バーレーワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーレーワインの色の範囲は透明度のある深い琥珀色から、曇ったマホガニー色(左)、ほとんど不透明な黒色(右)まで渡る。

バーレーワイン(あるいはバーレイワイン[1])は、エールの一種であり、19世紀イングランドで醸造されたビールを起源とするアルコール度数の強いビールのスタイルの1つ。

概要[編集]

19世紀イギリスが発祥とされる[2](2016年から300年以上前とする説もある[3])。イギリスでは気候の関係でブドウが生産できず、フランスワインの人気に嫉妬してワイン並みにアルコール度数が高く、年単位での長期熟成が行えるバーレーワインが開発されたとされている[2][4]。また、ワイン同様に熟成期間が長いほど価値が高いという[2]

ワインと同じぐらいの強さという意味でバーレーワイン(英語: barley wine日本語直訳:麦のワイン、大麦のワイン[3][4])と呼ばれる。しかし、ブドウではなく麦芽から造られるためワインではなくビールである。アメリカ合衆国では、バーレーワインが「barley wine-style ales」と呼ばれるのもこの理由から。このことは、バーレーワインが麦から造ったビールであり、ワインではないということを示している。また、日本の酒税法上でもビールである[3]

特徴[編集]

通常のビールのアルコール度数は約5%であり、出来立てを楽しむことが多い[3]。これに対し、バーレーワインのアルコール度数は7%から14%が一般的であり、長期熟成させることが特徴である[3]

使用される麦芽の量や、種類も通常のビールより多くなるため、濃厚で複雑な香りを産む[3]。香りはドライフルーツにも例えられ、ウィスキーブランデーとも似てくる[3]。炭酸も弱めであり、長期熟成によって苦み、甘味、アルコール感、エステル香のバランスが良い[3]

熟成期間が通常のビールの6倍以上かかるため、熟成に用いるタンクの占有期間も長く、維持管理コストがかさむこと、出荷頻度が低下することなどから、日本で製造しているメーカーは多くない[1]

バーレーワインの特性[編集]

  • 初期比重: 1.090-1.120
  • アルコール度数: 8.5-12 %
  • 苦味: 50-100 IBU
  • 色: 24-48 SRM


日本のバーレーワインの例[編集]

ウィートワイン[編集]

ウィートワイン英語: Wheat wine)は、バーレーワインが主に大麦を主原料にして造られるのに対し、小麦を主原料にして造られる高アルコールビールのスタイル。バーレーワイン同様に長期熟成が可能[4]

1980年代アメリカ合衆国で誕生した。日本ではサンクトガーレン[4]などが製造販売している。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]