バーバラ・クラウゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーバラ・クラウゼ Swimming pictogram white.svg
Barbara Krause 1979.jpg
国籍 東ドイツの旗 東ドイツ
泳法 自由形
所属 SC ディナモ・ベルリン
生年月日 (1959-07-07) 1959年7月7日(60歳)
生誕地 東ドイツ(現:ドイツ東ベルリン
身長 1.80 m (5 ft 11 in)
体重 68キログラム (150 lb)
 
獲得メダル
競泳
東ドイツの旗 東ドイツ
オリンピック
1980 100m自由形
1980 200m自由形
1980 4x100mリレー
世界選手権
1975 4x100mリレー
1978 100m自由形
1978 200m自由形
1978 4x100mリレー
1978 4×100mメドレーリレー
ヨーロッパ選手権
1977 100m自由形
1977 4x100mリレー
1977 4x100mメドレーリレー
1977 200m自由形
1977 400m自由形
テンプレートを表示

バーバラ・クラウゼ (Barbara Krause、1959年7月7日 - )は、ドイツ(旧東ドイツ)の元競泳選手(自由形)。東ベルリン出身。クラウゼは、3個のオリンピック金メダルを獲得し、8度世界新記録を樹立した。1980年モスクワオリンピックでは、クラウゼは100m・200mの自由形と4×100mリレーで金メダルを勝ち取った。

夫のルーツ・ワンジャ(en)も元オリンピック競泳選手である[1]

ドーピング疑惑[編集]

当時の多くの東ドイツ選手と同様、クラウゼもコーチから、シュタージ(国家保安省)の指示の元にドーピングを受けていた[2][3][4][5]

1976年モントリオールオリンピックの際、「チームドクターが処方する薬の量の計算を間違えたため、試合後のドーピングテストで陽性反応が出るかもしれない」という理由で、東ドイツの競泳チームからはずされた[6]

クラウゼが産んだ二人の子どもはともに足に奇形が見られた。クラウゼは後に、ステロイドの使用が原因だと考えた[7]

脚注[編集]

  1. ^ Barbara Krause. sports-reference.com
  2. ^ Krause Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.. ishof.org. Retrieved on 2012-09-02.
  3. ^ German doping Archived 2008年4月24日, at the Wayback Machine.. ishof.org. Retrieved on 2012-09-02.
  4. ^ Andrew Curry (2008-01-18). Piecing Together the Dark Legacy of East Germany's Secret Police
  5. ^ OLYMPICS; Coaches Concede That Steroids Fueled East Germany's Success in Swimming. New York Times (1991-12-03). Retrieved on 2012-09-02.
  6. ^ Top 10 Doping Scandals | CBC Sports Online. Cbc.ca (2006-07-27). Retrieved on 2012-09-02.
  7. ^ Swimmer admits using steroids, De Welt, via Deseret News, July 14 1989, mirror

外部リンク[編集]