パシフィック・サーフライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パシフィック・サーフライナー
パシフィック・サーフライナー (サン・クレメンテ付近)
パシフィック・サーフライナー (サン・クレメンテ付近)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運行者 アムトラック
始発 サンルイスオビスポ
終着 サンディエゴ
運行距離 563 km
所要時間 8時間15分
列車番号 南行: 562, 564, 566, 768, 572, 774, 580, 582, 784, 790/1790, 796
北行: 761/1761, 763, 565, 567, 769, 573, 777, 579, 583, 785, 591, 595
バスによる便: 5804, 5818, 5801, 5811[1]
車内設備 ビジネス席・普通座席
10駅で手荷物扱いあり
使用車両 EMD F59PHI 機関車
サーフライナー
スーパーライナー I/II
運行開始 2000年6月1日
軌間 1,435 mm
テンプレートを表示

パシフィック・サーフライナー (英語: Pacific Surfliner) は、アメリカ合衆国南カリフォルニアで運行されているアムトラックの列車である。サンルイスオビスポサンディエゴ間の560kmを約8時間半で結ぶ。この列車はカリフォルニア州交通局 (Caltrans)を通じて州の資金援助を受けて運行されており、アムトラック・カリフォルニアのブランドが付いた路線の一つである。

コーチとビジネスの2クラスがあり、車内には荷物棚、折りたたみテーブルとフット・レスト付のリクライニング・シート、読書灯、トイレ、無線LAN、120Vのコンセントを備え、軽食と飲み物が買えるカフェ車が設けられている。そのほか、自転車の搭載場所、Wifiスポット、車椅子用のリフトを装備している。

2013年度の1日利用者数は7,413人[2]であり、アムトラックの路線の中ではノースイースト・リージョナルアセラ・エクスプレスに続いて3番目に利用者が多い。

概要[編集]

アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道はかつてロサンゼルス - サンディエゴ間でサンディエガン英語版という列車を運行していたが、1971年に発足したアムトラックがその列車の運行を引き継いだ。1988年に運行区間は北にサンタバーバラまで、更に2000年にはサンルイスオビスポまで拡大した。これに伴いサンディエゴに因む"サンディエガン"という名称はこの列車には合わなくなったので、"パシフィック・サーフライナー"という名称に変更された。

サンディエゴ - ロサンゼルス間には1日に各方向に11本の列車が運転されている。ロサンゼルスより北を走る列車は、ゴリータ(サンタバーバラの北隣の駅)折り返しが3本、サンルイスオビスポ折り返しが2本である[1]

  • 本数は平日と休日でおなじだが発着時刻が変わる列車がある。
  • ゴリータ終着・始発の列車にはサンルイスオビスポとの間に連絡バスが接続している。
  • サンディエゴ - ロサンゼルス間の列車のうち、ロサンゼルス - サンタバーバラ間をバスで連絡する列車が両方向1日2本ずつある。
  • 列車によってはメトロリンクとの接続が考慮されている。
  • サクラメントからキャピトル・コリドー、連絡バス、パシフィック・サーフライナーと乗り継いでサンディエゴまで行く(またはその逆)の場合の連絡時刻が案内されている。

駅一覧[編集]

パシフィック・サーフライナー (interactive map)

車両[編集]

編成の例
2013年4月27日
場所 サンディエゴ
列車 南行572列車
  • 機関車 P42DC AMTK #167
  • サーフライナー ビジネスクラス CDTX #6852 "Elysian Park"
  • サーフライナー コーチ/カフェ AMTK #6302 "Carbon Canyon"
  • サーフライナー コーチ AMTK #6406 "Laguna Beach"
  • スーパーライナー I コーチ AMTK #34960 "Sequoia Grove"
  • スーパーライナー II コーチ AMTK #34105
  • サーフライナー 普通席/荷物/制御車 AMTK #6904 "Point Sur"


2013年4月8日
場所 ロサンゼルス
列車 北行761列車
  • 機関車 P42DC AMTK #10
  • アムフリート I コーチ AMTK #82710
  • ホライズン クラブ-ダイネット (ビジネス/カフェ) AMTK #58108
  • ホライズン コーチ AMTK #54552
  • アムフリート I コーチ AMTK #82570
  • アムフリート I コーチ AMTK #82580
  • アムフリート I コーチ AMTK #82620
  • 無動力制御車 (キャブ/荷物) AMTK #90230

*AMTKはアムトラックの車両、CDTXはCaltransの車両

パシフィック・サーフライナーの先頭に立つキャブカー(AMTK #6905)
レイク・フォレストにて
パシフィック・サーフライナーのビジネスクラス・カーの1階席
EMD F59PHI機関車
サンタバーバラにて

この列車は2階建て客車サーフライナーを使用している。塗装はこの路線専用の青と銀色の塗り分けである。この客車にはアムトラック(AMTK)所有のものとCaltrans(CDTX)所有のものがある。各編成は機関車、ビジネスクラス・カー、3両のコーチ、コーチ/カフェ(合造車)、キャブカー(制御客車。コーチ/荷物置き場/運転室を備えた合造車)より成り、プッシュプル方式で運転されている。ロサンゼルスのユニオン駅は行き止まりになっているので、そこで列車の進行方向が変わる。そのため場所と進行方向にかかわらず常に制御客車がロサンゼルスの方を向くようになっている。行き止まり型の駅は効率が悪いのでユニオン駅の一部を通過型に改良するプロジェクトが進行中である。[3][4]

利用者の増加からコーチを3両にしているが、サーフライナーが足りず、長距離用のスーパーライナーがしばしば連結されている。しかし、スーパーライナーは自動ドアではないので、自動ドアを備えたサーフライナーのコーチとキャブカーの間に連結して対処している。

車両不足への対応としてはまた6両編成のアムフリート I(Amfleet I)またはホライズン(Horizon)も使われている。その編成では後部にキャブカーではなく、無動力制御車(F40PH機関車の動力部を取り払い、荷物置き場にした制御車)が連結される。

この列車の運転に用いられる機関車はすべてアムトラック所有のもので、サーフライナーに合わせた塗装のEMD F59PHIが充てられている。しかし時には運用の都合で他の長距離列車用のP42DCが使用されることもある。

現在機関車、客車共に2020年頃を目途に新型車両への置き換え計画があり、機関車はシーメンス・モビリティの新型機関車"チャージャー英語版"に置き換え予定ある。[5] 客車もシーメンス・モビリティのSiemens single-level carsの予定である。[6]

線路所有者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Amtrak. “Pacific Surfliner Schedule 040714 (PDF)”. 2014年7月2日閲覧。
  2. ^ Amtrak. “AMTRAK SETS RIDERSHIP RECORD AND MOVES THE NATION’S ECONOMY FORWARD (PDF)”. 2014年7月2日閲覧。
  3. ^ Los Angeles Union Station Run-Through Tracks Project”. Federal Railroad Administration. 2014年7月2日閲覧。
  4. ^ Regional Rail Capital Funding Plan For FY 2012-13 (PDF)”. Los Angeles County Metropolitan Transit Authority (July 18 ,2012). 2014年7月2日閲覧。
  5. ^ Siemens Sacramento nabs $240M multistate contract”. 2018年10月30日閲覧。
  6. ^ Caltrans Amends Multimillion Dollar, Multi-State Railcar Contract”. 2018年10月30日閲覧。

外部リンク[編集]