バーバラ・デイリー・ベークランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーバラ・デイリー・ベークランド
生誕バーバラ・デイリー
1922年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
死没1972年11月17日(50歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドロンドンチェルシー
死因刺殺
国籍アメリカ合衆国
職業ソーシャライト
著名な実績息子と近親相姦関係を持ち、息子によって殺害された。
配偶者ブルックス
子供アントニー・ベークランド

バーバラ・デイリー・ベークランドBarbara Daly Baekeland1922年 - 1972年11月17日)は、息子アントニー・"トニー"・ベークランドによって殺害されたアメリカ合衆国の富裕層のソーシャライト[1]。バーバラはフェノール樹脂プラスチックの発明者レオ・ベークランドの孫であるブルックス・ベークランドの前妻だった。

バーバラは同性愛者または両性愛者であった息子のアントニーと近親相姦をした。彼女は売春婦を雇って息子を「転向」させようとしたが失敗し、夫と離婚した後に、自らが息子とセックスをした。彼女はロンドンの自宅で、息子アントニーによって食器のナイフで刺され、ほぼ即死した。アントニーは現場で逮捕され、殺人罪で告発された。彼は1981年3月20日にビニール袋を被って自殺した。

バーバラの人生は2007年の映画『美しすぎる母』のモデルとなり、ジュリアン・ムーアによって演じられた。

脚注[編集]

  1. ^ Robins & Aronson, pp. 3–6.

参考文献[編集]

  • Robins, Natalie, and Steven M.L. Aronson (1985). Savage Grace. New York: William Morrow & Co. ISBN 0-688-04373-9. LCCN 85-7117