パオロ・サヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Paolo Savi

パオロ・サヴィ(Paolo Savi、1798年7月11日 - 1871年4月5日)はイタリアの博物学者である。イタリアにおける近代地質学のパイオニアで、鳥類学者、動物学者としても働いた。

略歴[編集]

ピサに生まれた。父親はピサ大学の植物学の教授のガエターノ・サヴィである。弟に植物学者となったピエトロ・サヴィがいる。はじめ植物学を学び、1817年にピサ大学の講師助手となった。1823年に博物学の教授となった。1826年にトスカーナ大公国によってトスカーナの最初の地質調査を委託され、パリに地質学と動物学を学んで1827年までに知識を習得した。地質学の分野ではアペニン山脈のモンテ・ピサニノの地質図をつくり、カララ市でとれる大理石の起源や、モンテバンボリから採取された化石の研究、エルバの鉄鉱石、トスカーナやピサ周辺の地質と層序の研究などを発表した。ピサの自然史博物館の館長に1823年に就任し、そのコレクションを拡充した。1840年には比較解剖学と動物学の教授に任じられた。1839年にピサで開かれた科学会議を準備し、1843年から1844年のピサ大学紀要(Annali delle Università toscane)を出版した。

鳥類学の分野ではトスカーナの鳥類に関する総括論部(モノグラフ)などを書いた。

トスカーナ大公国のサンジュゼッペ勲章(Ordine di San Giuseppe)を受勲し、1831年にロンドン動物学会の会員となった。1862年にイタリア国王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によって上院議員に任命された。

著作[編集]

  • Ornitologia Toscana, 3 Bände, Pisa 1827-1831
    • Nachdruck herausgegeben von seinem Sohn Adolfo nach seinem Tod als Ornitologia Italiana, 3 Bände, Florenz, 1873 bis 1876
  • Carta geologica dei Monti Pisani levata dal vero, Pisa 1832
  • Tagli geologici delle Alpi Apuane e del Monte pisano e cenno sull’isola d’Elba, Nuovo Giornale de' Letterati, XXVI, 1833
  • Sulla miniera di ferro dell’Isola d'Elba, Nuovo Giornale d. Lett., XXXI, 1835
  • Sopra i carboni fossili dei terreni miocenici della Maremma Toscana, Pisa 1843
  • Sulla catena metallifera delle Alpi Apuane e sulla costituzione geologica dei Monti Pisani, Pisa 1846
  • mit Meneghini: Considerazioni sulla geologia della Toscana, Florenz 1851
  • Saggio sulla costituzione geologica della Provincia di Pisa, Pisa 1863

参考文献[編集]

Pa.Saviは、植物の学名命名者を示す場合にパオロ・サヴィを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)