バーミンガム (軽巡洋艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Birmingham (1913).jpg
艦歴
発注 1911年
起工 1912年6月
進水 1913年5月7日
就役 1914年2月
退役
その後 1931年2月にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 5,440トン
全長 457 ft
全幅 50 ft
吃水 15.5 ft
機関 パーソンズ蒸気タービン、4軸推進、
ヤーロウ缶12基、22,000hp
最大速 25.5ノット (47 km/h)
乗員 433名
兵装 6インチ砲9門、
3インチ砲1門、
3ポンド砲4門、
機銃2基、
21インチ魚雷発射管2門

バーミンガム (HMS Birmingham) は、イギリス海軍軽巡洋艦タウン級軽巡洋艦の一隻。艦名はウェスト・ミッドランズ州バーミンガムに因む。

艦歴[編集]

バーミンガムは1912年6月にエルスウィックで起工し、1913年5月7日に進水、1914年1月に竣工した。就役後はグランド・フリートの第1軽巡洋戦隊に所属し、同年6月にキールを訪問した。

1914年8月9日にバーミンガムはフェア島の沖合で、濃霧の中機関故障のため浮上していたドイツ潜水艦U-15を発見する。バーミンガムの乗員は修理のハンマー音を聞き、U-15に砲撃を行ったものの命中しなかった。U-15は潜航を始めたため、バーミンガムはU-15に体当たりを行いU-15の船体は二つに折れた。U-15は敵の攻撃で沈んだ最初のUボートであった。バーミンガムはその年更に2隻のドイツ商船を撃沈し、8月28日にはヘルゴラント・バイト海戦に参加し、1915年1月24日にはドッガー・バンク海戦に参加した。

1915年2月にバーミンガムは第2軽巡洋戦隊に配属され、6月9日にUボートへの攻撃をおこなったが成功しなかった。

ユトランド沖海戦でのバーミンガム

その後1916年5月31日、6月1日のユトランド沖海戦に参加したが、その夜の戦いで損傷を受けた。

第一次世界大戦後、バーミンガムは1919年から1920年まで第6軽巡洋戦隊の旗艦であった。その後1920年から1922年までノアへ派遣される。1923年11月に再就役しローストフト (HMS Lowestoft) に代わって第6軽巡洋戦隊の旗艦としてアフリカ・ステーションに派遣される。バーミンガムは1931年に売却されるまで海外のステーションで任務に従事した。1931年3月12日にウェールズペンブルックシャーペンブルック・ドックに到着、解体された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]