バーレーンのイスラム教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマドから当時バーレーンの知事を務めていたムンジール・イブン・サワ・アル・タミミに宛てた手紙

本項目ではバーレーンイスラム教について記述する。

概要[編集]

バーレーンでは国教とされており、ほぼ全ての国民がムスリムである。しかしながら、インドフィリピンスリランカのような、非ムスリム諸国出身の移民や外国人労働者が流入しているため、国内のムスリムの割合は20世紀末以降減少。

2010年国勢調査によると、総人口の70.2%がムスリムという[1]。正確な数は把握されていないものの、シーア派がムスリム人口の3分の2程度とされる[2]

歴史[編集]

カタールやバーレーンの住民はイスラム教の伝来以前、アワルのようなを崇拝する異教徒であった。しかし、7世紀に入るとイスラム教がアラブ地域全体を席巻。預言者ムハンマドは初の使節であるアル=アラーア・アル=ハドラミを、バーレーン君主ムンジール・イブン・サワ・アル・タミミに遣わすこととなる。

かくして628年には、クウェートからアル=ハサカティーフバーレーン諸島を含むカタールの南岸部にまで勢力を伸長。ムンジールはイスラム教への改宗を表明すると共に、カタールに居住する一部ペルシア人を含む、バーレーンやカタールの住民全員もムスリムとなった。バーレーンにおけるイスラム時代の幕開けである。

カーマティアンで知られるシーア派の一派・イスマーイール派899年バーレーンを掌握し、要塞や軍事作戦の基地とした。その後バクダッドに侵攻し、930年にはメッカメディナを攻略。ザムザムの泉巡礼者の死体で汚し、黒石をバーレーンに持ち帰った。カーマティアンは976年、同じくイスマーイール派に属するアッバース朝に敗北し、爾来勢力が衰微してゆく。

マナーマのグダイビヤモスク

カーマティアン国家の敗北に伴い、イスマーイール派も漸次衰退を余儀無くされるが、以後400年にわたるスンナ派君主の下で、同派の一派である十二イマーム派が台頭。歴史家フアン・コールによると、スンナ派はカーマティアンを抑える上で十二イマーム派を好み、バーレーンでの発展を奨励したという[3]

13世紀には、正統十二イマーム派に哲学の諸主題や神秘主義を習合した「バーレーン学派」が勃興。シェイフ・カマル・アッディーン・サーダーやシェイフ・ジャマル・アッディーン・アリ・イブン・スレイマン・アル=バーラニ、マイサム・アル・バーラニらの神学者を輩出するに至る[4]

現況[編集]

正式な数は不明だが、生粋のバーレーン人のうち7割程度が十二イマーム派を奉じ、残りの3分の1が様々な分派のスンニ派を信仰しているという。ハイファ家やこれを支持する部族は、イスラム法学ではアブドゥル・ビン・アリ・アル・ウユニが開いたウユニ朝時代に展開した、マーリク学派を信奉。ハナフィー学派を奉じる南アジアのムスリム系住民も多数おり、南アジアから伝来したジャファリー学派を信仰する者もいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ General Tables (PDF)”. Bahraini Census 2010 (2010年度). 2014年9月6日閲覧。
  2. ^ http://www.fco.gov.uk/en/travel-and-living-abroad/travel-advice-by-country/country-profile/middle-east-north-africa/bahrain
  3. ^ Juan Cole, Sacred Space and Holy War, IB Tauris, 2007 pp32
  4. ^ Ali Al Oraibi, Rationalism in the school of Bahrain: a historical perspective, in Shīʻite Heritage: Essays on Classical and Modern Traditions by Lynda Clarke, Global Academic Publishing 2001, p. 331