バーナード・ベレンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バーナード・ベレンソン(Bernard G. Berenson, 1865年6月26日 - 1959年10月6日)はリトアニア出身のアメリカ美術史家・美術評論家。イタリアルネサンス研究で著名で、矢代幸雄ケネス・クラークなど多くの門人がいる。

ロシア帝国・ヴィルナ県ブトリモニス(Butrimonys)のユダヤ人の家庭に生まれる。生まれた時の名前はベルンハルド・ヴァルヴロイェンスキ(Bernhard Valvrojenski Бернард Вальвроженский)。父のアルバートは1875年一家と共にボストンに移住し、ベレンソンに姓を変える。

ハーヴァード大学で学び、イタリアに移住する。妻のメアリー Mary (1864-1945)は Logan Pearsall Smith の姉であり、美術史家Benjamin Francis Conn Costelloe と結婚したこともあった。

トマス・ハリスの小説『ハンニバル』では、主人公ハンニバル・レクターはベレンソン家の親類という設定になっている。

文献案内[編集]

  • S.N. Behrman (1951-52) "Duveen"
  • Ernest Samuels (1979) Bernard Berenson: The Making of a Connoisseur
  • Ernest Samuels (1987) Bernard Berenson: The Making of a Legend
  • Colin Simpson (1986) Artful Partners: Bernard Berenson and Joseph Duveen
  • Mary Ann Calo (1994) Bernard Berenson and the Twentieth Century

訳書[編集]

  • 『ルネッサンスのイタリア画家』 新潮社 1961。矢代幸雄監修・大型限定本
  • 『美学と歴史』 島本融訳、みすず書房 1975
  • 『ベレンソン自叙伝』 三輪福松訳、玉川大学出版部 1990
  • 『美術の国の自由市民 矢代幸雄とバーナード・ベレンソンの往復書簡』山梨絵美子・越川倫明編訳、玉川大学出版部 2019

外部リンク[編集]