パスカル・ネミロフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パスカル・ネミロフスキPascal Nemirovski1962年1月15日 - )は、フランスピアニストで、ロシア人の血を引いている。

略歴[編集]

1981年アメリカジュリアード音楽院に奨学生(Steinway & Freundlich Fund)として入学。ヨゼフ・ホフマンの弟子である、ナディア・レイゼンベルグ、またヨゼフ・レヴィーンの弟子であるアデーレ・マーカスに師事する。

1984年にはパリに移り、アレクシス・ワイセンベルクに師事。

アメリカアジアヨーロッパなどで数々のマスタークラスを行い、またその様子をラジオ、テレビなどで放送される。

1989年ウラディーミル・スピヴァコフの要請により、コルマール国際音楽祭にてマスタークラスを設立。ドミトリー・バシュキーロフパスカル・ドゥヴァイヨンゲイリー・グラフマンジャン=フランソワ・エッセールウラジーミル・クライネフユーディ・メニューインらの内、最年少の講師となる。

1995年ルーブル美術館オーディトリアムにてリサイタルを行い、それを最後に公開演奏会から引退し、ピアノ音楽研究と教育活動に専念。

フランス、韓国、アメリカ、日本やロシアなどからの生徒を含み、中でも、リーズ・ドゥ・ラ・サールが著名な弟子にいる。

2004年ショパンプロコフィエフ、そしてスクリャービンを中心としたCD「天と地の間で(Entre ciel et terre)」をリリース。

2006年ロンドン英国王立音楽院(Royal Academy of Music)のピアノ教授として迎えられる。

スタインウェイアーティストのひとりである。

外部リンク[編集]