バーナード嬢曰く。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーナード嬢曰く。
ジャンル ギャグ漫画読書
漫画
作者 施川ユウキ
出版社 アスキー・メディアワークス
一迅社
掲載誌 電撃コミック ジャパン
月刊ComicREX
レーベル REXコミックス
発表号 2012年2月号 - 2013年2月号
(電撃コミック ジャパン)
2013年5月号・2014年1月号 -
(月刊ComicREX)
巻数 既刊3巻(2016年10月現在)
アニメ
原作 施川ユウキ
監督 ひらさわひさよし
脚本 内堀優一
キャラクターデザイン なつのはむと(原案)
ゴンタ
音楽 株式会社幻影
アニメーション制作 Creators in Pack
製作 ド嬢図書委員会
放送局 放送局参照
放送期間 2016年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

バーナード嬢曰く。』(バーナードじょういわく)は、施川ユウキによる日本漫画作品。デジタルコミック誌『電撃コミック ジャパン』(アスキー・メディアワークス、毎月25日配信)2012年2月号[1](2011年12月22日配信)から2013年2月号[2](2012年12月25日配信)まで連載していた。その後、「コミックス発売記念特別読切」と称して『月刊ComicREX』(一迅社)2013年5月号に掲載され、2014年1月号から連載が再開された。

略称は『ド嬢[3]

2016年10月から短編アニメとしてテレビ放送。これを記念して『S-Fマガジン』(早川書房)2016年12月号に特別編が掲載された[4]

概要・あらすじ[編集]

町田さわ子は、学校の図書室の常連だが、本を読まずに読んだ気になって語りたいグータラ読書家。そんなさわ子と読書が好きな遠藤神林しおり、図書委員の長谷川スミカたちが古今東西あらゆる名著や名作家、読書スタイルや「読書家あるある」について語る「名著礼賛ギャグ」。

初期は「名言」が題材だったが、途中からにテーマが書籍や読書に関することに変化している[5]

登場人物[編集]

町田 さわ子(まちだ さわこ)
- 喜多村英梨
主人公の女子。学校の図書室の常連だが、いかにして本を読まずに読んだ風に語れるか、読書通ぶれるかについてよく考えており、その不純で不真面目な読者スタイルを時々遠藤やしおりにツッコまれている。ただし、しおりが勧めてきたりタイトルに興味を持ったSF小説を中心に、ある程度の読書はしている。
バーナード・ショーに影響されて自分のことを「バーナード嬢」と呼ぶように提案したが、そのあだ名で呼ばれたことは無い。
初期の頃の愛読書は『使ってみたい世界の名言集』[6]
遠藤(えんどう)
声 - 市来光弘
さわ子と同じく図書室に通う男子。ややひねくれた性格をしており、ひと昔前に流行した本を古本で買って読むのが好き。
さわ子が提案した「バーナード嬢」というあだ名を略して「ド嬢」と呼んでいるが、それは作品初期の「語り」の中だけで、実際にさわ子をそう呼んだことは無い。
よくさわ子に絡むため、スミカからはさわ子のストーカーだと思われている。
神林 しおり(かんばやし しおり)
声 - 小松未可子
図書室に通う読書家の女子。学校近くの喫茶店でアルバイトをしている。
SF小説が好きでSFについて語り始めると熱くなる。そのためスミカからはめんどくさいところがあると思われている。
時折読書に対して不真面目なさわ子に殴る、踏みつけるなど強烈なツッコミを入れることもあるが、おススメの本を貸すなど基本的には読書仲間の友人である。
本の装丁や海外作家の著作では翻訳にもこだわりがあり、既に持っている本でもカバーが変わったり新訳版が出ると買い直したりしている。
長谷川 スミカ(はせがわ スミカ)
声 - 洲崎綾
図書委員の女子。遠藤に恋心を抱いている。小学生の頃からの約10年間シャーロキアンを続けており、シャーロック・ホームズシリーズについて語ると熱くなる。

受賞[編集]

作中で紹介されている主な作品・人物[編集]

  • グレッグ・イーガン - しおりが好きなSF作家。著作には難解な論文のようなくだりが多いが、みんな結構よく分からないまま読んでる、などと語られる。
  • フィリップ・K・ディック - しおりが度々名を挙げるSF作家。
  • ロバート・A・ハインライン - しおりが度々名を挙げるSF作家。
  • 村上春樹 - 単行本2巻の表紙に使用されている。
  • 1984年』(ジョージ・オーウェル著) - しおりがベスト1に挙げるSF小説。
  • 『ハローサマー、グッバイ』(マイクル・コニイ著) - 原作5話でしおりがさわ子にすすめるが、長い間続編の翻訳版が出ていないと書かれた。その後続編『パラークシの記憶』が出版されたことが反映され、13話でそのことをしおりが紹介する。
  • エンダーのゲーム』 - 原作5話でしおりがさわ子に貸すが、翻訳がイマイチと語られる。その後映画化されたことで新訳版が出版され、13話でそのことをしおりが紹介する。
  • KAGEROU』(水嶋ヒロ著) - 複数話登場。原作25話でしおりが熱く語るが、作者はしおりのセリフと同じような内容の水嶋ヒロに対する思い入れを、同話の後書きに書いている。
  • 「シャーロック・ホームズシリーズ」(アーサー・コナン・ドイル著) - スミカが好きなシリーズ。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年10月から12月まで5分枠の短編アニメで放送。放送前週には担当声優が出演する実写宣伝番組を放送。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌「らぶ!ライブラリー」
作詞・作曲 - かませ虎(幽閉サテライト) / 編曲 - HiZuMi(幽閉サテライト) / 歌 - 少女フラクタル(天宮みや&柚木梨沙)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
一冊目 バーナード嬢、曰く 橘さおり なつのはむと -
二冊目 図書室
神林しおり、曰く
三冊目 村上春樹とかSFとか 花井柚都子 なつのはむと
四冊目 POP 橘さおり 空久保美貴
五冊目 三大奇書 橘さおり なつのはむと -
六冊目 雨宿り 橘さおり
空久保美貴
空久保美貴 花井柚都子 なつのはむと
七冊目 古本屋 橘さおり
八冊目 フェルマーの最終定理 空久保美貴 なつのはむと -
九冊目 バス停
十冊目 町田さわ子のいない日 橘さおり 空久保美貴 花井柚都子 なつのはむと
十一冊目 往復書簡 橘さおり なつのはむと -
十二冊目 ひとり旅

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2016年10月7日 - 12月23日 金曜 1:00 - 1:05(木曜深夜) テレ玉 埼玉県
2016年10月8日 - 土曜 1:30 - 1:35(金曜深夜) KBS京都 京都府
2016年10月9日 - 日曜 22:40 - 22:45 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2016年10月10日 - 月曜 2:30 - 2:35(日曜深夜) tvk 神奈川県
2016年10月11日 - 火曜 2:30 - 2:35(月曜深夜) サンテレビ 兵庫県

ラジオ[編集]

C.P.United feat.奇異太郎少年の妖怪絵日記&バーナード嬢曰く。』のタイトルで2016年10月7日より毎週金曜 23:30 - 24:00にラジオ関西アニたまどっとコム』枠で放送。出演は、ひらさわひさよし(アニメ監督)と市来光弘(遠藤 役)と長縄まりあ(『奇異太郎少年の妖怪絵日記』雪娘 役)[10]

脚注[編集]

  1. ^ 電撃ジャパンにアキヤマ香&施川ユウキ登場、表紙はCLAMP - コミックナタリー 2011年12月23日掲載
  2. ^ 同号をもって同誌は休刊した。
  3. ^ 1巻作者前書きより。
  4. ^ 「バーナード嬢曰く。」SFマガジンの表紙に、VR/AR題材の描き下ろしも掲載 - コミックナタリー 2016年10月25日掲載
  5. ^ 「当初、名言漫画だったはずが、いつの間にか浅い読書漫画に転向していた」(単行本1巻カバー裏作者コメントより)
  6. ^ これは、本作の当初のコンセプトが名言漫画であったことが関係していると思われる。
  7. ^ 既刊検索 一迅社WEB
  8. ^ ONAIR”. TVアニメ「バーナード嬢曰く。」公式ウェブサイト. 2016年8月26日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  10. ^ C.P.United feat.奇異太郎少年の妖怪絵日記&バーナード嬢曰く アニたまどっとコム

外部リンク[編集]