バート・シャンダウ・エレベーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エレベーターへの眺め
エレベーターから見たバート・シャンダウ

バート・シャンダウ・エレベーター: Bad Schandau Elevator: Personenaufzug Bad Schandau)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州バート・シャンダウ英語版にて1904年(明治37年)に建立された、バート・シャンダウから高台にあるオストラウへと移動するための、トラス塔でできた通行人用エレベーターである。

当エレベーターの高さは52.26mであり、地表では直径5.20m、かつ2.5m位のドアがある、「アール・ヌーヴォー」様式の上向き鋼骨組み塔である。 上昇の途中で、当エレベーターは47.76mの高低差を乗り越えている。

概要[編集]

当エレベーターは、リヒテンハインの滝英語版で発電された電気を利用して、主動力である電動機を駆動していた。 冬期間および非常事態のときは、バッテリーを使用して電気が供給されていた。

第一次世界大戦中、当施設は閉鎖された。 1921年(大正10年)に、当エレベーターは三相交流電動機に交換されており、非常時の作動のためにクランク・ハンドルが残された。 1950年(昭和25年)に、駆動ディスク巻き上げエンジンが導入された。 1961年(昭和36年)に、2本の追加アンカー・ワイヤーが取り付けられており、1978年(昭和53年)には、新たな制御方式となった。 1989年(平成元年) - 1990年(平成2年)には、1954年(昭和29年)に標識による保護のもとに植えられた植物が、再植された。

外部リンク[編集]

座標: 北緯50度55分00秒 東経14度09分40秒