パアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パアン
Hpa-An
ミャンマーの旗
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 州 カレン州の旗 カレン州
パアン
人口
人口 (2014現在)
  域 421,525人
その他
等時帯 UTC/GMT +6.5
市外局番 58

パアン(ဘားအံမြို့、Hpa-An) は、ミャンマーカレン州の州都であり最大の都市である。 2014年国勢調査時点でのパアンの人口は421,575人である。パアンに住む人々の多くはカレン族である。

語源[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

気候[編集]

パアンの気候は熱帯モンスーン気候(ケッペン気候分類Am)です。年間を通じて気温は非常に高いですが、モンスーンの季節には雲や雨が多く、最高気温はやや低くなります。冬の乾季(11月 - 4月)と夏の雨季(5月 - 10月)があります。6月から8月にかけて集中豪雨が降り、8月だけでも1,100ミリ(43インチ)以上の雨が降ります。

人口[編集]

421,525人(2014年)

文化[編集]

交通[編集]

パアンからヤンゴンモーラミャインミャワディなど各地方都市への高速バスが出ています。

宗教[編集]

住民の大半はテラヴァダ仏教徒で、バプテスト派、聖公会派、ローマ・カトリックのキリスト教徒が続いています。

見どころ[編集]

パアンにはカレン州州立文化博物館があります。ツェガビンの丘は観光客にとって魅力的な場所であり、キョウク・カ・ラット・パゴダ(Kyauk Ka Lat Pagoda)やカトゥゴン洞窟(またはカトゥゴン洞窟)などがあります。他にも、ハパアンから車で2時間の距離にあるキョーン・フタウ滝や、カイン州で最大かつ最長の洞窟であるサッダン洞窟なども興味深い場所です。

経済[編集]

教育[編集]

施設[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]


外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、パアンに関するカテゴリがあります。