パスツレラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パスツレラ属
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱
Gamma proteobacteria
: パスツレラ目
Pasteurellales
: パスツレラ科
Pasteurellaceae
: パスツレラ属
Pasteurella
学名
Pasteurella Trevisan 1887
下位分類(種)
  • Pasteurella multocida
ほか本文参照

パスツレラ属(Genus Pasteurella)とはグラム陰性通性嫌気性真正細菌の一属[1][2]。非運動性かつ多形性で、ほとんどの種がカタラーゼオキシダーゼ陽性である[3]。多くは哺乳綱鳥綱の常在菌として存在するが、ニワトリコレラを始めとした種々の人畜感染症にも関与する。

1887年に、ニワトリコレラのワクチンを開発するなど、これらの細菌の研究に貢献したルイ・パスツールを称えて命名された[4]

病原性[編集]

パスツレラ症を参照。

下位分類(種)[編集]

  • Pasteurella multocida(タイプ種) - P. aerogenes - P. bettyae - P. canis - P. dagmatis - P. gallicida - P. langaaensis - P. lymphangitidis - P. mairii - P. pneumotropica - P. skyensis - P. stomatis - P. testudinis

脚注[編集]

  1. ^ Pasteurella”. List of Prokaryotic Names with Standing in Nomenclature. 2006年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月6日閲覧。
  2. ^ Kuhnert P; Christensen H (editors). (2008). Pasteurellaceae: Biology, Genomics and Molecular Aspects. Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-34-9 
  3. ^ Health Protection Agency (2007). Identification of Pasteurella species and morphologically similar bacteria (.pdf) Archived 2009年9月22日, at the Wayback Machine.. National Standard Method BSOP ID 13 Issue 2.1.
  4. ^ Mutters, R. et al. (1985). “Reclassification of the Genus Pasteurella Trevisan 1887 on the Basis of Deoxyribonucleic Acid Homology, with Proposals for the New Species Pasteurella dagmatis, Pasteurella canis, Pasteurella stomatis, Pasteurella anatis, and Pasteurella langaa”. Int. J. Syst. Bacteriol 35: 309-322.