パシオン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パシオン川
パシオン川
延長 353.90 km
平均流量 322.8 /s
エル・ポルベニール
流域面積 12,156 km²
水源 グアテマラ
アルタ・ベラパス県ペテン県
水源の標高 -- m
河口・合流先 ウスマシンタ川
流域 グアテマラの旗 グアテマラ
数値出典[1]
テンプレートを表示

パシオン川Río la Pasión)は、グアテマラ共和国の北部低地地域を流れる河川である。アルタ・ベラパス県丘陵地帯を源とする何本もの源流から成る。これら源流は北へと流れパシオン川を形成し西へと流れ、サリナス川[2]と合流する。この二つの川の合流によってウスマシンタ川という大河となり、北へと流れ、最終的にメキシコ湾へ注ぎ込む。

パシオン川とその支流からなる水系は、ペテン県西部の広い地域を流域とし5,000平方キロメートルを越える[3]。パシオン川流域は古典期に繁栄したマヤ文明遺跡地帯として認知されており、この地域にある代表的なマヤの祭祀センター、または都市の遺跡は、ドス・ピラスタマリンディートアルタル・デ・サクリフィシオスアグアテカセイバルマチャキラーなどが挙げられる[4]

出典[編集]

参考文献[編集]