バーント・ノトケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーント・ノトケ
Bernt Notke goss 74a.jpg
『自画像』(1504年頃)
生誕 1435年頃
死没 1508年/1509年
リューベック

バーント・ノトケDe-Bernt_Notke.ogg Bernt Notke[ヘルプ/ファイル], 1435年頃 ポメラニア、ラッサン - 1508年/1509年冬 リューベック)は、当時の北ヨーロッパで最も重要なドイツ画家彫刻家ベルント・ノトケとも表記される。

ノトケの彫刻で最も有名なものは、ストックホルムガムラスタンの大聖堂にある『聖ゲオルギウスとドラゴン』である。リューベックの聖カタリーナ教会には、この彫刻の精巧な複製がある。

またノトケは、リューベック大聖堂の世界最大の『勝利の十字架』の作者でもある。

ノトケの描いた『死の舞踏』のうち、リューベックの聖マリア教会にあったものは連合軍の爆撃によって破壊されてしまったが、ラヴァル(現エストニアタリン)の聖ニコラス教会にあったものは無事だった。

聖礼美術品の取引は遠く北ノルウェーにまで及んでいて、ハーシュタのトロンデネス教会にノトケの作った祭壇がある。

[編集]