとは、日本ロカビリーバンドである。1988年から1999年にかけて活動し解散したが、2017年に再結成、活動再開している。

メンバー[編集]

前期(1988年 - 1994年)[編集]

後期(1994年 - 1999年)[編集]

  • 上澤津孝 - ボーカル
  • 谷田部憲昭 - ベース
  • 小坂浩人 - ギター(1994年 - 1998年)
  • 菅井敏昭 - ドラム(1995年 - 1997年)

再結成(2017年 - )[編集]

  • 上澤津孝 - ボーカル
  • 山口憲一 - ギター
  • 谷田部憲昭 - ベース
  • 久米浩司 - ドラム

来歴[編集]

1988年5月に上澤津孝と炭谷貴士が出会い「MAGIC」を結成。リーゼントにshottの革ジャン、VANSONのレザーパンツ、足元をRED WINGのエンジニアブーツで固めるハードな渋カジスタイルを全国に波及させ、ネオロカビリーブームを巻き起こした[1]

渋谷のPink Dragonを拠点に5人で活動を開始。メジャーデビュー前からストリートライブが評判を呼び、全国ライブハウスツアーも成功を収める[1]

1990年にメジャーデビュー[1]

1991年に炭谷貴士が脱退。炭谷に代わって高橋琢巳が加入するも、高橋は翌1992年に脱退。その後、谷田部がギターからベースにコンバートし、しばらくは上澤津(ボーカル)・山口(ギター)・谷田部(ベース)・久米(ドラム)の4人体制で活動。1993年に発売したシングル「天使のジェラシー」はテレビ朝日系列ドラマ『ツインズ教師』の主題歌となり、オリコン初登場37位で累計30万枚を売り上げた[1]

ロカビリー人気が高い富山県を中心とした北陸地方では特に大人気で、読売新聞では「国内人気No.1」として紹介されたこともある[2]

後に方向性の違いから、1994年に山口憲一と久米浩司が脱退。代わって1994年に小坂浩人(ギター)が、1995年に菅井敏昭(ドラム)が、それぞれ加入する。

上澤津・谷田部・小坂・菅井の4人体制となった後期は、織田哲郎NOBODYをプロデューサーに迎えて活動を展開する。1997年に菅井が脱退、また長年所属したメルダックを離れトーラスレコードに移籍。1998年にはバンダイ・ミュージックエンタテインメントに再移籍するも、ラストシングル「バーニング・ブルー」発売直前に小坂が脱退したため、最終的にオリジナルメンバーであった上澤津と谷田部の2人だけとなる。

1999年春、メンバー2人が所属事務所に解散の意向を表明し、解散。

2017年、上澤津、山口、谷田部、久米の4人で再結成し活動再開[3]

2019年10月1日、21年ぶりとなるシングル「ファイナルカウントダウン」を発売。併せて、結成30周年となる2020年1月にかけて、全国ライブツアーを実施[4]

エピソード[編集]

  • メジャーデビュー時点でメンバー全員(上澤津、山口、谷田部、久米、炭谷)が刺青を彫っていたなど、当初から『男臭さ』を前面に押し出していた。
  • 炭谷は脱退後、地元である富山県で衣料品・雑貨店[5]を経営。2005年にソロアルバムを発売し、音楽活動を再開。
  • 病没した葛西紀明の妹が10代の頃MAGICの大ファンであり、闘病中のためMAGICのライブに行けなかったことをメンバーが知るや、オフに急遽集まり、葛西の妹がいた名寄までメンバー全員で出向いて本人だけのための特別ライブを1994年2月22日[6]に開いた。ただ、当時は上澤津がテレビドラマ「横浜心中」に出演するなどスケジュールがタイトであったため、時間の関係もあり僅か1曲だけの披露に留まった。なお、この時のスポーツ紙の記事の見出しでは『入れ墨バンド』と紹介されていた[7]
    • そのテレビドラマ「横浜心中」では、上澤津のほか、上澤津が演じた青年のバックバンド役として、当時のメンバー全員が出演した[1]
  • 山口・久米は、脱退後、新たなバンド「RODEO」を結成して活動し、2000年に解散。山口は谷田部と「JOHNNY KOOL[8]」を結成し、久米は「CROSSFIRE」を結成した。
  • また山口は上澤津とも再会し、2001年に山口と上澤津で「wface」を結成して活動。MAGIC時代の曲もカバーする。
  • 上澤津はのち沖縄へ移住してドクターマーチン沖縄[9]などを経営。個人のfacebook[10]では2013年のソロ活動開始を発表、「琉球グラフィティ」などを発表している。
  • 山口は、他に音楽ユニット「GRETSCH BROTHERS」を結成、2013年には再びLEVI DEXTERとのコラボ・アルバムを発表。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 作詞・作曲・編曲
前期 1st 1990年8月21日 STREET ANGEL 作詞:上澤津孝
作曲:久米浩司
編曲:MAGIC
2nd 1991年4月21日 ブラッディ・マリーの夜 作詞:上澤津孝
作曲:山口憲一
編曲:MAGIC
3rd 1991年12月16日 さらば青春の光 作詞:すぎやまこうたろう
作曲:山口憲一
編曲:魚海洋司・MAGIC
4th 1992年8月18日 GOLDEN SUMMER 作詞:船橋孝樹
作曲:久米浩司・魚海洋司
編曲:魚海洋司・MAGIC
5th 1992年6月25日 東京バーニング・タウン 作詞:舟橋孝樹
作曲:山口憲一・久米浩司・魚海洋司
編曲:魚海洋司・MAGIC
6th 1993年4月28日 天使のジェラシー 作詞:舟橋孝樹
作曲:久米浩司・魚海洋司
編曲:魚海洋司・MAGIC
シンセサイザーアレンジ:山中紀昌
7th 1993年10月21日 マリアのように抱きしめてくれ 作詞:上澤津孝
作曲:山口憲一・久米浩司
編曲:MAGIC
後期 8th 1995年4月21日 あの夏が聴こえてくる 作詞:小田佳奈子
作曲・編曲:織田哲郎
9th 1995年7月21日 SUMMER ROSE 作詞:松井五郎
作曲・編曲:魚海洋司
10th 1995年10月21日 パステルカラーに染めてくれ 作詞:上澤津孝・松井五郎
作曲・編曲:織田哲郎
11th 1996年8月21日 STAND UP, BOY
作詞:竜真知子
作曲・編曲:NOBODY
12th 1997年4月25日 BABY MAGIC EYES 作詞:相澤由美子・NOBODY
作曲・編曲:NOBODY
13th 1998年11月5日 バーニング・ブルー 作詞・作曲:上澤津孝
編曲:今井裕・MAGIC
再結成 14th 2019年10月1日 ファイナルカウントダウン 作詞:上澤津孝
作曲:織田哲郎

アルバム[編集]

前期[編集]

  1. ROCK'A BEAT (1990年8月21日)
  2. NOWHERE (1991年4月21日)
  3. MAGIC (1992年2月21日)
  4. Speed Star (1992年11月21日)
  5. ROCK'A BEAT CAFE (1993年10月21日)

後期[編集]

  1. あの夏が聴こえてくる (1995年5月21日)
    織田哲郎プロデュース
  2. FOOLY COOLLY (1996年8月21日)
    NOBODYプロデュース
  3. BABY MAGIC (1997年6月21日)
    NOBODYプロデュース
  4. 再会 (1998年8月21日)

ベストアルバム[編集]

  1. 天使のジェラシー〜MAGIC Best Collection (1993年6月9日)
  2. パステルカラーに染めてくれ〜MAGIC BEST COLLECTION (1995年11月22日)
  3. MAGIC SINGLES (1997年7月24日)
  4. MAGIC SUPER BEST (2006年8月23日)
  5. MAGIC コンプリートBOX(2007年)
  6. Dearest Cream Soda with love MAGIC All Time Super Best “Ballad“(2017年10月25日)

コラボレーションアルバム[編集]

  1. Levi Dexter & MAGIC (1993年12月16日)

ビデオ[編集]

  1. クリームソーダ伝説(1992年11月21日)
  2. MAGIC LIVE 龍が降りた夜(1994年3月21日)
  3. TEDS(1995年7月21日)

DVD[編集]

  1. PV COLLECTION(2005年9月21日)
  • PV制作がなかった「STAND UP, BOY」を除く全シングル、「MAGIC〜俺たちのGroly Days」、ボーナスクリップ2曲を収録。このうち「BABY MAGIC EYES」はマスターテープが所在不明であったため、マスターテープからダビングしたビデオテープの映像が収録されている(そのため映像にノイズが入っている)。

未発表曲[編集]

  1. STREET ANGEL(インディーズ・バージョン)
  2. ROCK'A BEAT(インディーズ・バージョン)
  3. バンコックの夜(インディーズ・バージョン)
  4. 追憶
  5. 19の夏(結成当時のデモ音源)
  6. Motorcycle Boy(結成当時のデモ音源)
  7. 陽炎(3rdシングル候補曲としてスタジオレコーディング)
  8. 涙の長距離電話(8thシングル候補曲としてスタジオレコーディング)
  9. 熱いKISSではじめよう(8thシングル候補曲としてスタジオレコーディング。後の9thシングル「Summer Rose」)
  10. TOKYO ROSE(AKINAによるシングル曲「Tokyo Rose」の別歌詞。「赤坂泰彦のミリオンナイツ」でデモ・テープとしてオン・エア)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e PROFILE - MAGIC and BLACK CATS公式ホームページ
  2. ^ 読売新聞、1993年4月3日付夕刊『「ネオロカ」人気なぜ?』
  3. ^ ファッションブランド「クリームソーダ」50周年記念アイテムが11種発売 BARKS
  4. ^ 公式ホームページ(NEWS)
  5. ^ 衣料品・雑貨店(2016年4月7日時点のアーカイブ
  6. ^ この日はリレハンメル五輪期間中で、葛西はジャンプ競技に出場中であった。
  7. ^ 日刊スポーツ、1994年3月7日付
  8. ^ JOHNNY KOOL
  9. ^ ドクターマーチン沖縄
  10. ^ 上澤津孝facebook
[ヘルプ]

外部リンク[編集]