パカパカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パカパカとは、かつて使用されていたアニメーションの技法のひとつで、背景色を激しく点滅させて表現する技法である。

概要[編集]

閃光の連続を用いる画面効果であり、日本のアニメ制作の中で開発された[1]。少ない動画枚数で画面を派手に見せる効果があり、かつては予算をかけずに見栄えを良くすることができる効果的な手法として数多くのテレビアニメで多用された[2][3]

ところが1997年12月16日に放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話の放送を見た多くの視聴者が体調不良を訴えた事件を機に、背景色の点滅による悪影響(光過敏性発作など)が広く知られるようになった[3]。このため、現在はNHKと民放各社が「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」を策定し、パカパカの乱用が自主規制されている[1]。後にはVTRに使用される光の点滅レベルを細かくチェックする専用のソフトウェアなどが販売されており[4]、報道各局では、それらを使用して映像の検査を行っているところもある。

パカパカの技法に用いる色の組み合わせは多種多様であるが、鮮やかな赤(原色に近い赤)を使用するパカパカは特に刺激が強く、注意を要するとされている[1]

問題となった事例[編集]

テレビ東京系列で1997年12月16日に放送された『ポケットモンスター』第38話では、18時51分35秒から約4秒間に渡って赤色と青色の点滅が用いられており[1]、これを原因として体調不良を訴える視聴者が続出したが、これがいわゆるパカパカと呼ばれる技法によるものであった[2][3]。この件をきっかけに、パカパカの危険性が注目されることとなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」解説資料 (PDF)”. 日本民間放送連盟 (1998年6月). 2011年9月11日閲覧。
  2. ^ a b 首藤剛志 (2008年9月3日). “第159回 ポケモン事件 その日の夜悶々”. WEBアニメスタイル シナリオえーだば創作術 だれでもできる脚本家. スタジオ雄. 2011年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c 首藤剛志 (2008年11月26日). “第165回 ポケモン事件でできたガイド・ライン”. WEBアニメスタイル シナリオえーだば創作術 だれでもできる脚本家. スタジオ雄. 2011年8月31日閲覧。
  4. ^ 点滅映像検出支援ソフトウェア「FLICKER CHECK」”. 日立電子サービス. 2011年9月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

放送倫理 アニメーション等の映像手法について(NAB 社団法人 日本民間放送連盟)