パイヌール湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パイヌール湖
Lake Peigneur.jpg
パイヌール湖の位置(ルイジアナ州内)
パイヌール湖
パイヌール湖
場所 アメリカ合衆国ルイジアナ州アイビーリア郡
座標 北緯29度58分51秒 西経91度59分00秒 / 北緯29.9808度 西経91.9833度 / 29.9808; -91.9833座標: 北緯29度58分51秒 西経91度59分00秒 / 北緯29.9808度 西経91.9833度 / 29.9808; -91.9833
最深部 200フィート (61 m)[1]
テンプレートを表示

パイヌール湖は、アメリカ合衆国ルイジアナ州に位置する湖である。

以前は10フィート (3m) の深さの淡水湖だったが、1980年11月20日に発生した事故により、湖の形状と周囲の地形が大きく変わってしまった。[1][2]

掘削事故[編集]

1980年11月20日、契約に基づいて石油採掘を行っていたテキサコ社の作業員が、誤って湖の下にある岩塩鉱山に届く穴を掘削してしまった。 事故は測量システムの誤った解釈により発生したもので、14-インチ (36 cm) のドリルにより開けられた穴は連鎖的に広がり、淡水だった浅い湖は、より深い塩湖へと変わってしまった[3]

事故により、多くの証拠が破壊されたり、渦流に飲み込まれてしまったため、何が発生したかを特定することは難しい。一説によれば、テキサコの作業員による計算ミスが原因で、湖の底に穴を開けてしまったことにあるといわれている。結果として、すべての湖の水が穴に集中して吸い込まれ、流入した水により土壌や塩が洗い流され、何年もかけて塩が掘り出された跡の洞窟を満たした。

人的被害は幸い報告されていないが、3匹の犬が犠牲となった。事故の時点で坑内にいた作業員は、事前に行われていた避難訓練が功を奏し、全員避難することができた。

事故の後[編集]

テキサコおよび掘削業者は、3200万ドルを岩塩鉱山の管理会社に、1280万ドルを周辺の植樹業者に支払った。

塩水化[編集]

事故後、淡水だった湖は塩水あるいは汽水へと変化してしまった。事故により、湖は深さを増し、生態系に永久的な影響を与えることとなった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Lake Peigneyr TMDLS for dissolved oxygen and nutrients Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine. EPA 2002 report
  2. ^ Lake Peigneur - Oil rig disasters - Offshore Drilling Rig Accidents Archived 2016年9月12日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Bellows, Alan. “Lake Peigneur: The Swirling Vortex of Doom”. Damninteresting.com. 2013年8月26日閲覧。