コンテンツにスキップ

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1800-1873)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
Pauline von Württemberg
ヴュルテンベルク王妃
カール王子を抱くパウリーネ、ヨーゼフ・スティエラー
在位 1820年4月15日 - 1864年6月25日

出生 1800年9月4日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国リガ
死去 (1873-03-10) 1873年3月10日(72歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
埋葬 ドイツの旗 ドイツ帝国
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国ルートヴィヒスブルク
結婚 1820年4月15日 シュトゥットガルト
配偶者 ヴュルテンベルクヴィルヘルム1世
子女 カタリーナ
カール1世
アウグステ
家名 ヴュルテンベルク家
父親 ヴュルテンベルク公子ルートヴィヒ・フリードリヒ
母親 ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク
テンプレートを表示

パウリーネ・テレーゼ・ルイーゼ・フォン・ヴュルテンベルクPauline Therese Luise von Württemberg, 1800年9月4日 - 1873年3月10日)は、ヴュルテンベルクヴィルヘルム1世の3度目の王妃。

生涯

[編集]

ヴュルテンベルク公子ルートヴィヒ・フリードリヒヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男)と、ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの娘ヘンリエッテの第3子として、リガで生まれた。

従兄にあたるヴィルヘルムと1820年4月15日に結婚、3子の母となった。

パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク (1800-1873)

1800年9月4日 - 1873年3月10日

ドイツの君主
先代
エカテリーナ・パヴロヴナ・ロマノヴァ
ヴュルテンベルク王妃
1820年4月15日 – 1864年6月25日
次代
オリガ・ニコラエヴナ・ロマノヴァ